| PAGE-SELECT | NEXT

2016秋季関東大会

昨日は水戸で関東大会でした。  城西支部からは34名の選手が出場し、8名が入賞しました。  入賞した選手について気づいたことを書いてみます。

①諸岡幸乃(小学1年生女子・第3位)・・・今年は国際親善大会と春季関東大会と城西カップで優勝、極真祭で準優勝と安定した力を付けてきました。  突きと蹴りのバランスの良さと体幹の強さが光ります。  次回は再び優勝できるよう、稽古に励んでもらいたいと思います。

②諸岡怜治(小学3年生男子+30㎏・第3位)・・・前回の城西カップの優勝を機に自信がつき、実力が発揮できるようになってきました。  妹の幸乃同様、突きと蹴りのバランスの良さと体幹の強さが光ります。  今回の優勝者である任選手は、城西カップで怜治が勝った選手でした。  任選手と良いライバル関係になれるよう、精進を重ねて下さい。  

③中水流梨央(小学4年生女子・第3位)・・・準決勝の終盤で、相手選手の胴廻し回転蹴りで技有りを取られてしまいました。  それまでは押し気味に試合を進めていただけに残念ですが、それが組手試合の怖さでもあります。  ちょっとした油断が命取りになるのです。  でも、良い勉強になったと思います。  次回のリベンジに期待します。    

④福永悠莱 (小学5年生女子-35㎏・準優勝)・・・今年の国際親善大会と極真祭で第3位、今回は準優勝と確実に力を付けてきました。  先日の昇段審査会で、「組手中に視線が下を向くので、頭が前に傾き、接近戦で注意を取られやすい」と指摘しましたが、その点も矯正されていました。  次回は優勝できるよう、創意工夫・精進して下さい。

⑤ 岡部慎太郎(中学2・3年生+55㎏・優勝)・・・春季関東大会・極真祭と第3位が続いていましたが、待望の優勝となりました。  突きと蹴りにパワーと威力を感じます。  さらなるウェイト・トレーニングで筋力アップができれば、もっと簡単に勝ち上がれるようになると思います。  技・パワー・スタミナ・精神力ともに将来のチーム城西の代表選手としての可能性を感じます。

⑥佐藤拓海(高校生男子-75㎏・準優勝)・・・決勝戦は延長で減点1を取られ、判定負けしました。  庄司宇天名とともに、森善十朗・鎌田翔平に続く城西支部らしい華麗なる組手の体現者になる可能性を秘めています。  最後のせめぎ合いの場面で精神的な粘りに欠ける試合が続いていたのですが、今回はある程度克服できたと思います。  でも、試合後に本人にも話しましたが、延長戦になって反則を重ねるということは、「勝つことをあきらめて試合を投げている」と見られても仕方がないと思います。  ベースになる心肺機能強化のためにスタミナトレーニングの量を積むこととともに、先日の全日本大会でセコンドについた鎌田翔平の後継者になるんだという強い自覚が必要です。  だって、全日本チャンピオンなった選手のセコンドに2日間マンツーマンでつけるなんて恵まれたチャンスは、そうあるものではありません。  是非そのチャンスを生かしてください。  先日のテレビ放映でもペットボトルを持った拓海が準主役のように映っていました(笑)

⑦吉村基(高校生男子+75㎏・準優勝) ・・・180cm・92㎏と体格にも恵まれ、恋之介・桑瀬・和孝に続くチーム城西の全日本選手候補です。  準決勝で見せた連打や技の組み立てにはセンスを感じました。  今回の決勝戦は実績のある高橋選手に名前負けしたような印象です。  173cm・86㎏と一回り小さい高橋選手の突きの連打で押し出されたのはいただけません。    年下の高橋選手にリベンジすることが、当面の目標ですね。

⑧伊藤駿汰(一般新人戦-70㎏・優勝)・・・準決勝・決勝ともに上段廻し蹴りのキレが際立っていました。  近いうちに全日本クラスの大会に出場できるよう、高い意識を持って稽古に励んでもらいたいと思います。  かって早稲田大学極真同好会を作った東孝・現大道塾塾長は入門から2年半後の第6回全日本大会で準優勝しました。  それ以外にも短期間で全日本のトップ選手になった例はいくらでもあります。  伊藤にはそれだけの可能性を感じます。  要は意識の問題です。

今日から明後日まで中国・北京です。  寒さと大気汚染が心配です。

TOP↑

第48回全日本大会

11月5・6日は第48回全日本大会でした。  城西支部から6人の選手が出場しました。  気付いたことを書いてみます。

①加賀健弘(ゼッケン24番)・・・4回戦でアショット・ザリヤン選手(第5位入賞・ロシア)に本戦判定負けし、初のベスト8入りはなりませんでした。  今年のウェイト制大会では相手選手の正面に立ち続け、結果として下段廻し蹴りで足を効かされてしまいました。  今回は間合いを外したり、横にずれたりして、工夫の跡が見られました。  3回戦ではニキータ・ガラス選手(カザフスタン)から下段廻し蹴りで一本勝ちするなど技の威力も増してきています。  4回戦では、171センチ・78㎏の加賀に対して、アショット選手は170センチ・75㎏とほぼ同体格ですが、パワー負けしたように感じました。  私が指導する週2回の朝練で見る限り、ケガと病気が多く、稽古量を多く積めないのが気にかかります。  体のケアに気を使い、まずはアショット選手を凌駕するような実力(技・パワー・スタミナ)を付けてもらいたいと思います。

②竹岡拓哉(ゼッケン33番)・・・3回戦で石塚悠太郎選手に上段前蹴りで技ありを取られ、判定負けしました。  今年のウェイト制大会でも対戦しましたが、そのときは竹岡が足掛け下段突きで技ありを取って勝っています。  今回は逆に石塚選手にリベンジを許す形になりました。  ウェイト制大会・軽重量級で2年連続準優勝しており、実力は安定してきていますが、全日本大会では中々ベスト8に手が届きません。  何が足りないのか、自分自身でよく考え、答えを出す必要があります。

③桑瀬隼也(ゼッケン57番)・・・3回戦で荒田昇毅選手(第4位入賞)に三日月蹴りで一本負けしました。  しかし、6月のウェイト制大会(軽重量級ベスト8)、9月の横浜カップ(準優勝)と急速に力を付けてきたように感じます。  構えが若干立ち腰気味なのがちょっと気になりますが、筋力・柔軟性などに素晴らしい素質を持っています。  先輩である森善十朗や鎌田翔平のように、観客を魅了するような選手を目指して稽古に励んでもらいたいと思います。

④石崎恋之助(ゼッケン96番)・・・3回戦で大澤佳心選手に試割り判定負けしました(19枚対20枚)。  正拳・足刀・猿臀まで同数でしたが、最後の手刀で大澤選手6枚に対して恋之介の申告枚数が5枚です。  一昨年のウェイト制大会・軽重量級決勝の竹岡のケースと同じです。  優勝した中村昌永選手が7枚申告し、竹岡の申告枚数は6枚でした。  そのときのブログで、「相手の失敗を待つようなあり方に勝利の女神が微笑んでくれなかったような気がしないでもありません」と書きました。  今回も、相手の枚数が分かるのですから、少なくとも同数の6枚を申告すべきでした。  そこで失敗したのなら、それはそれであきらめがつきます。  過去にも書きましたが、第二の黒澤浩樹(第16回大会チャンピオン)になれる可能性を秘めています。  そのためには脚力がまだまだ足りません。  もし私が恋之介なら、かって大西靖人(第15回大会チャンピオン)や黒澤がやったように、徹底的にスクワットをやり込むのですが。  いずれにしても、今年のウェイト制大会・軽重量級優勝の勢いのまま、ベスト8の壁を突破するのではと予想していただけに残念です。

⑤ルモワンヌ・ファビアン(ゼッケン102番)・・・1回戦でブセボロド・ブセボロドフ選手(ウクライナ)に本戦判定負け。  今年7月の全関東大会で準優勝した際に、相手の蹴りを捌いてからの足掛け下段突きが効果的でした。  ただ、今回はそれにこだわり過ぎたような感じがします。  そのため、捌ききれずに抱え込みの注意を2回取られ、本来の戦い方ができなかったと思います。  もう1回注意を取られると減点1ですから、注意2の後は捌きにいきづらくなるわけです。  意識して捌きにいくのではなく、体に染みついた捌きの技術が無意識に出るように、日ごろから訓練しておかないと、大きな試合で、なおかつ強い相手に対しては使えません。  

⑥鎌田翔平(ゼッケン128番)・・・6月のウェイト制大会・重量級決勝と同じく、高橋佑汰選手との対戦で、今回は左上段廻し蹴りの技ありを取り、ウェイト制大会に続く優勝となりました。  ウェイト制大会後のブログでも書きましたが、今年からの新ルールが翔平の身体能力にぴったり合っていることが、また実証された結果となりました。  決勝までの7試合のうち、減点2で失格となった谷川聖哉選手との準々決勝以外は全試合で技ありか一本を取りました。  内容的にも素晴らしかったと思います。  富山支部から移籍してきて10年の成果が出ました。  翔平は体が強く、ケガや病気で休むということが、ほとんどありません。  東京城西支部を開設してから38年が経ちますが、今までで一番稽古量を積んできた選手だと思います。  逆に、あれだけの素質があって、あれだけ稽古して、今まで勝てなかったのが不思議なくらいです。  私の指導力が足りないからではないかと、悩んだこともありました。  しかし、今年は従来からの山田・阿曽・山辺の他に森善十朗が指導陣に加わり、菊澤院長には体のケアをしてもらい、池田支部長には週1回マンツーマンで稽古をつけてもらっていました。  もちろん、常に声援を送り続けてくれているお父様や浜井師範・山口師範代を始めとする富山支部の方々の存在も大きかったと思います。  お世話になった皆さんには心から感謝します。  

第15回大会・大西靖人、第16回大会・黒澤浩樹、第22回大会・増田章、第24回大会・田村悦宏、に続く第48回大会・鎌田翔平です。  24回大会のダブルスコアの48回大会で、城西から実に24年ぶり5人目の全日本チャンピオンの誕生です。

でも、今年のアメリカ大リーグのワールドシリーズに勝ったシカゴ・カブスは、なんと108年ぶり3回目のワールドチャンピオンです。  上には上(もしかしたら下には下?)がいるな~(笑) 

ショ~ヘイ、本当におめでと~!  感動をありがと~!

   

TOP↑

極真空手50年の全技術

(1)①過去に空手関係では3冊の本を出版しました。  空手や試験勉強の上達のコツを書いた『やればできる!能力開発と目標達成』(1993年2月28日初版・日本実業出版社)、城西の組手技術を解説した『最強の極真空手 城西テクニック編』(1996年5月20日初版・スキージャーナル社)、黒澤浩樹(第16回全日本チャンピオン)との対談集『極真対論「勝負の諸相」』(1996年11月20日初版・スキージャーナル社)がそれです。  

②20年ぶりに『極真空手50年の全技術』(ベースボールマガジン社)という本を書きました。  私は第3回全日本大会から全て観ていますが、その後の45年間の技術発展の歴史を解説した内容となっています。  最近読んだ『教養としての日本哲学』(小川仁志著 PHP刊)の「はじめに」の中に「第1章は日本哲学の歴史について概要を学んでいただきます  何事も歴史という時間軸の中で整理するのがわかりやすいと思えるからです。」という文章がありました。  組手技術も、歴史という時間軸の中で整理するのが一番わかりやすいと思い、執筆しました。

③書店発売は9月15日です。  城西支部でも、若干の部数を特別価格で販売しますが、ベースボールマガジン社の新潟支社から、早くて16日の出荷となる予定なので、お渡しできるのは書店発売日よりは数日遅れると思います。  ご希望の方は、9月9日付けの指導員ブログを読んで下さい。


(2)指導員ブログと言えば、下高井戸道場の土曜日・一般部を指導している徳久無限の書いている『極真祭に出るまで』という記述を感心して読んでいます。  8月20日の極真祭の「35~39歳男子-75㎏級」で3位になった徳久先生が、大会出場を決めてからのトレーニング内容が書いてあります。

極真の試合には、次のようなステップで臨むべきです。

①現状把握・・・前回の試合で検証した自分の長所・短所、今回の試合の自分と同じカテゴリー出場選手全体の中における自分の相対的な実力レベル、強豪選手の長所・短所、試合までの期間、試合までに取れる稽古時間(仕事や学校があれば時間的な制約が出てくるので)

②仮説を立てる・・・①を正確に把握したことを前提として、試合までにどのようなトレーニング(技・パワー・スタミナ)をすれば、優勝・入賞できるのか。  試合直前の調整はどうするのか(試合当日には稽古疲れが取れていることが必要なので)。  どの相手とは、どのように戦えばよいのか、事前にイメージしておく。

③稽古量を積む・・・②で立てた仮説に基づいて、実際に稽古を重ねる。  空手というのは分かっただけではだめで、それを体に覚え込ませることが必要なので、ある程度の稽古量(技・パワー・スタミナ)が必要になる。  対戦者別のイメージに沿って、実際に体を動かしておく。

④実際の試合で検証する・・・実際に試合で戦って、自分の実力(技・パワー・スタミナ)を発揮する。  対戦相手との戦いにおいて、事前のイメージ通りの攻防でない場合には、試合中に戦い方を変化させることも必要。  

ある試合を目指して①~④のステップをこなした後は、次の試合に向けて新たな①~④のステップを踏むことになります。  ①~④のステップを正しく繰り返していけば、実力は必ず向上していきます。  もし、実力の伸びが見られないとしたら、①~④のどこかが正しく機能していないわけです。

徳久先生のブログを読むと、上記①~④について、きわめて科学的・合理的にステップを踏んでいることがよくわかります。  強くなるには、ただ体を動かして汗を流しているだけではダメです。  ある意味、体以上に頭を使うことが重要です。

今年の全日本大会に出場する選手たちにも、是非読んで参考にしてもらいたいと思います。


(3)①掌道鍼灸整骨院の菊澤政夫院長が『極真アーカイブス』というシリーズで、松井館長や城西OBの、過去の試合をアップしてくれています。  私は『newshodo-YouTube』というサイトで観ています。  

②落合道場で保管していた古いビデオの中には壊れていたものもあり、菊澤院長はわざわざ修理に出して、アップしてくれました。  危うく、過去の大事な映像が永遠に失われるところでした。  菊澤院長には本当に感謝しています。  

③新ルールで足掛けや捌きが有効になりました。  過去の試合では、それらが多用されています。  参考にして下さい。

(4)昨日は広島が25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たしました。  城西支部も24年ぶり5度目の全日本大会優勝になればいいな~(笑)

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT