| PAGE-SELECT | NEXT

高橋是清

1.10月8日のブログで取り上げた『人生の手引き書』(渡部昇一著 扶桑社新書)の中に高橋是清に関する記述がありました。  『「自分はツイている」という自己暗示が、幸運を呼び込む』の項から紹介します。

『①運を呼び込むためには、「自分はツイている」という思い込みも重要である。

②明治から昭和にかけて活躍した政治家、高橋是清は、この「自分はツイている」という思い込みで幸運を呼び込んだ人の例の一つだろう。この人の伝記を読むと、子どものころから自分は絶対に運がいいはずだと信じ込んでいたことがよくわかるのだ。

③高橋是清は、幕府の御用絵師の子として江戸時代に生まれ、その後、仙台藩の足軽の養子となった。  晩年、「ダルマさん」と呼ばれた是清だが、幼いころからコロコロとした可愛らしい子どもだったという。

④ある日、神社で遊んでいると、たまたま伊達家の奥方が神社にお参りに来た。  小さな是清は、身分が高い人であるにもかかわらず、ものおじせずにニコニコとして近寄って行った。  その姿がなんとも愛くるしかったため、奥方に可愛がられ、翌日にはお屋敷にも呼ばれて殿様にも可愛がられるようになったそうだ。  それが機縁でアメリカに行くことになった。

⑤こういうことがあったため、是清は自分には運がついていると思うようになった。  そして、それが、彼の活躍につながるのである。

⑥たとえば、日露戦争の資金調達のためにイギリスを訪れたときのことだ。  千万ポンド必要なところ、イギリスからは五百万ポンドしか引き出せなかった。  普通ならば、落胆しきって顔色も悪かったことだろう。  何しろ、日本の命運が自分の両肩にどっしりとのしかかり、資金調達の失敗は、日露戦争に敗けることを意味したからだ。  体中に悲壮感が漂っていても、おかしくない。

⑦ところが、是清はこのような大ピンチのときにも、「オレは運のいい男なのだから、きっとなんとかなる」と思っていた。  そして、それが本当に、なんとかなってしまったのである。

⑧ある夜、是清はある銀行家のパーティーに招待された。  そこでたまたま隣に座った男と話が弾むのだが、これがユダヤ人で反ロシアだったのだ。  話すうちにすっかり是清を気に入ったその男は、残り五百万ポンドの資金援助を約束してくれたのである。

⑨このユダヤ人との遭遇は、まさしく偶然であり、運としか言いようがない。  そして、是清がそのユダヤ人の前でしょんぼりとうなだれているだけだったら、意気投合することはなかったかもしれない。  是清が運を信じて体中から運気ともいうべきものを発散させていたからこそ、この遭遇と、それに続く幸運があったのだろう。

⑩是清の例に限らず、「自分は絶対に大丈夫だ」と、根拠のない自信を抱いている人は、結構いる。  これは、ある種の自己暗示であり、この自己暗示が、本当に幸運を導いてくれることも、たまさかではないのだ。』

2.高橋是清がアメリカ留学に際してだまされ、奴隷のような生活を強いられたことは有名です。  以下はネットからの引用です。

『横浜に滞在していた貿易商に学費や渡航費を着服されたうえ、ホームステイ先では年季奉公の契約書にサインしてしまったのです。  当時の年季奉公は最低限の食料品と日用品が与えられる程度で、労働に従事しなくてはいけません。  彼はここで奴隷のような生活を送らなくてはいけなくなってしまったのです。  しかし、彼はここで英語力を身に着けたのです。  彼にとって英語力はまさに生きるために必須の能力だったことでしょう。』

「だるま宰相」と呼ばれた高橋是清ですが、風貌が似ていただけでなく、その人生もまさに「七転び八起き」でした。  そんな中でも、「オレは運のいい男なのだから、きっとなんとかなる」ってスゴイですね。

TOP↑

恩人を大切にする

『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運のよくなる生き方」』(西中務著 東洋経済新報社)を読みました。  「恩人を大切にする」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①大阪に十川(とがわ)ゴム製造所という会社がありました。  日本のゴムホースのトップメーカーなのですが、この会社の創設者である十川栄さんにはこんなエピソードがあるそうです。

②青年時代、十川さんはゴム製品を販売する小さな店に勤めていました。  (中略)  ところが、ある日、十川さんの勤める店は突然、倒産します。  倒産すると、債権者が押し掛け、店の物から主人の家財道具まで差し押さえていきます。  その様子を見ながら、店の従業員たちは当然のことながら、次々と店を出ていきました。  ところが、出ていく同僚たちをしり目に、十川さんは店に残ったのです。  真面目で信用されていた十川さんは、他の店や会社から高給で誘われていたのですが、それを断った。

③「私は給料の額で自分の行く道を決めない。  これまでお世話になったご主人を見捨てるようなことはできない」  理由を聞かれて、こう答えたそうです。  そして、店のご主人の家財道具が競売にかけられた日、十川さんは自分の(コツコツと貯めてきた)貯金を全部下ろしてそれを買い取り、ご主人に渡しました。  

④ご主人を助けた後、ようやく独立したのですが、そのときには十川さんの人柄を見込んで彼の事業を援助しようと申し出る人が何人も出て、会社はたちまち発展します。  さらに、十川さんは、会社が成長すると元のご主人を工場長に迎えました。  そのうえ、ご主人がなくなると遺族の世話まで見たのです。

⑤「なぜ、そこまでするんですか」と尋ねられたとき、十川さんは「ご主人は恩人だからです。  ご主人が仕事を教えてくれたから、私は今の道へ進めたのですから」と答えたそうです。  これほどまで、恩人を大切にしたからこそ、十川さんは社会的信用を得られたわけです。

⑥有名な経営学者、ドラッカー氏は言っています。  「経営者が身につけていなければならない資質とは、天才的な才能ではなく、品性だ」  品性とは人徳のことです。  恩人を忘れない人徳の高さが、運を導く。  私たちも十川さんにならい、人徳を磨きたいものです。』

「元のご主人を工場長に迎え、最終的には遺族の世話まで見る」なんて、中々できることではありませんね。  感動しました。

TOP↑

「運」を育てる

1.麻雀のプロである土田浩翔さんが書かれた『「運」を育てる』(KADOKAWA)を読みました。   「まえがき」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「運」とは何か?  「運」を知る前の私は、データ収集と分析に熱中していました。  〝数字〟を突き詰めていけば、麻雀を解き明かすことができると信じていたのです。  とても愚かでした。

②運命の出会いがあり、「運」の動きに気づきました。  その日から見えない「運」を感じたいと思いました。  感じるためには〝気づきの量〟を増やしていく必要があり、日常生活から自分を見つめ直しました。

③「運」の動きに気づいてからは、自分を変えたいと思いました。  そのためには〝認めたくない自分〟を受け入れる必要がありました。  

④「運」を育てることは、「心」を育てることにつながっていきました。  「運」と向き合い、自分の目指すべき〝道〟が見えてきました。

⑤人との勝ち負けよりも、自分の内面との闘いに勝ちたいと思うようになりました。  そして「運」を磨いていくための精神を伝えていきたいと思いました。  

⑥「勝つこと」よりも「克つこと」が大切なんだと気づいたのです。』

上の⑥について、「真のコミュニケーションを築く」の項で解説されているので、併せて紹介します。

『①勝つ人がいれば、負ける人もいるわけで、4人で打っている以上、負けることなんていくらでもあるわけです。  そうなると何に対して負けたのかということになっていきます。

②目に見えている点棒や着順など勝ち負けの基準ではありません。  「自分自身に負けないようにしよう」  これが勝ち負けの基準です。

③自分に負けたときが負けで、相手に負けたことは負けではないのです。  麻雀の本質はそこにはありません。

④自分を育て、高めてくれるのが麻雀の本質です。  相手と競い合うゲームとして捉えてしまうと虚しいだけなのです。』 

極真の試合も同じだと思います。  トーナメントでは優勝者以外は必ず試合に負けます。  でも、負けたからといって全て価値がないかというと、そうではありません。  

「苦しくて途中であきらめた」「相手を過小評価し、油断して技ありを取られた」など自分自身に負けた場合は「負けた」と言ってもいいでしょう。  

しかし、「判定では負けたけど、強い相手に対してひるまずに立ち向かった」「本戦の終盤で苦しくなったけど、我慢して延長戦に持ち込んだ」「下段蹴りを効かされたけど、最後まで倒れなかった」などといった場合には「克った」と言えると思います。


2.「打ち砕かれたデータ分析」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①少しばかり天狗になっていたある晩。  あるお客さんから「麻雀は勝負だよ、おまえの麻雀はよくできているけどひ弱だ。  一晩、俺の後ろで見てろ」と言われたのです。  日々勝っているのに、何をいまさらと思ったのですが、目からウロコが落ちました。

②その人の麻雀は〝心理を突く麻雀〟でした。  アガリ牌の待ち方も、理屈で考えられない待ち方をするのです。  両面待ちになるところをあえてカンチャン待ちにしてリーチ。  すると河が、自然に待ち牌が出やすくなるように変化し「これはないだろう」なんて言いながら誰かが切った牌に「ロン」の声。

③相手は予測不可能なことに遭遇し、心が揺らぎはじめていくのです。  一旦揺らぎはじめたらもう自由自在。  普通に手牌を進めていても、相手は勝手に疑心暗鬼になっていき、しまいには恐怖心を抱くようになっていくのです。  (中略)

④データを突き詰めていけば麻雀を解き明かすことができる、と信じていた自分が恥ずかしくなりました。』

麻雀用語を知らない方には分かりにくいかもしれませんが、空手でも十分に通じる内容だと思います。  極真の試合も、その本質は肉体・頭脳・心理の総力戦ですから。

余談ですが、うちのカミさんは今日も昨日に続き麻雀に出かけました(笑)  でも、年を取ってから、大好きで打ち込めるものがあるのは素晴らしいことだと思います。  今回紹介した本も、カミさんが観ていたテレビの麻雀番組で紹介されていたので購入しました。  


  

TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT