FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

ダメ出し

1.前回のブログで次のように書きました。

『今の自分の実力を計り、次からの稽古の課題を見出すために組手・型の試合出場は欠かせません。  しかし、勝ち負けという結果にこだわるあまり、空手に対する「面白い」や「好き」という思いが失われるようでは、本末転倒です。』

そのことに関連する特集記事が7月17日の日経新聞・夕刊に載っていました。  タイトルは『成長阻む 親のダメ出し』です。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『スポーツ界のハラスメントに関心が集まる中、子供のスポーツ現場では、保護者が暴言や怒号を浴びせる例が後を絶たない。  応援に熱が入るあまり、試合中のミスに対して感情的に叱るものなどだ。  親のダメ出しで子供が萎縮して、楽しいはずのスポーツを苦痛に感じかねない。  現場の対策や取り組みを探った。

(1)子供のミスに暴言 考える力奪う

①「何やってんだ、コラッ! 頭使って働け」。  7月上旬の東京・多摩地区のサッカー場。  小学校高学年の試合中、ミスをした我が子に、観客席から父親が叫ぶ。  原因や対策を示さぬまま、人格を否定するような言葉が響き渡る。

②スポーツ少年団など地域の運動クラブの活動では、保護者が関わったり居合わせたりする場面が多い。  ボランティアで監督・コーチを務めたり、送迎がてら観客席で応援したりする際に、子供のプレーのミスを目の当たりにして、暴言を吐くケースは少なくない。  (中略)

③保護者の暴言は、子供にどんな影響を与えるのか。  東京都葛飾区の「清和イレブンサッカークラブ」の大野哲夫代表・監督は「スポーツは失敗の繰り返しのなかで上達していくが、親の言葉でそうした機会が奪われる」と指摘する。

④自分で考えることは、スポーツの楽しさを実感するために不可欠な要素。  親に怒鳴られないかばかり気にしていると「改善に向けて必要な、自分で考える力が育ちにくくなる」(大野氏)。

⑤怒鳴られてばかりで考える力を持てないままでは「せっかく始めたスポーツを嫌いになりかねない」(大野氏)との問題意識から、清和イレブンでは保護者用の観戦席を、グラウンドやベンチから距離を置いて設けている。

⑥最近は、職場をはじめ社会全体でハラスメント防止の機運が高まっている。  にもかかわらず、我が子のスポーツの現場で保護者が暴言などのハラスメント行為に及ぶのは「親は子供と同一化する傾向があり、スポーツではより顕著となるから」と東京未来大学こども心理学部の藤後悦子教授は話す。


(2)観客席特有の現象も

①子供の受験や試合といった節目節目で、親は熱心に応援し、子供の喜び・悲しみは、そのまま親の喜び・悲しみとなりがちだ。  試験の場合、親は得点や合否などの結果でしか子供の頑張りを知り得ない。  ところがスポーツは目の前で頑張りの過程がリアルタイムで繰り広げられる。  今なら間に合う、何とかなると思うあまり、つい過激な言葉が出やすくなる。

②「観客席のワナ」もハラスメントの要因だ。  多くの場合、保護者の応援席から競技場が俯瞰(ふかん)できるため「プレー中の子供より目線が高くなり、大人の方がミスや課題を見つけやすくなる」(大野氏)。

③観客席はまた、親同士が同じように振る舞うことを促しやすく「同調圧力が強くなる」(藤後教授)。  我が子が重大なミスをした場合に、観客席の勝ちを第一とする空気を忖度(そんたく)して、親が過剰にとがめがちだ。

④保護者はどう子供のスポーツの現場に関わればいいのか。

⑤「暴言を吐きそうになった時、職場の仲間など大人相手に使うかどうか、一瞬考えてみては」と提案するのは、東京都日野市の少年ラグビー「R&Bラグビークラブ」の檜谷亜樹代表だ。  同チームは、保護者が怒鳴らないことを入会条件としている。  スポーツする子供を支配するのではなく、尊重する姿勢が欠かせないという。

⑥「スポーツの現場ならハラスメントは許されるという、旧態依然のスポーツ観は改めるべきだ」と桐蔭横浜大学スポーツ科学研究科の渋倉崇行准教授は指摘する。  「現代のスポーツ界は、選手の主体性を尊重する流れになっていることを保護者に認識してほしい」

⑦日本サッカー協会は、ホームページなどを通じ、「こどもエリアに入る前に!」と題して、子供を励ますことができるかどうか保護者に確認を促している。  松崎康弘常務理事は「スポーツに取り組むのは親ではなく、あくまで子供という認識が必要」と強調する。』


2.欄外のコラムも紹介します。  タイトルは『怒りのクセ 知っておこう』です。  番号を付けて紹介します。

『①スポーツに参加する我が子を暴言などで追い詰めないためには、親自身がどんな場面に冷静さを失いやすいのかを把握しておく必要がある。

②東京未来大学の藤後教授は親に対し、観戦の前後に「我が子の気になる態度はどんなものか」 「その際、あなたはどのように接するか」 「その結果、子供はどんな態度をとるか」などを記入する「ワークシート」の活用を提案する。 子供のミスに対する自分の怒りのクセを知っておけば、感情的になるのを未然に防ぐ効果が期待できる。

③その上で、子供が長くスポーツを楽しむために、いきなりダメ出しすべきではないという。 藤後教授は「よくできたことを一つでもいいから子供に伝えることが重要」と助言する。』


(1)前文に「ダメ出しで子供が萎縮して、楽しいはずのスポーツを苦痛に感じかねない」、(1)⑤に「せっかく始めたスポーツを嫌いになりかねない」とあります。  チーム城西でも、少年部が「ダメ出しで萎縮して、楽しいはずの空手を苦痛に感じる」ことや「せっかく始めた空手を嫌いになる」ことのないよう、指導員の応援方法には気を付ける必要がありますね。

(2)③の「(子供が長くスポーツを楽しむために)よくできたことを一つでもいいから子供に伝えること」は指導者として必須です。

毎日暑い日が続きます。  ご自愛ください。

TOP↑

リアリズムを語る

1.『不死身の特攻兵』(鴻上尚史著 講談社現代新書)を読みました。  「精神主義の末路」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①こんなエピソードがあります。  東条英機首相が飛行学校を訪れ、学生にどうやって敵機を撃ち落とすかと質問し、学生たちは「高射砲でこう撃てば・・・」と答えたら、東条は、「違う。  精神で撃ち落とすんだ」と答えたのです。

②東条は首相であり、同時に陸軍大臣でした。  首相として、まして陸軍大臣としては、これは言うべき言葉ではありません。  敵機は「精神」では撃ち落とせないのです。

③けれど、「精神」で撃ち落とすと最高責任者が言ってしまったら、撃ち落とせない時、その理由は、高射砲の性能の限界でも、アメリカ機の高性能でもなく、「精神」になってしまいます。  高射砲が届かない高高度をB29が飛び、どうしても撃ち落とせない時、おまえの「精神」が弛んでいるからだと責める理由を与えてしまうのです。

④B29に届く高性能な高射砲ではなく、「精神」が求められたのです。  ここから、「命令した側」が特攻(の採用)までたどり着くのは、じつは早いと思います。  「精神」さえあれば、レーダー網を突破し、何百機というアメリカ機をかいくぐり、正規空母を撃沈できるのだ、という論法が出てくるのです。』

2.1.に続く「リーダーとしての器」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①おそらく、「精神で撃ち落とす」と東条首相が答えた時、周りにいた多くの生徒も飛行学校関係者もハッとして感動したはずです。  そうだ、気持ちだ、気概だ、気迫だ、それがいちばん大切なことなのだと。

②けれど、「精神」を語るのは、リーダーとして一番安易な道です。  職場の上司も、学校の先生も、スポーツのコーチも、演劇の演出家も、ダメな人ほど、「心構え」しか語りません。  心構え、気迫、やる気はもちろん大切ですが、それしか語れないということは、リーダーとして中身がないのです。

③本当に優れたリーダーは、リアリズムを語ります。  現状分析、今必要な技術、敵の状態、対応策など、です。  今なにをなすべきか、何が必要かを、具体的に語れるのです。』

城西支部をスタートさせて数年後に、ある指導者と一緒にその門下生の試合を観ていました。  門下生は下段廻し蹴りで技有りを取られてしまいます。  すると、その指導者は「うちの生徒は根性がないから」と言いました。  隣で聞いていた私は、心の中で「あなたが(下段廻し蹴りに対する)スネ受けを教えてないだけでしょう」と思っていました。

自分自身の指導技術論(指導力の無さ)を、選手の根性論(根性がない)にすり替えてはいけませんね。  私も気をつけなくちゃ(笑)

来週末は、全日本ウェイト制大会と国際親善大会です。  

TOP↑

上水監督

1.4月29日の日経新聞の特集『師導 RIO 2016』では東海大学柔道部の上水研一郎監督(41)を取り上げていました。  リオデジャネイロ五輪男子7階級のうち3階級が上水監督の教え子です。  同日行われた全日本選手権で優勝候補の原沢選手や七戸選手を押しのけて優勝した王子谷剛志選手も上水監督の教え子の一人です。  テレビ中継では試合直後、王子谷選手にアドバイスしながら一緒に歩く姿が映っていました。  特集記事から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「日本人って不思議なもので、効率という言葉を『楽をする』と結びつけて嫌う。  でもそんなに悪い意味ではないんです」。  量より質、効率重視という上水監督の指導は、猛練習こそ栄光への一本道と信じられてきた柔道界では異端。  だからこそ「理解してもらうには結果を出すしかなかった」

②その手法は教えるというより導くもの。  練習の意図を丁寧に説明し、選手自身の頭で考えるように仕向ける。  「がむしゃらに練習する姿勢は大切だけれど、えてしてそれ自体が目的になってしまう。  思考を停止した状態で練習しても試合では何一つ発揮できないので」

③投げの直前までの形を繰り返す打ち込みの練習でも、「ただ相手に体を当てるだけならダンスだ。  意味のないことに時間をかけるな」と説く。  大切なのは回数ではなく、いかに集中力を持続させ、質の高い練習を積むか。

④だから2008年の監督就任時に断行したのは練習時間の短縮だった。  「そんなの甘すぎる」 「もっときつい練習が必要だ」との〝助言〟はかまびすかしかったが、団体戦で争う全日本学生優勝大会を就任1年目から14年まで史上最多の7連覇。  結果で黙らせた。

⑤代表3人の才能が伸びたのも「考えた練習の成果」。  (100キロ級代表)芳賀龍之介は大学1年の頃から全体練習を離れ、自分に必要なメニューを考えて実践した。  「普通は許されないけれど、先生は自分を信頼してくれた。  その代り、結果が出なければ自分で責任を取らないといけないと思いながら戦っていた」

⑥突出した才能に上水は多く口出ししない。  それは組み際の奇襲やオリジナル技を得意とする変則型の(60キロ級代表)高藤直寿にも同じ。  「ああいう天才は触ると芽を摘んでしまう。  課題を与えて見守るのみですよ。」  

⑦課題とは、「おまえ、こうされたら弱いよな。  どうする?」という問いかけだ。  日の丸を背負うほどの実力者なら、自分の形になればまず負けない。  問題はそうならなかったとき。  それぞれに、苦手とする状況を突きつける。  設問し、答えは自分で探させた。

⑧「自分が負けるイメージはなかなか想像できない。  でも危機管理として『最悪のケースになったときにどうするか』まで想定しておかないと百戦百勝はない」

⑨「伝統が全て駄目とは言わないが、それに固執すると流れが止まる。  思考を止めて、時代の流れを見ないで過去の成功例に執着するとその集団は腐ってくる」。  稽古中にも時折見せる福々しい笑顔。  リオで教え子たち(芳賀・高藤と90キロ級代表・ベイカー茉秋の3人)が残す結果は、その道が間違っていないことの証明ともなる。』


2.①4月5日のブログで書いた『Fight & Life』6月号が現在発売中です。  城西初の全日本チャンピオン・大西靖人が特集され表紙にも載っています。  取材に来た法政大学同好会OBの舟橋賢に貸した写真も掲載されています。  

②田村悦宏の第24回全日本大会優勝祝賀パーティーの写真もその一つです。  私を囲むように大西・黒澤浩樹・増田章・田村が写っています。  舟橋に過去の大西の写真を頼まれアルバムを見ていて偶然見つけました。

③今年の全日本が48回大会ですから24年前の写真です。  今の若い選手たちが生まれる前の出来事かも知れませんが、城西の全日本チャンピオン4人が並んでいる写真はレアなので引き延ばしてパネルにし、5か所の常設道場に張り出しますので見てください。

④下高井戸道場のパネルを見た鎌田翔平に「この時、皆さんはいくつくらいですか?」と質問されました。  24年前ですから私が38歳のときのことです。  上水監督が41歳ですから、それよりも若かったんですね。

やっぱり、これからは若い山辺・森の両師範代に期待しましょう(笑)

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT