2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

I.K.O.セミコンタクトルール2018全国交流大会

昨日は大阪で「I.K.O.セミコンタクトルール2018全国交流大会」が開催され、城西から6人の選手が参加しました。  以下は入賞した選手についてのコメントです。

①奥寺勇輝(18歳~34歳男子-70㎏級・優勝)・・・素質・組手のタイプ的にセミコンに向いているのだと思います。  奥寺の伸びやかな蹴りがセミコンルールでも活きました。  1回戦を終えた時点で上段突きからの残心(引き手)の動作が小さかったので話をしました。  2回戦以降はある程度修正されましたが、蹴りと同様な伸びやかさが突きにも発揮されたら、さらに良くなると思います。  +80㎏級で優勝したマリオス選手はWKF(寸止めルール)のヨーロッパチャンピオンでもあるそうですが、ぜひ参考にしてもらいたいと思います。  また、間合いのコントロールができないことによる顔面殴打の反則が数度見られました。  突き全般についての修正が必要です。

②竹岡拓哉(18歳~34歳男子-80㎏級・準優勝)・・・蹴り、特に後ろ蹴りが効果的でした。  準決勝までは素晴らしい動きを見せていましたが、中島千博選手との決勝では攻撃・防御ともに反応が遅かったように思います。  フルコンルールの練習や試合の場面でよく話すことですが、「組手は会話」です。  相手の攻撃に対して瞬時に防御・反撃する、相手のスキを感知したら瞬時に攻撃を打ち込む、という動作は1対1で行う討論に近いと思います。  相手の会話に対して瞬時に反応し的確な会話を返す、相手の会話内容に矛盾点を見出したら的確に素早くその点を突く、などです。  決勝戦では、この反応スピード・技術力において中島選手に一日の長がありました。

今回チーム城西から少年部の出場者はいませんでしたが、少年部の試合を見るとフルコンとの違いは顕著でした。  少年部の組手試合は1分半程度と短いため、相手と会話するというより一方的にがなり立てるような組手の選手が勝利しがちです。  つまり、相手の攻撃は無視して一方的にラッシュをかける、というような戦い方です。  セミコンルールの導入により、その辺の意識改革が進めば、少年部の選手の組手技術は著しく向上すると思います。

延長戦は無しという限られた時間のなかでのポイントの取り合いは、ハラハラドキドキの連続で、フルコンルールの試合とは違った醍醐味(面白さ・楽しさ)があります。  またフルコンルールの試合会場でよく見られる、ドクターが負傷した選手の元に駆けつける、といった場面もほとんど見られませんでした。  安全性の観点から、打撲を含むケガが少ないこともセミコンルールの魅力ですね。

選手・セコンド・応援の皆さんお疲れ様でした。

TOP↑

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月