| PAGE-SELECT | NEXT

日本長寿企業の源泉

『韓非子』(守屋淳著 日本経済新聞出版社)を読みました。  

1.本書中の「日本長寿企業の源泉」の項に『商人の知恵袋』(青野豊作著 PHP文庫)からの引用があります。  番号を付けて紹介します。

『①元禄の時代は、今日でいうと高度成長の時代で経済繁栄が続いた。  その中で元禄の商人たちはかってない繁栄を味わい、なかでも紀伊國屋文左衛門に代表されるような特権商人らは幕府の権力者と結びついて巨額の富を築いた。

②元禄から享保にかけての激しい経済変動の中で、かっての特権商人は相次いで没落し、京都だけで五十数家もの豪商が没落している。

③しかしその一方で三井、住友、白木屋、大丸だの元禄末期以降に抬頭した〝新興商人〟らは生き残り、また多くの老舗も生き残った。

④しかもそればかりでない。  かれら享保の商人たちはやがて〝商人の江戸時代〟さえも築き上げるほどの実力をみせはじめた』


2.本書中の1の引用に続く部分から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①元禄時代というのは、バブルのような経済成長に沸き立っていた。  しかし、この時期は日本中で開発が進み、しかも幕府は鎖国政策をとっていた。  このため、パイがそれ以上増えないという限界に直面してしまう。  そして、これ以降に誕生した商家では、「家訓」を作ることが一般的になった。

②「家訓」に書かれている内容の多くは、「信用を大切にして、家業を末永く受け継ぐように」といったもの。  つまり江戸時代において「空間的なパイが広がりにくい」という現実に直面したとき、『論語』的な価値観を入れて「時間的に継続していくのがよい」「代々つないでいくのがよい」という方向に転換を遂げたのだ。  これを、「永続主義」という。

③そうした組織の成員のモチベーションのもととなるのは、パイが増えることではなく、お客様からの感謝や厚い信頼に応えること、そして、その集団の中で、後世語り継がれる存在になることでもあった。  日本に、世界的に見ても百年以上続く長寿企業が多い背景には、この価値観がある。

④そして、「永続主義」をとる商家には「家訓」に象徴される理念や規範があるが、それはあくまで「継続」という土台の価値観を支えるための手段として生まれてきたことに注意が必要だ。

⑤ちなみに、江戸時代のこうした商家では、「から傘商売」なる手法をとっていたところもあった。  景気がいいときは、傘を開くように事業を多角化し、逆に景気が悪くなると、不景気下でも生き残れる事業に選択と集中をかけて、傘をすぼめてしまう。  また景気がよくなると多角化し・・・。  この繰り返しで、長く継続していくわけだ。』

私が不動産コンサルティング会社を立ち上げてから、来年の8月でちょうど30年です。  「百年以上続く長寿企業」って、あと70年ですから大変なことですね。

ちなみに、わが社にも社訓があります。  ホームページに書いてありますが、『カキクケコ』つまり『感謝・勤勉・工夫・倹約・貢献』です。  ゼンジュウロウ、知っているのかな~(笑)

TOP↑

ニコニコと楽しそうに

3月1日に配信されてきた藤間秋男先生のメルマガから抜粋し、番号を付けて紹介します。  テーマは『ニコニコと楽しそうに仕事する』です。

『①講演会に参加している方で、アロマテラピーの仕事を始めることになった女性がいました。  初めてこの仕事をすることになったというので、このようにお話ししました。  「技術を磨かなくていいから、ニコニコしていきましょう。  そうするとお客さんがやってきます」

②一般的には、技術を磨くとお客さんが来ると思われていますが、技術があっても人柄が荒いと人はやってきません。  技術は標準で良いので、ニコニコと楽しそうに、幸せそうにやっているとお客さんがやって来ます。

③これは、どんな仕事もでも同じです。  飲食店で、味を高めるために弟子をどなりながら作っている料理人、親方さんがいるとします。  そういう所でどなり合っているお店の料理は、どんなにすごいものを作っていてもおいしくない。  それでお客さんは、だんだん来なくなります。

④天然酵母でパンを作っているパン屋さんのご夫婦に話を聞いたことがあります。  普通に淡々と作っているときのパンは、大体一週間カビることがないそうです。  「ありがとう、ありがとう」と言いながら作った時のパンは二週間カビない。  そして、夫婦ゲンカをしながら作ったパンは、翌日にカビてしまったそうです。

⑤カビが発生して食べられなくなった。  ということは、飲食店で親方が弟子の料理職人たちをどなっているときは、どんどん味が壊れている、ということになります。

⑥逆に、味付けが特別に上手ではなくても「ありがとう、ありがとう、みんなのおかげ」と上の人が言っていたら、とてもおいしいものになるのではないでしょうか。

⑦技術より人柄のほうが優先します。  お客さんは、その店の雰囲気で来ているので、穏やかな人柄であれば人が集まるのです。

(『喜ばれる 自分も回りも共に幸せ』小林正観 著 講談社) より』

上の⑤にある『飲食店で親方が弟子の料理職人たちをどなっているときは、どんどん味が壊れている』というのが科学的に正しいかどうか私にはわかりません。  でも、以前仲間と行った地方の日本料理店で親方が従業員を怒り続けているという経験をしました。  二度と行きたくありません(笑)

TOP↑

好き嫌い 

威張れる話ではありませんが、好き嫌いは激しいです。  というか、嫌いなことには全く力が出ません。  逆に好きなことは結構頑張れるほうだと思います(笑)。  

今回ご紹介するのは『「好き嫌い」と経営』(東洋経済新報社)という本です。  一橋大学の楠木建教授がユニクロの柳井社長など14人の経営者にしたインタビューがまとめられています。  最終部分の楠木教授自身のインタビューから抜粋し、番号を付けて紹介します。 

『・・・経営とのかかわりが思い浮かびにくいのですが、具体的にどういったことでしょうか。

楠木・・・①(前略)  好き嫌いの復権を主張したいですね。  「善し悪し」 「正しい・間違っている」とは別に、経営者は「うちはこういう商売が好きなんだ」という話を大いにすればいい。  (中略)  

②それなのに「これからはこの仕事が稼げる」とか、客観的な良し悪しばかりを基準にしてしまうと、仕事にしても、経営にしても、戦略にしても、すべて台無しになる気がします。


・・・良し悪しでの問題として、最近は「ブラック企業」が取りざたされています。  これについてはどう思いますか。

楠木・・・①(前略)  巷で「ブラック企業」といっている事例の多くは、「仕事がきつい」とか「プレッシャーが大きい」という社員の認知を問題にしている。  (中略)  これこそ単純に好き嫌いの問題だと思うのです。  プレッシャーが大きくかかるきつい仕事を好きな人と嫌いな人がいるだけ。

②たとえば、本書にも出てくる柳井さんのユニクロはブラックだという話がありました。  仕事が非常に厳しくて、みんな疲れ果てちゃうとか、人間性崩壊みたいな記事がいろいろと出ていましたね。

③ところが、日本の多くのメガバンクや総合商社、証券会社は「ブラック企業」なんてまったくいわれていないけれども、仕事の厳しさやプレッシャーを客観的に測定したら、ユニクロをはるかにしのぐ「超ブラック企業」ですよ。

④仮定の話として、ユニクロのお店で「いやぁ、ちょっと厳しいな、ブラックだな・・・・・・」って思っている販売員がいたとする。  その人が総合商社に転職したら、「今すぐモザンビークに行って、この10億円の商売の案件、絶対にまとめてこい!」って話しですよ。  ブラックどころか即死でしょうね。  少なくとも僕なら秒殺(笑)。

⑤ま、即死は大げさにしても、仕事がきついかどうかなどということは、そもそも良し悪しというよりその人の好き嫌いで決まることですね。  「プレッシャーは大歓迎。  そういうところでガンガンやるのが大好き!」という人がいるわけで、そういう人は伝統的にメガバンクとか総合商社とかリクルート、最近では昼も夜もなく働くベンチャー企業に就職するでしょう。

⑥「生計をたてていかなきゃいけないけど、生活を大切にして、人間的なゆとりを持って仕事をしたい」という人ももちろんいる。  そういう人は自分の好き嫌いで選択して、もっとゆったりした仕事に就きますね。  自由時間がたっぷりある学者とかですね。  僕のことですけど(笑)。  これは言うまでもなく、良し悪しでなく個人の好き嫌いの問題です。

⑦僕は今の仕事でいうと、書くことがとにかく大好きで、原稿用紙1000枚の文章を書くのはまったく苦にならない。  編集者から「もうそれぐらいでやめろ!  本が長くなりすぎる」と言われても、まだ書く。  モザンビークの10億円の案件がお茶の子さいさいの猛烈商社マンであっても、「そんな長い文章を書くなんて辛気くさい仕事、つらくてやってられないよ!」と思うかもしれません。  

⑧その仕事がつらいかどうかは好き嫌いに大きく依存します。  当たり前ですけど。』

好きなことをしてお金がもらえるって本当に幸せなことだと思います。

明日は審査会です。  天然空調(?)の審査会場は暑いのかな~(笑)。 

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT