2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

寛容な心

『九十歳。何がめでたい』(佐藤愛子著 小学館)を読みました。  「子供のキモチは」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①今から11年前、こういう出来事があった。  愛媛県今治市の小学校で、6年生の男子がサッカーボールを蹴っていたところ、ボールが校門の扉を越えて、丁度オートバイで走って来た老人に当たりそうになった。  老人はそれをよけようとして転倒し、足を骨折し入院。  それから1年4か月後に肺炎で死亡した。

②すると老人の遺族は少年の両親に5千万円の賠償を求めて提訴した。  少年の両親が監督義務を怠ったという理由である。  それに対する判決は一審二審共に両親の監督責任を認め一審1500万、二審1180万円の賠償を命じた。

③何ともおかしな話である。  少年は校庭でサッカーをしていた。  (中略)  それがなぜ親の「監督不行届き」になるのだろう?  親は子供が学校にいる間もその行動を監督しなければならないのか?  ボールを蹴る時は校門の外に出ないように、やさしく蹴るようにと教えなければいけないというのか?

④老人は転倒して骨折したが、それが原因で死亡したのではない。  亡くなったのはそれから一年半も経ってからで、しかも肺炎で亡くなっている。  足の骨を折ったのがもとで肺炎を引き起こすという話は世界中、聞いたことがない。

2.①我が国には昔から「運が悪かった」という言葉があり、不慮の災厄に遭った時など、この言葉を使って諦めて耐えるという「知恵」を誰もが持っていた。  人の世は決して平坦な道ではないということを皆が知っていた。  知っているからこそ親は子に耐えることや諦めることを教えた。 

②耐え難きを耐え許し難きを許すこと、それは最高の美徳だった。  自分がこうむったマイナスを、相手を追い詰めて補填(つまり金銭で)させようとすることは卑しいことだった。

③かっての日本人は「不幸」に対して謙虚だった。  悪意のない事故も悪意のある事故もゴチャマゼにしてモトを取ろうとするガリガリ亡者はいなかった。  今はそのガリガリ亡者の味方を司法がしている。  (中略)

3.①しかしこの春、事件から11年を経て、事件はようやく最高裁によって正しい判決が下された。  「危険がない遊びなどで偶然起きた事故ならば責任は免れる」という判決が示されたのである。  この国の司法にもまだ良識が生き残っていたのだ、と私の胸のつかえは一応下りた。  11年ぶりで少年の家庭から暗雲が去ったのである。

②しかし11年とはあまりに長い年月だ。  6年生だった少年は22、3になっている。  その長い思春期を彼はどんな思いで過ごしたのだろう。  彼は楽しくボールを蹴っただけだ。  それ以外にどんな悪いことをしたのか・・・。  (中略)

③そこで学校はゴールの位置を動かすなどし、教育委員会は「今後も学校施設の安全管理を徹底して行ってまいりたい」と語ったという。

④ナニが「行ってまいりたい」だ。  そんなことはどうだっていい。  そんなことより少年の心のうちを考えるべきだ。  損得よりも寛容な心を持つ人間が増えさえすれば起こる問題ではないのである。』

TOP↑

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月