2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月

稀勢の里の優勝

1.このブログでもたびたび紹介していますが、私のスポーツTV鑑賞と言えば、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツの試合とNBAのゴールデンステイト・ウォリアーズの試合です。  WOWWOWエキサイトマッチでボクシングの世界戦LIVEも観ます。

日本のものでは大相撲と柔道の日本選手権を観ます。  特に大相撲観戦は私が格闘技を好きになった原点で、初代・若乃花の応援から始まりました。  60年も前の話です(笑)

長い大相撲観戦歴の中で非常に感動した取り組みが二番あります。  一つは1975年3月場所の優勝決定戦で初代・貴ノ花が横綱・北の湖を破って初優勝を遂げた一番です。  もう一つは2001年5月場所の優勝決定戦で、14日目に右膝半月板を損傷する大けがを負った二代目・貴乃花が横綱・武蔵丸を破って22回目となる最後の優勝を果たした一番です。


2.昨日の稀勢の里の優勝は、それらに匹敵する一番でした。  スポニチアネックスにその二代目・貴乃花(現・貴乃花親方)のコメントが出ていたので、抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①稀勢の里は本当によく頑張りました。  逆転での優勝は横綱としての責任を果たした結果で、立派だと思います。

②13日目の日馬富士戦で左肩辺りをケガしたと聞きましたが、得意の左おっつけが出せるのかと心配しながら見ていました。  14日目は鶴竜にあっけなく負けてしまい、千秋楽も厳しい戦いになるのかな、と。  

③本割では左に変化して、痛めた左をなんとかねじ込もうとし、照ノ富士の動きを止めたことが良かったと思います。  押し込まれながらも、うまく回り込んで右からの突き落としで勝利をもぎ取りました。

④こうなると勝っている方が気持ちに余裕が出てきます。  決定戦で支度部屋に戻ってきた稀勢の里の顔を見たのですが、実にどっしりとしていました。  大関の時には自信がなさそうだったのに、横綱になり、本当に殻をひとつ破ったようです。  風格というか、堂々としたものを感じました。  

⑤立ち合いで相手にもろ差しを許しながら放った右からの小手投げは執念でした。  絶対に優勝するという強い気持ちが相撲に出ていたと思います。  照ノ富士も左膝が万全ではないうえ、疲れが出たのか、足が送れていませんでした。』


3.ネット版のスポーツ報知に、昨夜のNHK「サンデースポーツ」に出演した際の模様が出ていたので、これも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①杉浦友紀キャスターの質問に答える形で、「応援のおかげでここまで来られた。  うれしい」と第一声。  13日目に左肩付近を負傷したが、「詳しいことは分からないけれど、たぶん大丈夫だと思います。  (本割の取組後は声援を受け)痛くはなかったですね」と答えた。

②本割での左の変化について問われると「足は元気なんでね。  足で何とかしようと…。  作戦というか、上手を取られたけれど動き勝ちというか」と振り返った。  

③優勝決定戦での小手投げについては「最後に賭けたって感じですね。  土俵際というか、そこに賭けていましたね。  (先代の師匠、元横綱・隆の里の鳴戸親方は)いつも稽古場で土俵際が面白いって言っていたので、(土俵際の)そこなんだよって。  いつも言っていたので、力を出せたのは教えのおかげというのもありました」と感謝を忘れなかった。

④君が代斉唱中の涙について聞かれると「お見苦しい姿をお見せしてすみませんでした。  色々な思いが…。  いろんな人の支えが…。  感謝の気持ちを思い出して涙が出ました」と話した。』


4.今年2月のスーパーボウルで3対28の25点差から逆転勝利したペイトリオッツといい、昨日の手負いの稀勢の里の優勝といい、大感動の勝利が続いています。  月並みですが、「最後まであきらめないこと」ですね。




 








TOP↑

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年04月