PREV | PAGE-SELECT | NEXT

キャディとの約束

『明日をちょっぴりがんばれる48の物語』(西沢泰生著 青春文庫)を読みました。  第7話『無名のプロゴルファーがキャディと交わした約束』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①フィジー出身のインド系プロゴルファー、ビジェイ・シン選手。  2004年に世界ランキング1位になり、その翌年には「世界ゴルフ殿堂入り」も果たしている、世界でも指折りの名選手です。

②しかし、このシン選手、プロデビューしたあと、はじめはまったく活躍ができず、世界のメジャー大会どころか、日本のプロゴルフツアーに参加しても、パッとした成績を残せませんでした。

③そんな彼が、世界の一流プレーヤーの仲間入りができた理由。  その理由について、シン選手自身はこう言っているのです。  「私が一流選手になれた理由は、キャディとある約束をしてそれを守ったから。  そのたった1つしか思い浮かばない」  いったい、その「キャディとのたった1つの約束」とは、どんなものだったのでしょう?

④プロゴルファーというのは、その日のプレーが終わっても、たいがいの選手はすぐにはシャワー室へ行かず、ゴルフ場内にある「パットの練習グリーン」へ行って、当日のプレーを思い返しながら「パットの練習」を繰り返してからグリーンをあとにするのだそうです。

⑤もちろん、シン選手も、よほどのことがないかぎり、他のプレーヤーに混じって、パットの練習をしてからゴルフ場をあとにしていました。  シン選手がキャディと交わした、「自分を一流プレーヤーへ成長させてくれた唯一の理由」となった約束とは、次のようなものでした。

⑥「いつも、その日の練習グリーンを最後に立ち去るプロゴルファーになる」

⑦そうです。  必ず、「最後の1人になるまで練習を続ける」というのが、キャディとの約束。  シン選手は、その約束を実直に守って、いつもいつも、最後の1人になるまでパットの練習をしていたら、いつの間にか、世界のトッププレーヤーになっていたというわけです。』

稽古というのは質と量の2つの面から成り立ちます。  城西の空手は、常に創意工夫することによって質を高めることに重点を置いています。

しかし、今週の朝練でも話しましたが、貯金のように、稽古の量(特にスタミナトレーニング)を積んでおくことも、トップに立つための絶対条件です。  対戦相手に、フィジカルの3要素(技・パワー・スタミナ)でまさり、なおかつ、稽古の質と量でまさっていれば、絶対に負けるわけがありません。

11月の全日本大会を考えると、涼しくなってくる9月の稽古量が勝負です。  みんな、たのむよ~(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT