| PAGE-SELECT | NEXT

センサーを働かせる

囲碁棋士の井山裕太さんが書かれた『勝ちきる頭脳』(幻冬舎)を読みました。  「センサーを働かせる」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①プロの勝負とは、優勢であってもそのまま逃げ切れるほど甘いものではなく、かといって、劣勢であってもそのまま負かされてしまうほど厳しいものでもないのです。  そうした極めて曖昧なものの上に漂っている「勝敗」を、どうやって自分のほうへ微笑ませるか?  

②これまた盤上の着手と同じで正解はないのですが、この部分でうまく立ち回れるかどうかが勝敗に直結することは間違いありません。  こうした立ち回りの技術を一般的には「勝負勘」と言うのですが、僕はよく「センサーを働かせる」という表現を使います。  

③好結果を出すことができている時は、このセンサーの感度・働きが良く、形勢が悪くても「このままじっと辛抱していれば、必ずどこかでチャンスが来る」と信じることができて実際その通りになります。  逆にセンサーの働きが悪い時は、「形勢が悪いのだから、もうイチかバチかだ!」とばかりに短気を起こして、負けを早めてしまいます。  (中略)

④形勢不利の際には、もう一つ大事なことがあり、それは「相手に決め手を与えない」ということです。  結果を出せる人は、例外なくこの「決めてを与えない技術」が優れています。  一点差で負けていても、次の一点を与えずに辛抱し続ける技術です。

⑤でも形勢が悪い状況は嫌なので、そこから早く脱出しようと、つい逆転ホームランを狙うような無理な勝負手を打ってしまいがちですが、それを咎められたら致命傷を負ってしまい、負けが決まってしまいます。

⑥そうではなくて、形勢が悪いことを素直に受け入れ、嫌な状況であっても辛抱することが大切です。  そのうえで、相手にとって難しい手を打って悩ませる。  相手も人間ですから、どこかで隙を見せるものなのです。』

極真の試合でも「センサーを働かせる」ことが最重要です。  でも中には、センサーのスイッチを切ったまま、独りよがりで戦っている選手もいますね(笑)

また、「相手に決め手を与えない」「相手にとって難しい手を打って悩ませる」ことも勝つためには必須です。

TOP↑

「流れ」の正体

『運』(野村克也著 竹書房)を読みました。  第5章『「流れ」の正体』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①野球の試合の中で、常に勝敗を左右するキーワードのように言われるのが「流れ」である。  「あそこで流れが大きく変わった」「あのエラーで流れが向こうに行ってしまった」「このファインプレーで流れがこっちに来るぞ」  そういう言葉を多くの試合で耳にする。

②いったい、この「流れ」とは何か。  これも運やツキと同じように、理論的には明確に説明しにくいものだ。  そのくせ、私を含めて長年、野球の現場に携わってきた人たちは、同じ場面を見て、異口同音に「これで流れが変わる」と言ったり感じたりする。  つまり、そうした「流れ」が明らかに存在するというのが、野球経験者や野球を見聞きしてきた人の共通認識だ。

③「流れ」を私なりに定義するとすれば、「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である。  劣勢だったチームが流れをつかんで、勢いに乗って逆転勝ちをする。  いい流れが来て、それまで沈んでいた空気がガラリと変わって、ベンチもチームもいい雰囲気になって逆転勝ちをする。  目に見えない流れを感じる力、つまり感性が優れている選手や監督がいるチームが流れをつかんで、実力が上回っている相手に勝つ。

④「流れが味方して勝った」というのは、そういったことの積み重ねの結果だ。  流れを味方につければ逆転勝利もできるし、実力以上の結果を得ることもできる。  逆に言えば、流れが相手に行ってしまうと、優勢だったのにひっくり返されてしまったり、実力で劣っているはずの相手に負けてしまったりする。

⑤流れの怖いところは、たった1球で変わってしまうことだ。  (中略)  ここで瞬時に状況判断や予測をする力こそが、流れをつかむためにもっとも大切なことだ。  それが、感性なのだ。

⑥感性とは、感じる力であり、気づく力である。  (中略)  一流と言われる選手が身につけている「感じる力」を二流以下の選手は持っていない。  言い換えれば、鈍感な人は、決して一流になれない。  鈍感な人は、流れも見えないし、結局は運もツキもつかめない。

2.①感情の動きがプレーに影響を与え、試合の流れを変えてしまう。  逆に言えば、ピンチになろうがチャンスになろうが感情を大きく揺さぶられることを防げれば、こちらに来ている流れを相手に渡すこともない。

②あるいは、相手が不安になったり動揺したりしていることを感じ取れることができれば、その隙を突いて流れをこちらに引き寄せることもできる。  

③感性と感情が流れを左右する大きなポイントだとすれば、感性を磨き、感情をコントロールすることによって、流れをつかむこともできるはずである。

3.①流れとは、目に見えないものだ。  流れも運も、形として目に見えないけれど、ときとして勝負の行方を左右してしまうほどの力がある。  流れも運も、いわば「無形の力」なのである。

②私は監督としてチームを率いるときに「無形の力を身につけよう」ということを繰り返し言った。  とりわけ、楽天のように戦力が乏しい球団では、実力だけでは強豪相手に戦えない。  弱者が強者に勝つためには、実力プラスアルファの力が必要だ。  それが、無形の力なのだ。

③無形の力とは、たとえば、観察力や情報収集力、分析力や洞察力、記憶力、判断力、決断力といったものだ。  頭を使い、知力と感性を働かせて戦えば、有形の力だけでは勝てない相手に勝つことができる。  それが無形の力だ。

④たとえ体力や技術力で劣っていたとしても、知力でそれをカバーすることはできる。  指導者の中には「体力や技術力を気力でカバーしろ」と言う人もいるが、私はそういう指導を尊敬できない。

⑤気力も無形の力と言えなくはないが、、昔ながらの軍隊式精神野球の根性論には知性も感性も根拠も乏しい。  理をもって戦うことをよしとする私から見れば、「気力も必要だが、やみくもに根性で戦う前に知力を使おう」と言いたくなる。

⑥エネルギーにたとえれば、持続可能な力は、どう考えても気力ではなく知力のほうである。  流れについて言えば「気力と根性で流れを呼び込もう」というよりは「知力と感性で流れを見極めよう」というほうが、少なくとも再生可能なエネルギーになりそうだ。』

NFLの試合を観ていると「momentum(モメンタム)」という言葉がよく出てきます。  「(試合の)流れ」のことです。  

極真の大会でも、試合の流れを自分のほうに引き寄せることは大切ですね。  そのためには、①感性を磨くこと、②感情をコントロールすること、③知力を使うこと、の三点が、野村さんによると重要なのだそうです。  まったく同感です。

TOP↑

改革

明けましておめでとうございます。  本年もよろしくお願いいたします。

今回は全日本柔道男子監督の井上康生さんが書かれた『改革』(ポプラ社)を取り上げます。  史上初の金メダルゼロに終わった2012年のロンドン五輪後に監督に就任された井上さんは、昨年のリオデジャネイロ五輪で1964年の東京五輪以来となる「全階級メダル獲得」を達成されました。

『試合展開のパターンが多いのが強い柔道家』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①かっての日本には「組んだら(一本を取って)勝てる」という強烈な自負がありましたし、実際にそれで勝っていましたから、いわゆる「ポイント狙いの柔道」は、「柔道じゃない」「邪道だ」とされてきました。  しかし、もうそういう時代ではないのです。

②現実的には、これまで日本柔道がすすんでやってこなかったような、指導を取ったり、有効や技ありを狙ったり、指導を取られないためのディフェンス技術など、試合で勝つための細かいテクニックが必要になっています。  言い換えると、確実に勝利を収めるための、負けない技術です。  (中略)

③実際の試合は、最終的に一本を取ることを目指していても、そのための過程は必ずあって、多様な展開があります。  ですから、練習では、一本を取るイメージだけでなく、「あんな流れに持ち込みたい」「こんな方法でポイントを奪いたい」という試合の展開図を描きながら行う必要があります。

④試合展開のパターンをいくつも描ける人間は強いです。  さまざまなストーリーを描きながら、自分の柔道を展開していく想像力を持ち、たとえ指導による優勢勝ちであっても「どんなことをしてでも勝つ」という発想で日ごろから練習できているので、対応力があるのです。  そうした選手は、想像力のある究極のリアリストと言っていいでしょう。

⑤もっと言えば、世界の頂点に立つには、その柔道を刻々と変化させていく柔軟性と多様性が求められます。  近年、世界ランキングの関係で、日本人選手は一人につき平均年間3~4大会、多い選手だと6~7大会も国際大会に出場しています。  そのため、技や攻めパターンはすぐにライバルに研究、攻略されてしまいます。

⑥ですから、得意技や攻めパターンは絶えずブラッシュアップをしていかなければいけません。  大会ごとに新しい技や攻め手を繰り出し、対戦相手を常に幻惑させられるような選手でなければ、今の世界では生き残っていけないのです。

⑦我々は、あくまでしっかり組んで一本を狙う柔道を追求していきます。  しかし、それだけでは現実と乖離していますので、一本をベースに、指導を取ったり、有効を奪ったりといった技術を使い、確実に勝利を収める柔道も並行して追求していきます。

⑧それが、「強いこと」と「勝つこと」の両方を求められている日本柔道だと思います。』

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT