FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

家康 その一言

精神科医の南條幸弘さんが書かれた『家康 その一言 ~精神科医がその心の軌跡を辿る~』(静岡県文化財団)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.桶狭間の戦い(徳川家康は今川義元軍の先鋒であったが織田信長に敗れる)

①家康が死を覚悟したのはこの時(桶狭間の戦い)だけではなく、後述するように、その後も何度かあった。  神経質人間は悲観しやすい。

②しかし、本質は生の欲望が強く、死を恐れる。  だから、一旦もうダメだ死ぬしかないと思ってどん底の心理状態に陥っても、ダメでもともとやってみよう、と底を蹴って這い上がることができるのである。  

③そして、そのときには最大の能力を発揮することができるのだ。


2.三河一向一揆

①家康の家臣の一部が一向宗の寺から兵糧米を取ろうとしたり寺に逃げ込んだ人物を捕えたりする件があって、それが一揆の引き金になった。  家康の家臣たちの中にも一揆側につくものがいて、家康はその収拾に苦心する。  (中略)

②一揆側は首謀者を含めての免罪と寺々を以前のままにするように要求してきた。  家康としては首謀者だけでも成敗しようと考えていたが、一揆側に参加したとは言え、主君への忠誠と信仰の板挟みに悩んだ家臣が多いことに配慮して、家康は帰参した者たちに浄土宗に改宗するよう命じた上で寛大な処置を取った。  (中略)

③「殿は寛大すぎる」と反対する者もいた。  「私は少しも恨みはしない。  お前たちも本心に立ち返って忠勤に励むように」との家康の一言に、帰参した者たちは感涙したという。

④彼らはますます家康への忠誠を深めていく。  この我慢が信長や秀吉と大きく異なる点である。  命を救われ家臣たちの働きにより、やがてピンチがチャンスになるのである。


3.小田原攻め(関白・豊臣秀吉とともに北条氏を攻める)

①沼津では秀吉が少数の家臣とともにいる時期があり、井伊直政が家康に「今こそ秀吉を討つべき時です」と耳打ちしたが、「秀吉は私を信頼してきたのに、籠の中の鳥を殺すようなことはしないものだ。  天下を治めるのは運命によってであり、人間の英知の及ぶところではない」と諭したという。  (中略)

②谷川に細い橋が架かっていたが、(家康軍は)みな馬を下りて歩いて越えた。  家康も橋のところで馬を下り、供人に背負われて橋を渡った。  それを見ていた(秀吉方の先陣である)丹羽長重、長谷川秀一、堀秀政の部下たちは嘲笑ったが、三人は「これほどだとは思わなかった。  まさに海道一の馬乗りだ。  巧者は危ないことはしないものだ」と感心したという。  (中略)

③家康は家臣に対して「道の悪いところで馬から下りて歩くのは、馬術大坪流の極意の一伝である。  総じて少しでも危ういと思う所では馬は乗らないものだ」と語ったそうである。  無理をして馬の足を傷つけてしまったら戦で役に立たなくなる。  恰好を付けるよりも安全第一が家康のモットーだった。』

家康の神経質気質が、結果として260年続く徳川幕府を作り上げたのだと思います。

今年は強力な台風が多いですね。  くれぐれもお気を付けください。  徳川家康にならって神経質なくらいがちょうどいいかもしれません。

TOP↑

神風

1.8月7日のブログで日本史学者・呉座勇一さんのインタビューを紹介しました。  以下は、その中の一部です。  

『(太平洋戦争で)日本軍が奇襲を多用した背景の一つに、源義経が一ノ谷の戦いで見せた(断崖絶壁を馬で駆け下り、敵陣の背後を急襲した)『鵯越の逆落とし』があったと言われます。  『義経は奇襲で平家の大軍に勝った。  だからわれわれも、奇襲でアメリカに勝てる!』と思ったわけです。

しかし奇襲が上手くいったのは真珠湾攻撃など最初だけで、あとは連戦連敗でした。  実は最近の研究では、鵯越の逆落としは『平家物語』の創作で、事実ではない、と考えられている。』

歴史上の事実を誤解することの怖さを強調されていました。


2.今回取り上げるのは『奇襲』ではなく『神風』です。  『蒙古襲来と神風』(服部英雄著 中公新書)の『はじめに』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①太平洋戦争が終わるまでは、大人も子供も「神風(かみかぜ)」を信じていた。  嵐による蒙古襲来(元寇)での勝利である。  無謀な戦争を、無批判に国民が支持しつづけた背景の一つに、この不敗神話があった。  戦争最優先の全体主義国家はあらゆる批判を許さなかったとはいえ、国民も戦争を終わらせようとは考えず、努力も行動もしなかった。

②国家の歴史認識の原点に「神風」があった。  領土の蒙古襲来、すなわち文永の役、弘安の役での敵国退散・防戦勝利に、「神風」なる摩訶不思議な言葉が付与され、その後、日本の宗教家・思想家・歴史家が、日本は神の国であるという大前提のもと、神風史観を順次形成していった。  (中略)

③神風史観によって、蒙古襲来は以下のように解釈された。  

『神風によって、蒙古が退散した。  つまり、二度とも神風が吹いて、元寇は決着がつく。  文永の役では敵は一日で引き返し、弘安の役では嵐によって、肥前鷹島に集結していた敵船が沈み、全滅した。』  (中略)

④神風史観によれば、必ず嵐(神風)がやってくる。  そして決着がつく。  ところが事実はさまざまに違う。

⑤文永の役についていえば、一日で敵が帰国した原因とされる嵐はその日、つまり赤坂鳥飼合戦があった文永11年(1274)10月20日には吹いていない。  (中略)

⑥つづく弘安の役では、確かに台風が来たし、じっさいに鷹島沖に船は沈んでいる。  (中略)  ただし鷹島に停泊していたのは全軍ではなく、旧南宋軍であった。  朝鮮半島の高麗を中心とする先遣部隊は博多湾にいた。  

⑦台風通過は弘安4年(1281)閏(うるう)7月1日。  その4日後の7月5日に博多湾・志賀島沖海戦、さらに2日後の7月7日に鷹島沖海戦があり、ともに日本が勝利した。  嵐・台風が決着をつけたわけではなく、その後にも合戦は継続されていた。  (中略)

⑧のちになって「神風」とされた大型台風は、日本の船も沈めている。  九州・本州を横断していったから、田畠にも人家・山林・港にも、甚大な被害を与えた。  怨嗟(えんさ)の嵐であって、それを当時の日本人が神風と呼ぶことはぜったいになかった。

⑨元や高麗に戻った将兵は、戦略ミスではなく嵐のために帰国したとして、敗戦の責任を逃れようとした。  大風雨被害は確かにあったが、より強調・誇張されていった。』


3.『終章』からも抜粋して紹介します。

『冒頭で、非科学的な神風思想が日本不敗神話を形成し、敗戦が決定的になってもなお戦争をやめることができず、犠牲者・損失が飛躍的に増え続ける大きな要因になったことを述べた。  (中略)  自殺攻撃をする神風特攻隊こそが、神風思想がもたらした悲劇の最たる象徴のように思われてならない。』

私も本書を読むまで、二度の元寇は嵐によって元の船が沈み、勝利したものだと思っていました。  

13世紀の事実についての誤解が20世紀の「神風特攻隊」を生んだわけです。

8月7日のブログで紹介した呉座さんの「歴史を物語として学んでしまうと、こういう大やけどをすることもあるのです」という一文がここでも胸に響きます。

TOP↑

歴史「に」ではなく、歴史を学ぶ

昨日配信されたネットの「withnews」は日本史学者・呉座勇一さんのインタビューです。  呉座さんの著書『応仁の乱』(中公新書)や『陰謀の日本中世史』(角川新書)はベストセラーになっており、私も読んで感銘を受けました。  インタビューの後半部分を、番号を付けて紹介します。

『①――『陰謀の日本中世史』では、実際に起きた陰謀と陰謀論を区別して、陰謀論のパターンを紹介しています
 
 「『はめたつもりが、はめられていた』という加害者と被害者の逆転、一番得した人間が『黒幕』、最終的に勝ち残った人間の策略。  多様に見えて、実は限られたパターンの繰り返しです」

 「複雑な史料を読み解くと、そんなに単純に物事が動いていないことが見えてくる。  いや、史料を読まなくても自分自身について考えてみれば分かるでしょう。  死後に神格化された歴史上の偉人も、生きている時は普通の生身の人間で全知全能ではない」

 「徳川家康だって、日々迷い間違えながらいろんなことを選択していたはずです。  すべてをひとつの陰謀で説明できる、破綻(はたん)のない物語が怪しいのは明らかです」

②――では歴史を学ぶコツって何でしょうか

 「歴史『に』学ぶのをやめることです。  歴史上の英雄は、さも未来を完全に見通して策略や陰謀を図った、という風に称賛されがちですね。  でも、超能力者でもないのに『100%計算通り』なんてありえないでしょう。  そんな超人から、われわれ凡人が何を学ぶんですか」

 「ビジネス書には『信長のようにビジョンを持て』などという話がよく登場しますが、ビジョンを持てばうまくいくというのは少し違う」

 「むしろ、見通しが外れたときにどう軌道修正していくかというほうが大切だし、そういう危機管理能力に注目したほうが、現代を生きる上で役立つのではないでしょうか。  そこから『起死回生の一策』が生まれることもある。  ただそれも、うまくいくかどうかというのは結果論によるところが大きいと思います」

③――でも、ビジョンは欲しいし「物語」も欲しいです
 
 「それを求めるなら、ぜひ『ワンピース』や『スラムダンク』などの素晴らしいフィクションでどうぞ。  歴史を『物語化』するのは全くお勧めしません」

 「これはかなりまじめな話です。  事実、俗説を『歴史的事実』と誤解し、それを根拠に物事を決定して、失敗してしまった例は多い」

 「例えば、太平洋戦争。  日本軍が奇襲を多用した背景の一つに、源義経が一ノ谷の戦いで見せた(断崖絶壁を馬で駆け下り、敵陣の背後を急襲した)『鵯越の逆落とし』があったと言われます。  『義経は奇襲で平家の大軍に勝った。  だからわれわれも、奇襲でアメリカに勝てる!』と思ったわけです」

 「しかし奇襲が上手くいったのは真珠湾攻撃など最初だけで、あとは連戦連敗でした」

 「実は最近の研究では、鵯越の逆落としは『平家物語』の創作で、事実ではない、と考えられている。  現実の義経は、非常に用意周到な武将だったことが分かってきています」

 「その場で奇想天外な作戦を思いついたのではなく、自身に有利な態勢を着々と整え、勝つべくして勝った。  義経の作戦をきちんと研究していれば、『奇襲で戦争に勝てる』などという見当違いの教訓を導き出すことはなかったでしょう。  歴史を物語として学んでしまうと、こういう大やけどをすることもあるのです」

④――歴史「に」ではなく、歴史を学ぶにはどうすればよいでしょうか

 「この本(『陰謀の日本中世史』)を通して、歴史学の手法をぜひ知ってほしいです。  真実にたどりつくまでのプロセス、つまりどう考えて、調べて、研究を進めれば歴史的事実をある程度確定させられるのかという手法を学ぶということです」
 
 「この技術は現代にもつながります。  歴史上の史料は、偽書なども紛れていて実に玉石混交です。  そういったものを慎重に見定め、真実にたどりつこうとする歴史学の手法は、現代の情報社会を生きるうえでのスキルにも近いと私は思います」』


③末尾の「歴史を物語として学んでしまうと、こういう大やけどをすることもあるのです」という一文は肝に銘ずる必要がありますね。

今回より、このブログの歴史関連のカテゴリー名を『歴史に学ぶ』から『歴史を学ぶ』に変えました(笑)




TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT