2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

正確な情報

1.6月27日と8月27日のブログで、1945年に終わった太平洋戦争の敗因について書かれた本を紹介しました。  今回は『帝国軍人の弁明』(保坂正康著 筑摩選書)を取り上げます。  「第2章 堀栄三『大本営参謀の情報戦記』を読む」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①昭和陸軍の情報をうとんじる体質は、1944年10月の台湾沖航空戦を見ても充分に窺える。  この航空戦は(1941年12月の)真珠湾攻撃以来、まったく勝つことのできなかった日本軍が珍しく大戦果をあげたということで、国を挙げて旗行列を行った。

②「大本営発表」によると「台湾沖航空戦では、轟撃沈が空母10隻、戦艦2隻、巡洋艦3隻、駆逐艦1隻、撃破は空母3隻、戦艦1隻、巡洋艦4隻、艦種不詳11隻」という大戦果である。  ところがこれがまったくの偽りであった。  空母など1隻も撃沈していなかった。  (中略)

③情報をうとんじる、あるいは正確な情報を求めるより、集団で容認した虚構をそれぞれが信じることで、安心する心理が生まれていたのである。  (中略)  50万人余りの日本軍将兵が死ぬレイテ決戦はまさに虚構の上に成り立っていたのである。』


2.1の『大本営参謀の情報戦記』(堀栄三著 文春文庫)も読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①情報は収集するや直ちに審査しなければならない。  こんなことは情報の初歩の常識である。  航空戦の場合はいったい、誰が、どこで、戦果を見ているのだろうか?  

②真珠湾攻撃のときは戦果の写真撮影があって、戦果の確認が一目瞭然であった。  その後の航空戦では、真珠湾のときのような戦果の確認が出来ていない。  (中略)

③航空戦の実相は、戦闘参加機以外のだれかが、冷静に写真その他で戦果を見届ける確認手段がない限り、誇大報告は避けられない。  極限に立たされた人間には、微妙な心理が働くものである。  戦術ばかりでなく、情報参謀にはそうした心理学的研究も必要であった。  (中略)

④米軍は常に戦果確認機をだして写真撮影するのが例になっているが、日本の海軍でも陸軍でもその方法は採られなかった。  これが国運を左右する結果を招いてしまったことは、将来とも肝に銘ずべきことであろう。  とにかく目で見ることは戦果確認に一番大事なことであった。』


3.空手の試合においても、自分と対戦相手の情報を正確に把握することが大切です。  試合での戦術は、正しい情報を前提として構築するものだからです。  自分を過大評価し、相手を過小評価してはいけません。  もちろん自分を過小評価し、相手を過大評価することも良くありません。  

極真の選手にとっては、さまざまな映像を見ることと同時に、機関紙である『ワールド空手』を読むことは必須だと思います。  海外勢を含め、多くのライバル選手の情報が載っているわけですから。

明日は城西カップです。  大会当日も、対戦予定選手の試合を見て、最新の情報を得ておくことは大事です。  選手の皆さんの健闘を祈ります。  

TOP↑

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月