| PAGE-SELECT | NEXT

軍事を知れば日本史がわかる

前回のブログで、『日本史の内幕』(磯田道史著 中公新書)の中から次のような記述を紹介しました。

『日本がアメリカに戦争を仕掛けたときの、日米のGDP差は1対4.5。  工業力ではもっと差が大きかったから、これは無謀である。  (中略)  この島国(日本)の世界シェアに占める人口ピークは1700年、軍事ピークは日露~満州事変、経済ピークは購買力平価で中国よりGDPが大きかった1970~2000年頃でもう過ぎた。  そして、この国はもはや大国と軍事対決できる経済的実力はない。』

今回は『日本史のツボ』(本郷和人著 文春新書)の「第四回 軍事を知れば日本史がわかる」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①まず軍事を大きく戦術、戦略、兵站の三つに分けることにしましょう。  個々の合戦や城郭のあり方、陣形の敷き方などに当たるのが戦術ですが、これはその時代の技術力と深く結びついています。  (中略)

②戦略はまさに政治、外交に近接しています。  たとえば戦争をするにしても、何のために戦うのか、誰とは戦い、誰とは同盟を結ぶなどして戦わずに済ませるのか、、どうやって終わらせるのか、といった問題に直面する。  これらはすべて政治問題であり、外交問題でもある。

③さらに兵站=ロジスティックスとなると、今度は経済と密接に関係します。  兵站とは一言でいえば「いかに兵隊さんを食わせるか」。  人を抱え、彼らに必要な装備を与え、十分に食べさせて養わなければならない。


2.①(戦争に)勝つために必要なものは何か。  これは古今東西を問いません。  第一は、敵を上回る兵力。  第二は優れた装備。  第三が大義名分です。  (中略)

②第二の優れた装備を整える上でも重要なのは経済力+情報力です。  これは戦国時代の鉄砲隊を考えればすぐわかります。  まず大量の鉄砲、弾薬を買い集める経済力と、そもそも鉄砲という新兵器の情報、その運用に関する知識などが揃って、はじめて大きな効果を発揮するわけです。  (中略)

③太平洋戦争の失敗は、第一の兵力、第二の装備を支える国力で、圧倒的にアメリカにかなわないことが分かっているのに、第二の装備を零戦や戦艦大和などの一点豪華主義で突破し、あとは奇襲などの戦術と、日本国民へのプロパガンダ=思想戦で乗り切ってしまおうと考えたことにあると思います。  (中略)

④その点では、「富国強兵」をモットーにした明治政府の方が、国を豊かにしなければ兵は強くならないという軍事の本質をきちんと踏まえていたといえる。  


3.軍事政権というと、いまの北朝鮮のように、あるいは戦争末期の日本軍のように、国民生活を犠牲にして、とにかく軍事力だけを増強するというイメージがあるのですが、本当に国を強くするためには、それでは駄目なんですね。  民を豊かにして、内政、外交に力を入れ、さらに軍事力を政治的にコントロールできなくては本当に強くはならない。  これが歴史の教訓なのだと思います。』


明日は午前中から審査会です。

TOP↑

パラダイム・シフトと世代交代

『ミライの授業』(瀧本哲史著 講談社)を読みました。  コペルニクスについて書かれた部分から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①コペルニクス(1473~1543)は、1000年以上にわたって信じられてきた「天動説(地球を宇宙の中心だとする説)」に対して、地球は宇宙の中心ではなく、太陽のまわりを回っているのだとする「地動説」を唱えた天文学者です。(中略)

②20世紀を代表するアメリカの科学史家、トーマス・クーンはコペルニクスの時代を丹念に研究した結果、驚くべき結論にたどり着きました。

③コペルニクスの地動説は、彼の死後1世紀あまり、ほとんど賛同者を得られなかった。  ニュートンの仕事(「万有引力の法則」など)も、主著『プリンキピア』が出てから半世紀以上、一般の支持を得られなかった。  ダーウィンの進化論だって、すぐに受け入れられたわけではない。

④それでは、こうした世界をひっくり返すような新説は、いつ、どのタイミングで、どのようにして受け入れられていくのか?  彼の結論は「世代交代」です。

⑤つまり、天動説を信じる古い世代の大人たちは、どれだけたしかな新事実を突きつけても、一生変わらない。  なにがあっても自説を曲げようとしない。

⑥地動説が世のなかの「常識」になるのは、古い世代の大人たちが年老いてこの世を去り、あたらしい世代が時代の中心に立ったときなのだ。  「世代交代」だけが、世のなかを変えるのだ。・・・・・・と、そんなふうに言うわけです。(中略)

⑦トーマス・クーンは、これを「パラダイム」という言葉で説明しました。  パラダイムとは、簡単にいうと「ある時代に共有された常識」といった意味の言葉です。(中略)

⑧そして古いパラダイムが、あたらしいパラダイムに移り変わる(パラダイム・シフト)ためには「世代交代」が必要である。  古い世代の人たちに世界を変える力はない。  世界を変えるのは、いつも「新人」なのだ。・・・・・・トーマス・クーンは『科学革命の構造』という著書のなかで、次のように結論づけています。

⑨「このようなあたらしいパラダイムの基本的発明を遂げた人は、ほとんど、非常に若いか、パラダイムの変更を促す分野にあたらしく入ってきた新人かのどちらかである」  「明らかに彼らは、通常科学の伝統的ルールに縛られることがなく、これらのルールはもはや役に立たないから外のものを考えよう、ということになりやすい」』

TOP↑

ヴォー・グエン・ザップ

1.ベトナム戦争を指揮した、ヴォー・グエン・ザップという軍人・政治家がいます。  ウィキペディアで検索すると次のように出てきます。

『ベトナム共産党政治局員。  ベトナム人民軍総司令官(最終階級は大将)。  優れた軍事戦術家であったザップは、フランスの植民地支配の際、ディエンビエンフーの戦いによって、フランス領インドシナからベトナムを解放し、ベトナム人民軍の指導者としてアメリカ軍及び南ベトナム軍との戦いを指揮し、ベトナムを再統一する大きな原動力となった。  その名采配から、西側諸国からは「赤いナポレオン」と呼ばれ 、ベトナム人民からは「ベトナム救国の英雄」として、ホー・チ・ミンと共に、深い敬愛と尊敬を集めた。』


2.ナイキの創業者、フィル・ナイトが書いた『SHOE DOG』(東洋経済新報社)の中にヴォー・グエン・ザップに会ったときのことが書かれています。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①1997年には(ベトナムに)4つの工場を建てた。  ベトナム政府から国の外貨を生んだ上位5社のうちの1社として栄誉を与え祝福したいと言われた時は、もうこれはベトナムを訪問するしかないと思った。  

②大変な旅だった。  戦争が終わってから25年ぶりに戻り、敵対国の相手と握手するまで、どれほどベトナム戦争への憎悪が深かったのか自分でもわからない。

③話の途中で何か望むことはないか、せっかくの旅だから何か特別の記念になるようなことをしてあげたいと言われ、私は熱いものがこみ上げてきた。  わざわざいいですよと私は言った。  だが彼らは、ぜひと言ってきかない。

④それではと言って、私は(当時)86歳のヴォー・グエン・ザップという、ベトナムのマッカーサーに会いたいと言った。  日本、フランス、アメリカ、中国を1人で撃退した人だ。  彼らは驚いて沈黙した。  (中略)  5分後に彼らは戻ってきた。  明日、1時間ほどなら面会できますと言った。  (中略)

⑤ザップ将軍が部屋に入ってきた時、最初に気づいたのは彼の背丈だった。  この優れた兵士、テト部隊を結成した天才的な戦術家、何マイルも深く地下トンネルを計画した歴史の巨人が、私の肩までの背丈しかなかったのだ。  5フィート4インチ(約163センチ)くらいだ。

⑥そして質素な格好だ。  (マッカーサーのような)コーンパイプはザップには似合わない。  彼は私と同じように、ダークのビジネススーツを着ていたと思う。

⑦私と同じでその笑顔ははにかんでいて、本音が見えない。  だが、迫力があった。  偉大なコーチや偉大なビジネスリーダーなど、エリート中のエリートが持ち合わせる、輝かしい自信のようなものが見て取れた。  鏡を見ても私などからは見えてこないオーラだ。

⑧彼は私が聞きたいことがあるのを見越して、質問を待っていた。  私は簡単に「どうしてあそこまでのことができたのですか」と聞いた。

⑨彼の口元がゆがんでいるのが見えた。  笑顔だろうか?  それとも?  

⑩彼はしばらく考えて、こう答えた。  「ジャングルのことを知りつくしていたからね」』


3.警備員

万引きが後を絶たないスーパーが警備員を増員することになった。  応募してきた男に、さっそく面接が行われた。

「警備員の経験は?」  「20年のキャリアがあります。」
 
「体力に自信は?」  「こう見えても、柔道・空手の有段者です。」
 
「当店では、主に万引きの防止に力を注いでもらえますか?」  「はい、今まで警備した店では一件も万引きが発生していません。」
 
「それは頼もしいです。」  「私にお任せください。」
 
「ところで、以前はどちらの店にいらしたのですか?」  「グランドピアノの専門店です。」
                                                       
                                   (本郷孔洋先生のメルマガより)


TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT