| PAGE-SELECT | NEXT

NBAファイナル2017第5戦

1.昨日は、私が応援するゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズとのNBAファイナル第5戦が行われました。  両チームのファイナルでの対戦は3年連続で、昨年のファイナルではウォリアーズが3勝1敗から逆転負けしました。  NBA JAPANのホームページから抜粋し、番号を付けて紹介します。 
 
『①6月12日(日本時間13日)、クリーブランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズによるNBAファイナル2017 第5戦がオラクル・アリーナで行なわれ、ホームのウォリアーズが129-120でキャブズを下し、優勝を果たした。  シリーズ戦績を4勝1敗としたウォリアーズは、2015年以来2年ぶり、通算5度目の優勝となった。

②39得点、7リバウンドをあげてチームを牽引したケビン・デュラントがファイナルMVPを受賞した。  ウォリアーズはそのほか、ステフィン・カリーが34得点、アンドレ・イグダーラが20得点をマークし、勝利に大きく貢献した。

③33-37とキャブズにリードを許して第1クォーターを終えたウォリアーズは、第2Qにデュラントが13点、イグダーラが8点をあげるなど、チーム合計38得点の猛攻(23失点)を見せて逆転に成功する。  前半を71-60と11点リードで折り返すと、後半もたびたびキャブズの追撃を受けながらも、それを上回る攻撃力を発揮し、勝利を掴みとった。

④敗れたキャブズは、レブロン・ジェームズがゲーム最多の41得点、13リバウンド、8アシストと圧巻のプレイを披露。  そのほか、カイリー・アービングが26得点、JR・スミスが3ポイントショット8本中7本を沈めて25得点をマークした。

⑤第1Qにジェームズとアービングがそれぞれ12得点をあげる活躍でリードを奪ったキャブズは、第2Qに入ってウォリアーズの攻撃を止められず逆転を許す。  だが、続く第3Qにはアービングが10得点、トリスタン・トンプソンが7得点、スミスが3Pを2本中2本沈めるなどして点差を縮め、第4Q序盤には3点差(95-98)まで詰め寄った。

⑥それでもウォリアーズのデュラント(第4Q11点)、カリー(同9点)、イグダーラ(同7点)らの波状攻撃によって徐々に点差を広げられ、残り3分あまりで14点差(110-124)とリズムを引き寄せられず。  ジェームズは第4Qだけで14得点と必死の抵抗を試みたものの、ウォリアーズの背中を捉えるには至らなかった。

⑦3年連続同一カードとなった史上初のNBAファイナルは、2年前の王者ウォリアーズが昨季の王者キャブズに借りを返す形で幕を閉じた。  ウォリアーズは今季のポストシーズンで16勝1敗、勝率94.1%を記録した。』

早速、「ファイナル優勝記念 ロッカールーム Tシャツ」を予約注文しました(笑)


2.以下は、6月1日付け『本郷孔洋のビジネスの眼』からの引用です。 

『「なぜ手術室から逃げたのか、お話しいただけますか?」  病院の理事が患者に尋ねた。
 
「なぜって、看護婦が『大丈夫、盲腸の手術はとても簡単なのよ』って言い聞かせたんです。」
 
「それで、、、。」
 
「それで?」  男は声を上げた。
 
「彼女はね、先生に向かって言ってたんですよ!」
                      
                    (ジョーク集より)』

TOP↑

第51回スーパーボウル

今日は朝からテレビで第51回スーパーボウル観戦でした。  NFL JAPANの公式サイトから試合の模様を抜粋し、番号を付けて紹介します。

『試合前から多くの注目を集めたのは今回で出場7度目のクオーターバック(QB)トム・ブレイディ率いるニューイングランド・ペイトリオッツと、今季MVPに輝いたQBマット・ライアン率いるアトランタ・ファルコンズのトップQB対決。  試合はファルコンズ優勢の展開となり、前半は大量リードを保っていたものの、第4クオーターにペイトリオッツが逆襲に転じて終了間際に同点に追いつく。  スーパーボウル史上初の延長戦は勢いを維持したペイトリオッツがタッチダウンを決め、チームとしては5回目のスーパーボウル制覇を成し遂げた。

1.第1クオーター・・・ファルコンズはRBデボンタ・フリーマンの37ヤードランで前進したものの、その後にライアンがサックされるなどして得点圏まで進入するチャンスを逃した。  ペイトリオッツ攻撃陣もブレイディのパスで攻撃を組み立てたいところだが、ファルコンズのディフェンシブタックル(DT)グレイディ・ジャレットにサックを食らうなど、思うように前進できない。  両チームとも攻撃がかみ合わず、スコアゼロのまま第1クオーターを終えている(0対0)。

2.第2クオーター・・・①ペイトリオッツは、ブレイディからエデルマンへの27ヤードパスで敵陣まで前進するも、直後のプレーでブラントがファンブルし、ファルコンズにリカバーされてしまう。  守備陣から勢いを得たファルコンズ攻撃陣は、ライアンがこの試合初めてWRフリオ・ジョーンズへのパスをコンプリートさせて攻撃のリズムをつかむ。  ドライブの最後は再びフリーマンがエンドゾーンに持ち込んでファルコンズが先制タッチダウン(エキストラポイントキック1点を含め7点)を決める(7対0)。

②チームとして勢いに乗ったファルコンズは、ライアンが落ち着いた様子でWRテイラー・ガブリエルとジョーンズに立て続けにパスを通して敵陣まで攻め込む。  最後は新人タイトエンド(TE)オースティン・フーパーがライアンからの19ヤードパスをエンドゾーンでつなげてタッチダウンを収める(14対0)。

③反撃に出たいペイトリオッツは、ブレイディがWRダニー・アメンドーラを狙って放ったパスを敵守備陣のコーナーバック(CB)ロバート・アルフォードにインターセプトされてしまう。  アルフォードがそのまま82ヤードを走ってリターンタッチダウンを挙げる(21対0)。

④クオーター終了前にはペイトリオッツが敵陣15ヤードまで攻め込んだが、タッチダウンを奪うことができず、最終的にはフィールドゴール(3点)を決めて、ファルコンズにリードされたまま前半を終えている(21対3)。

3.第3クオーター・・・①後半に入ってもファルコンズは手を緩めることなく攻撃を続け、クオーター序盤にはコールマンがライアンからの6ヤードパスをつなげて難なくタッチダウンを成功させ、さらにペイトリオッツを突き放す(28対3)。

②ペイトリオッツも直後のドライブではブレイディがパスに加え、自ら15ヤード走るなどして敵陣まで攻め入った。  ペイトリオッツはここでブレイディからRBジェームス・ホワイトへの5ヤードパスでタッチダウン(6点)するも、キッカー(K)スティーブン・ゴストコウスキーが直後のエキストラポイントキック(1点)を失敗してしまう(28対9)。

4.第4クオーター・・・①大量リードを許して最終クオーターに突入したペイトリオッツは、ブレイディからTEマーテラス・ベネットへの25ヤードパスでエンドゾーン手前まで進むも、ブレイディが再びジャレットにサックされ、結果的にタッチダウン(6点)ではなくフィールドゴール(3点)で点差を16点に縮める(28対12)。

②ペイトリオッツ守備陣のMLBドンタ・ハイタワーがライアンからサックを決めると同時にファンブルを誘い、ペイトリオッツが敵陣でボールをリカバー。  ペイトリオッツはこのチャンスにブレイディからアメンドーラへの6ヤードパスでタッチダウン(6点)し、直後の2ポイントコンバージョン(2点)も成功させて一気に8点差に詰め寄った(28対20)。

③試合時間3分あまりを残してボールを手にしたペイトリオッツ攻撃陣は、エデルマンが一度ディフェンスに弾かれたブレイディのパスを、地面すれすれのところでキャッチするビッグプレーを披露して敵陣に進入。  勢いに乗ったペイトリオッツはさらにブレイディからホワイトへの7ヤードパスで敵陣1ヤードまで攻め込み、最後もホワイトが押し込んでタッチダウン(6点)。  直後にはアメンドーラがブレイディのパスをつなげて、2ポイントコンバージョン(2点)を成功させ、ペイトリオッツが土壇場で試合を振り出しに戻してみせた(28対28)。

5.延長戦・・・延長戦で最初にボールを手にしたペイトリオッツは、再びブレイディがアメンドーラ、ホーガンへのパスを通して敵陣まで進む。  ペイトリオッツは、その後も敵のペナルティで敵陣2ヤードまで前進し、最後はホワイトが押し込んでタッチダウン(6点)。  (ルールは延長戦で最初にタッチダウンしたチームが勝ちになるサドンデス・システムなので)ペイトリオッツがスーパーボウル史上最高の逆転劇でNFLの頂点に返り咲いた。』

アメリカンフットボールのルールが分からない方には難しかったかもしれませんが、上の3.②にあるように第3クオーター終了時では28対9で負けていました。  そこから第4クオーター(15分間)で並び、延長戦で逆転勝ちです。  尋常な精神力ではありません。  すごい試合を観ました。

私がペイトリオッツを応援し始めたのは2007年シーズンです。  そのシーズンの第42回スーパーボウルとその後の第46回スーパーボウルには出場するものの敗れました。  今回は一昨年の第49回スーパーボウルに続くスーパーボウルチャンピオンです。

今後はNBAファイナルに向けて、ゴールデンステイト・ウォリアーズの応援です。  もちろん、チーム城西も忘れてはいませんよ(笑)

TOP↑

本棚の整理

毎年、最後のブログのタイトルは『本棚の整理』です。  その年に買って(一部は著者からいただいて)読んだ本でブログで紹介しきれなかったものをリストアップしています。  リストアップ後は処分する本と保管する本に整理します。  ブログで内容紹介した本は保管しますが、それ以外の本は保管スペースの問題もあり、一部を除いてほとんど処分しています。  

将来また読みたくなったとしても、昔と違って今はアマゾンがあるので、入手は簡単です。  新聞広告などで見た本を以前は駅の本屋さんに注文していました。  今年からはもっぱらアマゾンです。  引き落とし口座も登録してあり、ワンクリックで買うと新刊は送料無料で2~3日で自宅の郵便受けまで配送してくれます。  

絶版になっている古い本も、以前だと神保町の古本屋を捜し歩く必要がありましたが、これもアマゾンで完結です。  私のような本好きには夢のような時代になりました。

・『知的生活習慣』(外山滋比古 ちくま新書)
・『激しき雪』(山平重樹 幻冬舎)
・『YKK秘録』(山崎拓 講談社)
・『終わった人』(内館牧子 講談社)
・『世界を動かす巨人たち』(池上彰 集英社新書)
・『平常心のコツ』(植西聰 自由国民社)
・『北の富士流』(村松友視 文藝春秋)
・『佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?』(竹内久美子・佐藤優 文藝春秋)
・『運を味方にする』(片桐ロッキー寛士 幻冬舎)
・『山口組分裂の真相』(一宮美成ほか 宝島社)
・『山口組分裂抗争の全内幕』(盛力健児ほか 宝島社)
・『透明な力』(木村達雄 講談社)
・『合気修得への道』(木村達雄 どう出版)
・『グローバリズム以後』(エマニュエル・トッド 朝日新書)
・『新富裕層の研究』(加谷珪一 祥伝社新書)
・『透明な力』(木村達雄 講談社)
・『総理の誕生』(阿比留瑠比 文藝春秋)
・『超分類!キャッチコピーの表現辞典』(森山晋平 誠文堂新光社)
・『禅』(鈴木大拙 ちくま文庫)
・『田中角栄』(服部龍二 講談社現代新書)
・『政治家の殺し方』(中田宏 幻冬舎)
・『武道の力』(時津賢児 大和出版)
・『露伴と道教』(瀬里廣明 海鳥社)
・『蘇東坡(上)(下)』(林語堂 講談社学術文庫)
・『周易参同契』(鈴木由次郎 明徳出版社
・『游塵』(幸田露伴 東京出版)
・『精神世界の扉』(成瀬雅春 BABジャパン)
・『ヨガを科学する』(ウィリアム・J・ブロード 晶文社)
・『クンダリニー大全』(ボニー・グリーンウェル ナチュラルスピリット)
・『クンダリニー』(ゴーピ・クリシュナ 平河出版社)
・『中国武術史』(林伯原 技藝社)
・『近代中国における武術の発展』(林伯原 不昧堂)
・『中国武術史大觀』(笠尾恭二 福昌堂)
・『酔鬼張三伝』(景嘉ほか 新人物往来社)
・『ヨガ×武道』(小沢隆ほか BABジャパン)
・『図説中国武術史』(松田隆智 新人物往来社)
・『ベターッと開脚』(Eiko サンマーク出版)
・『バブル』(永野健二 新潮社)
・『住友銀行秘史』(國重惇史 講談社)
・『言ってはいけない』(橘玲 新潮新書)
・『宮本武蔵 五輪書』(魚住孝至 NHK出版)
・『五輪書現代語訳』(大倉隆二 草思社文庫)
・『成功している人はなぜ神社に行くのか?』(八木龍平 サンマーク出版)
・『教養としての日本哲学』(小川仁志 PHPエディターズ・グループ)
・『ウシジマくんvsホリエモン 人生はカネじゃない!』(堀江貴文 小学館)
・『学校では教えてくれない地政学の授業』(茂木誠 PHPエディターズ・グループ)
・『ニュースの“なぜ?”は世界史に学べ』(茂木誠 SB新書)
・『夫のがんを消した最強の食事』(薩摩智恵子 かんき出版)
・『司馬遼太郎 リーダーの条件』(半藤一利ほか 文春新書)
・『宋名臣言行録』(朱熹 ちくま学芸文庫)
・『南極のペンギン』(高倉健 集英社文庫)
・『塩分が日本人を滅ぼす』(本多京子 幻冬舎新書)
・『糖質制限の真実』(山田悟 幻冬舎新書)
・『必ず書ける「3つが基本」の文章術』(近藤勝重 幻冬舎新書)
・『偶然を生きる』(冲方丁 角川新書)
・『日本武術神妙記』(中里介山 角川ソフィア文庫)
・『精選日本剣客事典』(杉田幸三 光文社文庫)
・『超巨人・明の太祖朱元璋』(堺屋太一 講談社文庫)
・『鬼谷子』(高橋健太郎 草思社)
・『本当に残酷な中国史』(麻生川静男 角川新書)
・『天才』(石原慎太郎 幻冬舎)
・『気・瞑想・ヨーガの健康学』(本山博 名著刊行会)
・『座禅・瞑想・道教の神秘』(本山博 名著刊行会)
・『「運」を育てる』(土田浩翔 KADOKAWA)

今年もお世話になりました。  私にとっては『極真空手50年の全技術』の出版や鎌田翔平の第48回大会優勝、など本当にありがたい一年でした。

2017年が皆さんにとって素晴らしい年となりますよう、お祈り申し上げます。

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT