FC2ブログ

趣味に随順する

このブログで何度か紹介している幸田露伴の『努力論』の「静光動光」の項に、散る気(何かをやろうとしても、すぐ他のことに気が散ってしまうこと)の習癖を取り除く方法について書いてあります。  ①為すべきことがあったら為してしまう、②趣味に随順(心から信じて従うこと)する、③血行を整理する、の三点です。

①については2012年12月22日、『全気全念』のタイトルで紹介しました。  今回は②について、前回同様、渡部昇一先生が編述された現代語訳から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①およそ人間には、すべてそれぞれ《因》《縁》《性》《相》《体》《力》の六つがそなわっている。  これらがそれぞれ作用するわけだから、先天的な約束事を背負っていると思ってよい。  あまり運命的な決めつけをしてはいけないが、もって生まれた「好き嫌い」に従っていくやり方も悪くない。

②絵を描くのが好きな人は親が反対しても好きだし、人の身体を触るのが嫌いな人は、親兄弟が医者であっても医者にならない。  僧侶が好き、軍人は嫌いと、まさに人それぞれである。  幼すぎて物事の判断ができない場合とか、一時の思いつきを除いて、《趣味》をもっと大事に考えてみたい。
 
③絵の好きな人には、絵を好む遺伝子があり、さらには幼時に絵に魅かれる劇的な出来事があったりする。  他の仕事には向かないのに、物や風景を巧みにスケッチできるということは、すでにして絵描きになるべき体質や筋肉組織をそなえているのだ。  手には均整のとれた線を書く力があり、目には微妙な色彩を識別する視力があり、対象の急所を抑える天分を会得しているのである。
 
④こういう人を他の世界に引っ張っていても無駄なことだ。  気は散り乱れて、いかに修業したってモノになるわけがない。  むしろ好きな画技に専念させて絵描きにさせたらよい。  嫌なこと不快なことを捨て、好きなことに没入すれば、《気》は順当に流れ力を増してくる。
  
⑤義理の上からは、どっちを取ってもよいならば、趣味に従うのがよい。  趣味は、気を養い生気を与え、そして順当に発動させる力をもっている。

⑥植物に例をとってみよう。  硫黄の気を好むナスに硫黄を少し与え、清冽な水を好むワサビに清冽な水を与えると、それぞれその本生を遂げて独特の持ち味を生み出すのである。  つまり、ナスの美味の気は硫黄から、ワサビの辛味の気は清水からもらっている。

⑦人間が趣味に素直に従うことは、気の上からいって非常に大事なことなのである。  もし、好むところに逆らってナスに清冽な水、ワサビに硫黄を与えると、両方とも気が委縮して本来の味を生み出せずに終わってしまう。
 
⑧本来、趣味というものは、本人が先天的に備えている因子などから生じてきたものだから、これに素直に従ったほうがよい。  芸術家もよし、僧侶もよし、山野を放浪するもよし、みなそれぞれが異なった因子に従って、自分の目指す方向に向かって歩いたらよい。
 
⑨ただし、趣味とは言い難いが、気を消耗させ気を乱す賭博や色事だけは好きだからといって放っておいてはいけないので、慎まなくてはならない。』

昨日、城西OBの舟橋賢から『城西支部40周年記念誌』のインタビューを電話で受けました。  その中で自分自身のこの40年間も振り返ることができ、極真空手という趣味に随順して過ごしてこれたことに対して、改めて幸福と感謝を実感しました。  

TOP↑

神経質礼賛

前回は精神科医の南條幸弘さんが書かれた『家康 その一言』(静岡県文化財団)を紹介しました。  今回は同じく南條さんが書かれた『神経質礼賛』(白揚社)です。  『はじめに』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.「自分は気が小さくて困る」 「人前で緊張してしまう」 「思ったことが言えない」 「ささいなことが気になって仕方がない」などと悩んでいる人は決して少なくありません。  

2.内向的で取り越し苦労しがちな神経質性格の持ち主がどのくらいいるのかという統計資料はありませんが、おそらく世の中の1~2割くらいの方は、神経質な性格傾向を持っているのではないかと思います。  実は著者の私自身、自他共に認める神経質人間です。

3.神経質というとネガティブな面ばかりに目が向けられ、悪い性格と思われている向きがあります。  しかし、神経質は決して悪い性格でもなければ、劣った性格でもありません。  むしろ、使いようによっては、極めて優れた性格にもなりうるのです。

4.私は精神科外来で、神経質な性格に悩んでいる方によく出会います。  そういう方には「神経質な性格の良いところはありませんか?」 「神経質で得をしていることはありませんか?」と質問しますが、皆さん、御自分のよいところには気づいていないことが多いように思います。

5.①実際、神経質な人は、他人が自分をどう思っているかをとても心配するため、発言に慎重になり、失言が少ないので、身の回りで対人トラブルは起こりにくいでしょう。

②自動車の運転でも無神経な人に比べれば圧倒的に事故や違反は少ないはずです。

③失敗を恐れて準備を念入りにするので、学生であれば試験で比較的良い成績を取るし、社会人であれば仕事ぶりはまじめ・几帳面で周囲からは高く評価されます。

④大きな失敗もまずありません。

⑤それでいて本人は慢心するどころか、「自分は全然ダメだ、これではいけない」とますます努力しているのです。』

昨年の5月15日のブログのタイトルは『恐怖心を乗りこなす』でしたが、その末尾に次のように書きました。

『私も典型的なビビりです。  若いころはそれがイヤでしたが、今は結構気に入っています。  でも、状況によってはちょっと疲れますけどね(笑)』

私のビビりも、生来の神経質性格から来ていると思います。  年を取るともに、その神経質性格が自分の強みになっているということが分かってきました。  

選手の技術を細かくチェックして修正を促すというような局面では、指導者の中に多少神経質な部分があると、より上手くいくようです。  



TOP↑

家康 その一言

精神科医の南條幸弘さんが書かれた『家康 その一言 ~精神科医がその心の軌跡を辿る~』(静岡県文化財団)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.桶狭間の戦い(徳川家康は今川義元軍の先鋒であったが織田信長に敗れる)

①家康が死を覚悟したのはこの時(桶狭間の戦い)だけではなく、後述するように、その後も何度かあった。  神経質人間は悲観しやすい。

②しかし、本質は生の欲望が強く、死を恐れる。  だから、一旦もうダメだ死ぬしかないと思ってどん底の心理状態に陥っても、ダメでもともとやってみよう、と底を蹴って這い上がることができるのである。  

③そして、そのときには最大の能力を発揮することができるのだ。


2.三河一向一揆

①家康の家臣の一部が一向宗の寺から兵糧米を取ろうとしたり寺に逃げ込んだ人物を捕えたりする件があって、それが一揆の引き金になった。  家康の家臣たちの中にも一揆側につくものがいて、家康はその収拾に苦心する。  (中略)

②一揆側は首謀者を含めての免罪と寺々を以前のままにするように要求してきた。  家康としては首謀者だけでも成敗しようと考えていたが、一揆側に参加したとは言え、主君への忠誠と信仰の板挟みに悩んだ家臣が多いことに配慮して、家康は帰参した者たちに浄土宗に改宗するよう命じた上で寛大な処置を取った。  (中略)

③「殿は寛大すぎる」と反対する者もいた。  「私は少しも恨みはしない。  お前たちも本心に立ち返って忠勤に励むように」との家康の一言に、帰参した者たちは感涙したという。

④彼らはますます家康への忠誠を深めていく。  この我慢が信長や秀吉と大きく異なる点である。  命を救われ家臣たちの働きにより、やがてピンチがチャンスになるのである。


3.小田原攻め(関白・豊臣秀吉とともに北条氏を攻める)

①沼津では秀吉が少数の家臣とともにいる時期があり、井伊直政が家康に「今こそ秀吉を討つべき時です」と耳打ちしたが、「秀吉は私を信頼してきたのに、籠の中の鳥を殺すようなことはしないものだ。  天下を治めるのは運命によってであり、人間の英知の及ぶところではない」と諭したという。  (中略)

②谷川に細い橋が架かっていたが、(家康軍は)みな馬を下りて歩いて越えた。  家康も橋のところで馬を下り、供人に背負われて橋を渡った。  それを見ていた(秀吉方の先陣である)丹羽長重、長谷川秀一、堀秀政の部下たちは嘲笑ったが、三人は「これほどだとは思わなかった。  まさに海道一の馬乗りだ。  巧者は危ないことはしないものだ」と感心したという。  (中略)

③家康は家臣に対して「道の悪いところで馬から下りて歩くのは、馬術大坪流の極意の一伝である。  総じて少しでも危ういと思う所では馬は乗らないものだ」と語ったそうである。  無理をして馬の足を傷つけてしまったら戦で役に立たなくなる。  恰好を付けるよりも安全第一が家康のモットーだった。』

家康の神経質気質が、結果として260年続く徳川幕府を作り上げたのだと思います。

今年は強力な台風が多いですね。  くれぐれもお気を付けください。  徳川家康にならって神経質なくらいがちょうどいいかもしれません。

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT