PREV | PAGE-SELECT | NEXT

2016秋季関東大会

昨日は水戸で関東大会でした。  城西支部からは34名の選手が出場し、8名が入賞しました。  入賞した選手について気づいたことを書いてみます。

①諸岡幸乃(小学1年生女子・第3位)・・・今年は国際親善大会と春季関東大会と城西カップで優勝、極真祭で準優勝と安定した力を付けてきました。  突きと蹴りのバランスの良さと体幹の強さが光ります。  次回は再び優勝できるよう、稽古に励んでもらいたいと思います。

②諸岡怜治(小学3年生男子+30㎏・第3位)・・・前回の城西カップの優勝を機に自信がつき、実力が発揮できるようになってきました。  妹の幸乃同様、突きと蹴りのバランスの良さと体幹の強さが光ります。  今回の優勝者である任選手は、城西カップで怜治が勝った選手でした。  任選手と良いライバル関係になれるよう、精進を重ねて下さい。  

③中水流梨央(小学4年生女子・第3位)・・・準決勝の終盤で、相手選手の胴廻し回転蹴りで技有りを取られてしまいました。  それまでは押し気味に試合を進めていただけに残念ですが、それが組手試合の怖さでもあります。  ちょっとした油断が命取りになるのです。  でも、良い勉強になったと思います。  次回のリベンジに期待します。    

④福永悠莱 (小学5年生女子-35㎏・準優勝)・・・今年の国際親善大会と極真祭で第3位、今回は準優勝と確実に力を付けてきました。  先日の昇段審査会で、「組手中に視線が下を向くので、頭が前に傾き、接近戦で注意を取られやすい」と指摘しましたが、その点も矯正されていました。  次回は優勝できるよう、創意工夫・精進して下さい。

⑤ 岡部慎太郎(中学2・3年生+55㎏・優勝)・・・春季関東大会・極真祭と第3位が続いていましたが、待望の優勝となりました。  突きと蹴りにパワーと威力を感じます。  さらなるウェイト・トレーニングで筋力アップができれば、もっと簡単に勝ち上がれるようになると思います。  技・パワー・スタミナ・精神力ともに将来のチーム城西の代表選手としての可能性を感じます。

⑥佐藤拓海(高校生男子-75㎏・準優勝)・・・決勝戦は延長で減点1を取られ、判定負けしました。  庄司宇天名とともに、森善十朗・鎌田翔平に続く城西支部らしい華麗なる組手の体現者になる可能性を秘めています。  最後のせめぎ合いの場面で精神的な粘りに欠ける試合が続いていたのですが、今回はある程度克服できたと思います。  でも、試合後に本人にも話しましたが、延長戦になって反則を重ねるということは、「勝つことをあきらめて試合を投げている」と見られても仕方がないと思います。  ベースになる心肺機能強化のためにスタミナトレーニングの量を積むこととともに、先日の全日本大会でセコンドについた鎌田翔平の後継者になるんだという強い自覚が必要です。  だって、全日本チャンピオンなった選手のセコンドに2日間マンツーマンでつけるなんて恵まれたチャンスは、そうあるものではありません。  是非そのチャンスを生かしてください。  先日のテレビ放映でもペットボトルを持った拓海が準主役のように映っていました(笑)

⑦吉村基(高校生男子+75㎏・準優勝) ・・・180cm・92㎏と体格にも恵まれ、恋之介・桑瀬・和孝に続くチーム城西の全日本選手候補です。  準決勝で見せた連打や技の組み立てにはセンスを感じました。  今回の決勝戦は実績のある高橋選手に名前負けしたような印象です。  173cm・86㎏と一回り小さい高橋選手の突きの連打で押し出されたのはいただけません。    年下の高橋選手にリベンジすることが、当面の目標ですね。

⑧伊藤駿汰(一般新人戦-70㎏・優勝)・・・準決勝・決勝ともに上段廻し蹴りのキレが際立っていました。  近いうちに全日本クラスの大会に出場できるよう、高い意識を持って稽古に励んでもらいたいと思います。  かって早稲田大学極真同好会を作った東孝・現大道塾塾長は入門から2年半後の第6回全日本大会で準優勝しました。  それ以外にも短期間で全日本のトップ選手になった例はいくらでもあります。  伊藤にはそれだけの可能性を感じます。  要は意識の問題です。

今日から明後日まで中国・北京です。  寒さと大気汚染が心配です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT