2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

運は人柄

漫画原作者の鍋島雅治さんが書かれた『運は人柄』(角川新書)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.「はじめに」より

①この仕事(漫画原作)を約30年にわたって続けてきました。  (中略)  プロ・アマ問わず多くの漫画家の仕事ぶりと人生を、作り手の側から目にしてきたということです。

②そのなかには、出会ったときは駆け出しだったのに「あれよあれよ」という間にヒットを連発していまや大御所に、という人もいます。  一方で、デビュー間もなく売れっ子となるも、その後は鳴かず飛ばず・・・という人や、実力は十分あるのにヒットに恵まれず、漫画だけでは生活が成り立たない、という人も珍しくありません。

③わたしは「彼らのちがいはどこにあるのか?」と、常日頃から考えてきました。  それは興味本位ではなく、原作つき漫画の成功には漫画原作者の力も必要だから。  つまりは自分自身の仕事のための研究、ということです。  (中略)  

④わたしはたくさんの成功例や失敗例を見ているうちに、漫画家に必要なのは「才能と努力と運」であると思うようになりました。  (中略)  私の感覚だと、その平均した割合は「才能1:努力2:運7」くらい。  「いやいや、運の割合が多すぎでは?」と驚かれるかもしれません。  しかし、本当にこんな印象を受けますし、ほとんど正解という気がするのです。  (中略)

⑤ただ、ひとつ言わせてもらうと、「運を高める努力」は他人よりもしたと自負しています。  「運なんて高められるの?」という意見もありそうですが、「運」というのはずばり「人柄」なのです。  だから、人柄を高めていけばいい。


2.「第1章 運は呼び込むもの」より

①「人に頼める」というのも「愛嬌」や「可愛げ」があるからであって、人柄がいいからできる行為だととらえています。

②仕事において、「オレは仕事ができる。  みんなついてこい。」というタイプがいるとしましょう。  (中略)  実際にできれば「どうだ!」となり、これが続くと「どうせあなたはひとりでできるんでしょ」と周囲はただただ嫉(ねた)んでいく。  (中略)  つまり、いつまでも我を通し続けてしまう人は「可愛げ」がないんです。

③とはいえ、真の天才ならばそれも致し方ないのかもしれない。  「天才とは孤独である」とはむかしから言われることですからね。  しかし、中途半端に仕事ができるくらいのレベルの人がこうなってしまうと、晩年はちょっと悲惨な状況になる。  理解者が周囲にまったくいないという状況は、かなり辛いものがあります。  (中略)

④会社のなかで生き残り出世をしているのは、「人に頼める」タイプが意外と多いと思うのです。  (中略)  「人に頼める」タイプは、人から話しかけやすい人でもある。  それは、自分の弱さをさらけ出しているからこそとも言えますが、もうひとつ、おそらく機嫌のちがいもあるのでしょう。

⑤才能があり仕事が〝でき過ぎる〟人は、自分が優秀な分、周囲のできなさが目につきイライラしがちで、結果として機嫌が悪く見えます。  一方、「人に頼める」人は、そういったイライラとは無縁ですから、なんとなくいつも機嫌がよさそうで、周囲の人間も話しかけやすい。  ひいては人柄の善し悪しにもつながっていく。

⑥私が思うに、年をとった人間の義務は、いつも機嫌よくいることではないでしょうか。  (中略)  年配者が人柄をよくし、運を高めるには「機嫌よくいること」はかなり重要なことなのです。』

前回のブログで『私(山田)は「どんなときでも楽しく上機嫌であること」を理想としています。』と書きました。  上機嫌には、運気アップの効果もあるようです(笑)

TOP↑

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月