2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

成功・幸福感・幸福

『成功ではなく、幸福について語ろう』(岸見一郎著 幻冬舎)を読みました。  「第1章 成功と幸福」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.幸福感と幸福

①(戦前の哲学者)三木清は幸福感と幸福は違うといっています。  例えば、薬を使ったり、あるいは、お酒を飲んで酩酊状態に陥り、気分がよくなるのは、幸福ではなく幸福感です。

②世の中のことを考えても、非常に耳に心地のよいスローガンを声高に叫ぶ人がいます。  皆で、守り立てようと盛り上がる。  そういう時、高揚感、幸福感がありますが、はたしてそういうものが幸福といえるのかというとこれも疑わしい。

③たしかに、その時は気持ちよかったけれども、後で考えたら本当にそれでよかったのだろうかと思うことがあります。  そんな高揚感に浸っている間に、世の中が自分の思ってもいない方向に進むということはよくあります。  ですから、幸福と幸福感とはまったく違うということを知っていなければなりません。


2.成功と幸福

①三木は、「成功と幸福を、不成功と不幸を同一視するようになって以来、人間は真の幸福が何であるかを理解し得なくなった」といっています。  

②たしかに、そのあたりのところを私たちは無反省に受け入れていて、例えば、よい学校に入ってよい会社に入り、裕福になることが幸福だと考える人がいますが、三木はそれは成功であって、幸福ではないといっているのです。

③何が違うかというと、まず、幸福は各自においてオリジナルなもので、質的なものです。  他方、成功は一般的なもの、量的なものです。

④幸福は各自においてオリジナルなものであるというのは、幸福はその人だけに当てはまるのであり、その人にとっては幸福であることでも、他の人にとっては、幸福であるとは限らないということです。  (中略)

⑤二つ目は、幸福は存在に関わり、成功は過程に関わるということです。  三木によれば、成功は進歩と同じく直線的な向上として考えられます。  他方、幸福には本来、進歩というものがないことを指摘しています。

⑥幸福は存在だというのです。  過程ではありません。  今をこうしてここで生きていることが、そのままで幸福であるという意味です。  どういうことかというと、幸福であるために何かを達成しなくてもいいということです。

⑦しかし、成功はそうではありません。  よい学校に入らないといけない。  そして、よい会社に入らないといけない。  そういうことを達成しなければ成功したとはいえないと考え、成功と幸福を同一視している人にとっては、成功していない今は幸福ではないことになるわけです。  

⑧しかし、人は何かを経験したから幸福になるのではありません。  逆に、何かを経験したから不幸になるものでもありません。  幸福については「なる」という言葉は使えないのです。  つまり、私たちは幸福に「なる」のではなく、幸福で「ある」のです。  (中略)

⑨目標を達成したら幸福になれると思っている人がある目標を達成したら、その目標を達成した途端に、また新しい目標を作り出します。  蜃気楼のように、いつまで経っても幸福に到達することはできません。  そのような人は幸福を成功と混同しているのです。』

TOP↑

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月