PREV | PAGE-SELECT | NEXT

菅官房長官

4月1日、松井館長と一緒に菅義偉内閣官房長官と食事をさせていただきました。  次回の参議院選挙全国区に自民党から立候補される山田宏先生(前衆議院議員・前杉並区長)の応援がらみです。  菅先生には羽田シゲルが横浜港南支部開設時から後援会長をお願いしています。  また、法政大学・空手部OBで空手道推進議員連盟の会長も務められています。

久しぶりにお目にかかるにあたり、『陰の権力者 内閣官房長官菅義偉』(松田賢弥著 講談社+α文庫)と『政治家の見極め方』(御厨貴著 NHK出版新書)を読みました。  『政治家の見極め方』の中の菅先生に関する記述から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①官邸に集結した官僚たちの政策的合理主義を上からがっちり掌握しているのが、菅官房長官です。  彼は政党にいるかっての「族議員」のような党人脈ではなく、1996年初当選、総務大臣を一回やってはいるものの、安倍さん同様に政治の履歴は浅い。

②したがって、派閥の論理や、旧来の党と官邸の作法に通じていません。  それゆえに従来の政治の文法に縛られることなく、新たな人材登用や政策実現の仕組みを導入できたとも言えます。  つまり安倍政権は政治経験の比較的少ない安倍―菅コンビによって官邸支配に見事成功したと言ってもいいでしょう。

③具体的には、内閣官房に「内閣人事局」を設置して、行政の幹部職員を一元管理した上で、局長級から課長まで主要な人事はすべて官邸で決める。  有能な人材情報をつねに収集し、アメとムチで対処する。  要するに人事でもって官僚の首根っこを押さえ、自在に官僚を操作しているわけです。  (中略)

④菅さんはこれまでの官房長官のように、政治家としてある種の理念なり主張なりがあって政権を運営していくタイプではありません。  官僚の心理を掌握し、より合理的に進めていくための方策に頭脳をフル回転させている「合理主義の権化」のような存在です。

⑤かたや安倍さんは細かいところまでを見て指図できないため、それらをすべて菅さんに一任しています。  菅さんは官僚たちをグリップし、しかも彼の動きを阻むほかの政治家はいないため、彼の差配で全部できてしまう状況にあるわけです。

⑥ぴったり官僚に寄り添って、ときにおだて、ときに脅し、課題ごとにチームを再編成して進めていく作業は、これまでの官房長官にはできなかった芸当でしょう。

⑦そうしたスタイルが三年も続いたため、官房長官の役割がそんなふうに一種構造化したようにも見えますが、では次の内閣の官房長官に同じことができるかといえば、おそらく無理。  あくまでそれは属人的な現象であり、菅さんだからできていることです。

⑧計算ずくの官僚操作術や、合理主義的な発想と技術は、おそらく伝承不能です。  菅さんのやり方を言葉にして本にまとめても、その本はつまるところ菅さんしか使えない〝おひとり様マニュアル本〟です。』 

今年の7月6日には在職日数で歴代最長の福田康夫氏(森・小泉両内閣)の1289日に並ぶそうです。  政治家の失言が目立つ中で、これだけ長期間毎日2回の記者会見をこなしながらほとんど失言が見られないところにすごさを感じます。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT