| PAGE-SELECT | NEXT

はらわた力

ドン・キホーテの安田隆夫創業会長が書かれた『安売り王一代』(文春新書)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①ドン・キホーテの社内では「はらわた」という言葉が一般用語化している。  それがそのまま社内広報のタイトルにもなっているほどだ。  営業現場でも、「もっと『はらわた力』を磨け!」とか、「お前はまだ『はらわた』ができ上がっていない」などといった会話が、日常的に飛び交っている。

②この「はらわた」とは、私の生きざまと壮絶な体験を通じて、文字通り腹の底から湧き出てきた言葉だ。  (中略)  漢字で書けば「腸」となるだろう。  「腸(はらわた)」は「肝(きも)」とは違う。  たとえば「肝っ玉がすわっている」と言えば、物ごとに動じない堂々たる様だが、「はらわた」はそんなに立派なものじゃない。  未完成で泥臭く、およそスマートなイメージとは対極にある。

③しかしこの「はらわた」力の有無が、土壇場に追い詰められた人の明暗を決する。  周りがすべて討ち死にしても、一人だけ生き残る強運を、「はらわた」はもたらしてくれる。  私の言う「はらわた」とは、もがき苦しむ力であり、紆余曲折しながら最後に這い上がろうとする一念だ。

④川の濁流にのまれても、なりふり構わず土手にしがみつき、藁を掴んでも懸命に流されまいとする精神力である。  土俵際に押し込まれても、ギリギリで俵を割らずに耐えに耐え、切り返してうっちゃりを仕掛けようとするしぶとさだ。

⑤私は人生でも仕事でも、「もうダメだ」と進退きわまる局面に幾度となく陥った。  そんな時、いつも内から不思議な力が湧いてくる。  そして何らかの活路を見出し、どうにかこうにか浮かび上がる・・・・・・今もその繰り返しだ。

⑥それを支えるものとして、信念とか志、いわんや不撓不屈などという立派な言葉や理屈では、どうしても説明することができない。  少なくとも実戦派の私には、「はらわた」という表現しか思い浮かばないのである。

⑦人生も仕事も経営も、きれいごとばかりではない。  高邁な理想を語る前に、まずは目前にある現実との格闘が待ち受けている。

⑧だからこそ、「はらわた」を据え、常に粘り強く戦い続けなければならない。  繰り返すが、格闘における最大の武器は「はらわた」である。  そして「はらわた」の核を形成するのは、「何が何でもこうありたい」という自己実現の強烈な思いと執念、ひたむきさにほかならない。

⑨逆に独自の「はらわた」さえでき上れば、今のような時代の激変期には、驚くほど効率的に成功の階段を駆け上がることができる。  資本も人脈も経験もいらない。  だから私の中では、「はらわた」は人がのし上がっていく上での最大・最強のキーワードだ。』

安田会長は私が以前経営していた会社の株主の一人でした。  何度かお目にかかりましたが、明晰さとファイティングスピリットには常に感銘を受けていました。

TOP↑

やってのける

1.7月15日に配信された藤間秋男先生のメルマガに『やってのける』という文章がありました。  番号を付けて紹介します。

『①「挑戦するだけ無駄だよ」  「できないって」  「絶対無理!」  「君はやめたほうがいいよ」
これらは、やる気を失わせる大きな影響力を持つ言葉。  自分は無力で、ひとりでは何も出来ない人間だと、思い込んでしまう。。。

②逆に「挑戦していこう」  「君ならできる!」  「おまえなら、やれるさ」
こう言われると、俄然やる気になる。  ですが。。。

③一番良いのはどんな言葉も力にすること。  どちらを言われても、「よっしゃ!  やってやろうじゃないか!」と思えたら、素敵ですね。

④人になんと言われても、エネルギーに変えていける。  そんな人でありたいですね。

⑤「人生でもっとも喜ばしいのは、君にはできない、と思われていることをやってのけること」 byウォルター・バジョット(経済学者)』(ゆうさんのブログ「100人の一歩~応援ブログ」)

2.『問題・・・父親と息子が車に乗っていて事故を起こし、大けがをして別々の病院に運ばれた。  すると、息子の運ばれた病院で出てきた医師が「これは私の息子です」という。  どうなってるの?

答え・・・医師は母親だった。』(7月17日朝日新聞「天声人語」)

3.『A・・・「あの若いのを見てごらんなさい。   髪を短くして、煙草を吸って、ズボンをはいているあの若いのをですよ。  いったいあれは男ですかね?  それとも女ですかね?」

B・・・「女ですよ。  私の娘です。」

A・・・「これはごめんなさい。  あなたが、あの娘のお父様と知っていたら、言葉を慎んだでしょうに・・・。」

B・・・「私は父親ではありませんわ。  母親です。」』(7月10日配信・本郷孔洋先生のメルマガ)

何が何だか分からなくなってきました(笑)  良い週末を!



TOP↑

煙台空港

今週は中国・山東省・煙台に出張でした。  煙台までの日本からの直行便は関西空港発だけなので、一般的な行き方は①羽田→関空乗り継ぎ→煙台、②成田→ソウル・仁川乗り継ぎ→煙台のどちらかです。

今回は行き帰りとも②で予約しました。  帰りの便は24日金曜日、9時煙台空港発の中国東方航空便で11時仁川着、15時10分仁川空港発のアシアナ航空便で17時20分成田着の予定です。  以下は煙台空港でのできごとです。

『①朝の出迎えの車が遅れたので煙台空港に8時15分着。  急いでチェックイン→出国手続きを済ます。

②8時30分搭乗予定の2番搭乗口にギリギリに着くが、まだ搭乗前なので一安心。  機体整備のため出発が遅れる旨の場内アナウンス(あらかじめ録音したもの)が中国語・英語・韓国語・日本語であり。

③搭乗を待つ人の列もなかなか搭乗のアナウンスが始まらないのでまばらになる。  私も列を離れて座って待機。

④機内からパイロット・キャビンアテンダントらのクルーがずらずらと降りてくる。  ②の場内アナウンスが何度も繰り返される。

⑤空港内の暖房があまり効かず寒いので荷物の中からヒートテックを取り出し、トイレで着替える。

⑥何か中国語のアナウンス(私の語学力のせいで良く聞き取れず)が流れ、乗客が再び並び始める。  クルーが乗り込んだ様子はなかったけど、と思いながら私も一緒に並ぶ。  先頭をよく見ると、搭乗券を見せてコーラを受け取っている。  飲みたくなかったのでまた座る。

⑦煙台での日本人パートナーに連絡。  電話で確認したがよくわからないので、日本語のできる中国人スタッフともに空港に向かうとのこと。

⑧新たな中国語のアナウンスが流れ、また乗客が並ぶ。  一緒に並んだら、今度は弁当を配り始める。  食べる気にならないので再び着席。

⑨機内にパイロット・キャビンアテンダントらのクルーが入っていくが、どうも飛ぶ様子がない。  
⑩予定では仁川で4時間10分の余裕があるが、ターミナルの移動・航空券の受け取りなどで約1時間は必要。  逆算すると中国時間(日本・韓国より1時間遅い)の11時半ごろには離陸しないと間に合わないことになる。

⑪この便をあきらめて次の便ということになると、15時35分煙台空港発のアシアナ航空便で17時45分仁川着、18時50分仁川空港発のアシアナ航空便で21時成田着を予約するしかない。

⑫しかし、出国手続きを済ました後なので、どうやって空港ロビーに出るのか?  搭乗口の男性中国人スタッフに英語で「今日どうしても帰らなければならないのでキャンセルできないか」と聞いたら中国語で「言っている意味が分からない」と突き放される。

⑬すると突然中国語の大声が聞こえる。  言い争いでもしているのかと思って見ると、歩きながら大声(私には何を言っているかがわからない)を出しているのは航空会社の男性スタッフで、その後を10人を超える乗客がぞろぞろと歩き出す。

⑭瞬間的な判断で私もくっついて行くと、グループ客が多いせいか乗客の歩きが遅いので、私が先頭でスタッフの後を歩くことになった。

⑮手荷物検査場をフリーパス、出国手続きでパスポートを出しパスポートナンバーをメモしてもらう、といつもの出国の流れを逆走することに。 

⑯入場口にも一番で到着。  大柄な空港スタッフがびっくりした顔で私に「何だ?」と聞く。  私が中国語で「飛行機が故障した」と言ってもよく分からなかったようだが、遅れて到着した中国人乗客が事情を説明して、無事に空港ロビーに出る。  そこで空港に向かってくれていた日本人パートナーに遭遇。』

結局、その日の15時35分煙台空港発のアシアナ航空便は満席で、また一泊して関空乗り継ぎ便で帰ってきました。  

後から、「故障が直らないままの見切り飛行よりは良かったか」とか、「手荷物をチェックインカウンターで預けていたらどうなったんだろう」とか考えました。

結局あの便は飛んだのかな~(笑)

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT