2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月

リアリズムを語る

1.『不死身の特攻兵』(鴻上尚史著 講談社現代新書)を読みました。  「精神主義の末路」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①こんなエピソードがあります。  東条英機首相が飛行学校を訪れ、学生にどうやって敵機を撃ち落とすかと質問し、学生たちは「高射砲でこう撃てば・・・」と答えたら、東条は、「違う。  精神で撃ち落とすんだ」と答えたのです。

②東条は首相であり、同時に陸軍大臣でした。  首相として、まして陸軍大臣としては、これは言うべき言葉ではありません。  敵機は「精神」では撃ち落とせないのです。

③けれど、「精神」で撃ち落とすと最高責任者が言ってしまったら、撃ち落とせない時、その理由は、高射砲の性能の限界でも、アメリカ機の高性能でもなく、「精神」になってしまいます。  高射砲が届かない高高度をB29が飛び、どうしても撃ち落とせない時、おまえの「精神」が弛んでいるからだと責める理由を与えてしまうのです。

④B29に届く高性能な高射砲ではなく、「精神」が求められたのです。  ここから、「命令した側」が特攻(の採用)までたどり着くのは、じつは早いと思います。  「精神」さえあれば、レーダー網を突破し、何百機というアメリカ機をかいくぐり、正規空母を撃沈できるのだ、という論法が出てくるのです。』

2.1.に続く「リーダーとしての器」の項からも抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①おそらく、「精神で撃ち落とす」と東条首相が答えた時、周りにいた多くの生徒も飛行学校関係者もハッとして感動したはずです。  そうだ、気持ちだ、気概だ、気迫だ、それがいちばん大切なことなのだと。

②けれど、「精神」を語るのは、リーダーとして一番安易な道です。  職場の上司も、学校の先生も、スポーツのコーチも、演劇の演出家も、ダメな人ほど、「心構え」しか語りません。  心構え、気迫、やる気はもちろん大切ですが、それしか語れないということは、リーダーとして中身がないのです。

③本当に優れたリーダーは、リアリズムを語ります。  現状分析、今必要な技術、敵の状態、対応策など、です。  今なにをなすべきか、何が必要かを、具体的に語れるのです。』

城西支部をスタートさせて数年後に、ある指導者と一緒にその門下生の試合を観ていました。  門下生は下段廻し蹴りで技有りを取られてしまいます。  すると、その指導者は「うちの生徒は根性がないから」と言いました。  隣で聞いていた私は、心の中で「あなたが(下段廻し蹴りに対する)スネ受けを教えてないだけでしょう」と思っていました。

自分自身の指導技術論(指導力の無さ)を、選手の根性論(根性がない)にすり替えてはいけませんね。  私も気をつけなくちゃ(笑)

来週末は、全日本ウェイト制大会と国際親善大会です。  

TOP↑

2018年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年05月