PREV | PAGE-SELECT | NEXT

教養と修養

若いころ、直木賞作家で経済評論家の邱永漢先生・日本将棋連盟会長で元名人の米長邦雄先生・上智大学教授の渡部昇一先生の本をよく読みました。  三人とも物事の本質を分かりやすく解説する名手です。

ところが、2012年の5月に邱先生が、12月には米長先生が相次いで亡くなられました。  一方、86歳になった渡部先生は『実践・快老生活』(PHP新書)を先月出版されました。  「修養」について書かれた項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①退職金をもらってから20年を超えたが、その間、まったく退屈ではなかった。  本を読む時間が増え、考える時間も在職時代よりかえって増えた。  (中略)  高齢者に適しているのは「人間学」だと思う。  「修養」といってもいいかもしれない。  人間学の中心になるのは古典や歴史だ。

②古典というものは何百年間も読み継がれてきたものだから、歳をとってからでも大いに参考になる。  (中略)  人生経験を積んだ高齢者こそ、古典を読めば、いろいろ考えさせられることが出てくる。

③何系統の古典でなければならないという決まりはない。  日本には儒教的な言葉も残っているし、仏教の言葉も残っている。  キリスト教の言葉もある。  神道の場合は言葉では語られていないけれども、神道的な考え方も残っている。  いずれも自分を磨くために役立つ。

④また、歴史に学ぶこともそうである。  組織の興亡を記録した歴史は、いうまでもなく人間学に直結する扉である。  歴史の中で繰り広げられる人間模様を知ることは、人間とはいかなるものかを理解するための、かけがえのないよすがとなる。

⑤ここで「教養」と「修養」の違いについて考えたい。  私には「教養」という言葉はどちらかというと青年向きの響きであるように感じられてならない。  (中略)  若い人に対しては「教養を高めよう」でいいかもしれないが、高齢者に「教養を高めよう」というのは、どうもしっくりこない。  年齢に関係なく自分を磨き、自分を高めることは大事だから、やはり「修養」や「人間学」という言葉を使うべきではないか。

⑥実際に、政治家やジャーナリストなど社会の先頭に立って活躍すべき人々の中でも、残念ながら「人間としてなっていない」と表現せざるをえない例を散見する。  変な言い訳や、取り繕い、責任回避などばかり重ねる人は、みっともないことこのうえない。

⑦学者やジャーナリストが政治家に転身した場合、さすがに「教養がない」とはいいがたい。  しかし、まったく人間を磨いた跡が見られないのだから「修養がなっていない」とはいいうるであろう。  そして、そちらのほうが致命的なのだとも。

⑧様々な読書や勉強を通じて、教養を高めることが大切なことはいうまでもない。  だが、それ以上に大事なのは、人としていかに生きるかという心構え、覚悟を知ることではなかろうか。

⑨そのために必要なのが「修養」であり、「人間学」なのである。  そしてそれは、歳を重ねてからもますます大切になってくる。  「修養」は不滅である。  人間学を学んで修養を積んでいる人は、いつまでも衰えない。』

20代の頃、渡部先生が書かれた『知的生活の方法』を読んで感銘を受けたことを思い出します。

渡部先生に直接お目にかかったことはありません。  著書を通してしか知りえませんが、二十数年人生の先を行かれる渡部先生のような存在は、私にとってはとても貴重です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT