PREV | PAGE-SELECT | NEXT

カウンターアタック

10月10日の体育の日、家内と二人で長野県岡谷市の母方祖父の墓参りに行きました。  往復の車中で『カウンターアタック』(永井洋一著 大修館書店)を読みました。 「ボクシングのカウンターパンチ」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①カウンターパンチとは、相手がパンチを打ってくる瞬間に、それと入れ替わるように、こちらのパンチをいち早く打ち込んでしまう高度なテクニックです。  元プロボクシング日本ウェルター級チャンピオン・小林秀一さんの解説で探っていきます。

②ボクシングでは、相手がガードをがっちり固め、待ち構えている状態にパンチを打ち込んでも、効果的なパンチになることは多くありません。  パンチに効力を持たせるためには、ガードをかいくぐり、可能な限りカウンターになるタイミングで急所にクリーンヒットさせなければなりません。

③そのためにはまず、相手のガードが空いている状態をつくらなければなりません。  相手のガードが空きやすいときとはすなわち、相手がパンチを打とうとしているときです。  ですからボクシングでは、いかにして相手にパンチを打たせ、その合間を縫って自分のパンチをカウンターでヒットさせるか、ということが最大のポイントになるわけです。  つまり、ボクシングとはカウンターパンチの狙い合いといっても過言ではないでしょう。

④ですからボクシングでは、いかにしてガードしている相手がパンチを打つように誘導するか、そして、そこに防御の隙をつくらせるか、ということが大切になります。  しかし、いくら相手が攻撃してくるときにこちらがパンチを打ち込む隙が生まれるといっても、そのときをひたすら受動的に「待つ」という姿勢では効果的なパンチは打てないと小林さんは言います。

「待っていて、相手が打ってきたら合わせて打つという姿勢では、相手が得意とする動きのリズムにこちらの動きを合わせてしまうことになりかねません。  そうなると、主導権は相手に握られ、相手の間合い、相手の呼吸に合った動きの中で、相手にとって最もよいタイミングで攻防が進んでしまうことになる。  そうした間合いでパンチを繰り出してしまうと、逆に相手の狙いどおりのタイミングでこちらがカウンターを食うことになりかねません。  ですから、あくまでもこちらが動きの主導権を握りつつ、相手が『動かざるを得ない』という状況をつくり、狙いどおりに動いてきた瞬間にカウンターを打ち込むのが理想的です」

⑤では、ボクシングでは、具体的にどのようなタイミングでカウンターパンチを繰り出すのでしょうか。  この点に関して小林さんは「相手のパンチの打ち終わりの瞬間に打つ、というのが最も基本的な原則」と言います。  パンチを打つということは、腕を伸ばしながら体勢を傾けていく姿勢を作ることです。  一方の腕が体から離れて伸びていく姿勢では、誰でも急所を十分にガードできない瞬間ができます。

⑥またこのとき、繰り出す拳を中心に体全体が前のめりの状態になります。  前のめりになっている体に反対方向からパンチを受けると、体が静止しているときに比べて物理的な衝突エネルギーがはるかに大きくなり、パンチは「効く」ことになります。』

墓参りを済ませた後、諏訪大社の下社春宮・秋宮に行きました。  諏訪大社に祀られるタケミナカタノカミは、日本を代表する戦いの神様で、名将・武田信玄も合戦のたびに戦勝祈願をしたそうです。  勝守りを6つ買ってきて、チーム城西の選手に渡しました。

また、10月10日は私たち夫婦の37回目の結婚記念日でした。  長いな~(笑)

明日は光が丘で城西カップです。  選手の皆さんの健闘を祈っています。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT