2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

2017国際親善大会・第6回世界ウェイト制大会

一昨日は2017国際親善大会、昨日は第6回世界ウェイト制大会でした。  チーム城西の結果と気づいたことを書いてみます。

1.4月15日(土)2017国際親善大会

①江島陽向(組手6歳男子の部第3位)・・・準決勝で身長で15cm・体重で7kg大きな選手に判定負けしました。  私がいた本部席から遠い第11コートでしたので、森善十朗に確認したところ、「相手選手は身長が高く、動きの速い選手でした。  ボディーに膝蹴りや前蹴りを多く蹴られ、お腹を効かされて動けなくなり、3-0(審判は3人制)の判定負けです。」とのことでした。  次に同じような大きな相手と当たったときにどう戦うべきか、ぜひ研究してもらいたいです。

②中水流梨央(型10歳の部優勝・組手10歳女子+35kg級準優勝)・・・型については「力強さ」と「一つ一つの技の伸び」が評価されたように感じました。  組手の決勝戦の相手は身長で10cm・体重で12kg大きな選手です。  序盤はうまく戦っていましたが、瞬間的な隙をついた上段前蹴りで技有りを取られました。  自分より手足の長い相手と戦う時、リーチにまさる相手の「出会いがしら」と「離れ際」の上段への攻撃には注意が必要です。  残念ながら連覇はなりませんでしたが、型と組手の両方で決勝に進むということは大したものだと思います。  組手での次回の雪辱に期待します。  

③林秉天(組手壮年40~44歳以下-70㎏級第3位)・・・第9コートも遠かったので、森に確認したところ「前半は打たれすぎており、後半はまとめきれず、3-0の判定負け」とのことです。  昨年の準優勝に続き、安定した成績を収めています。  でも、ここから一歩抜け出るには、昨年のブログにも書きましたが、継続的なウェイトトレーニングによるパワーアップが必要だと思います。

④中水流嘉臣(組手壮年40~44歳以下-80㎏級第3位)・・・林さんと同じ第9コートでしたので、森が中水流さんのコメントをもらってくれました。  「準決勝は完全に打ち負けました。  もう1ランク、2ランクも上の打ち合い技術やスタミナを身に付けないと優勝には手が届かないですね。  ただ、ここ一年取り組んできた押すパンチじゃなくて効かせられるパンチを!という課題については改善の兆しが見えはじめたように思います。 旗は3-0で全部向こうにあがりました。」とのことです。  今後の工夫研究に期待します。

⑤吉村基(ユースエリート16歳17歳男子+75㎏級第3位)・・・優勝した高橋扶汰選手に本戦判定負けしました。  試合後に本人にも話しましたが、昨年末の関東大会決勝での高橋選手との試合に比べ「その差は相当に詰まってきたな」との印象を受けました。  特に相手の攻撃に対する下段廻し蹴りの返しが速く、的確でした。  サポーターを付けない一般の試合だったら、下段が効いてくるので違う展開になったかもしれません。  でも、後半になって疲れたのか、突きの連打で場外に押し出されたのは反省する必要があります。  あれがなければ、延長戦も十分にあり得ました。

紙面の関係で入賞した選手のみ取り上げましたが、他の選手についても僅差の判定負けで勝ち上がれなかった試合が多く見られました。  
試合の後などでよく話しますが、「負けた試合の中でも良かった点や向上した点を見つける」ことは、「勝った試合の中でも反省点を見つける」ことと同じぐらいに重要です。  「正確に自分を評価」し、「普段の稽古で、今回の試合で気づいた良かった点を伸ばし、反省点を修正」することが次の試合での勝利につながるのです。  
大山倍達総裁がいつも「早く強くなろうと焦ることはない、じっくり時間をかけて強くなるんだ」と言われていました。  「10年・20年の計」での強化でよいのだと思います。

2.4月16日(日)第6回世界ウェイト制大会

鎌田翔平が重量級で優勝しました。  ここ数年の海外選手の中で、私自身の評価ではオレクサンダー・イエロメンコ選手が実力ナンバーワンです。  そのイエロメンコ選手に危なげなく勝った決勝戦を見て、「この強さは本物だな」との実感を持ちました。  これで昨年の第33回全日本ウェイト制・第48回全日本に続いて負け知らずです。  
ただ、新ルールの応用に関しては若干意識し過ぎており、空回りした印象を持ちました。  全盛期の松井館長について、大山泰彦師範が当時の『パワー空手』紙上に書かれていたコメントが記憶に残っています。  「松井選手の一番優れているところは攻撃の殺気を消せるところだ」というコメントです。  つまり、上段への蹴りでも「当てよう当てよう」とすればするほど、その意図が相手に察知されたり、自分自身が力んだりして、かえってヒットしないものです。  今後の課題と言えばそこだと思います。  無意識のうちに上段蹴り・捌き・足掛けが出ることが理想です。

選手・セコンド・応援の皆さんお疲れ様でした。  私自身も、初日全11コートの同時進行の中でチーム城西の選手の試合を、なるべく見逃しの無いように追うのは、疲れました(笑)  また頑張りましょう。


TOP↑

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月