PREV | PAGE-SELECT | NEXT

人類の進化の歴史

1.元旦の朝日新聞に霊長類学者・京大総長の山極寿一さんが『極大化した不安 共に過ごす時間を』という文章を書かれていました。  その中で人類の進化の歴史が取り上げられています。  箇条書きにすると次のようです。

①700万年前・・・アフリカでチンパンジーとの共通祖先から枝分かれした。  大型肉食獣に襲われる恐れのない樹上空間があり、実り豊かな熱帯雨林の中に住む。

②450万年前・・・サバンナへ進出した。  霊長類ヒト科の中でヒトだけが世界中に散らばるきっかけである。  サバンナは逃げ場がなく、さぞ不安だったであろう。

③60万年前・・・現代人と同じ脳の大きさになった。

④50万年前・・・狩猟具を持った。

⑤20万年前・・・大きな獲物を協力して狩るようになった。

⑥7万年前・・・言葉を得た。


2.本文から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①人類の歴史のほとんどは、大型肉食獣から逃げ隠れし、集団で安全を守り合う時間でした。  安全イコール安心です。  だから人間の体の奥底には、互いに協力しないと安心は得られないことが刻み込まれ、社会性の基礎になっています。  安心は決して一人では得られません。

②安心をつくり出すのは、相手と対面し、見つめ合いながら、状況を判断する「共感力」です。  類人猿の対面コミュニケーションを継承したもので、協力したり、争ったり、おもんばかったりしながら、互いの思いをくみ取って信頼関係を築き、安心を得る。  人間だけ白目があるのも、視線のわずかな動きをとらえ、相手の気持ちをよりつかめるように進化した結果です。

③脳の大きさは、組織する集団の人数に比例します。  構成人数が多いほど高まる社会的複雑性に、脳が対応しました。  現代人と同じ脳の大きさになったのは60万年前で、集団は150人程度に増えていました。  年賀状を書くときに思い出す人数、常に顔を覚えていて、信頼関係を持てる人の数とほぼ同じですね。

④言葉を得たのは7万年前ですから、言葉なしに構築した信頼空間です。  日頃言葉を駆使し、人間関係を左右していると思うのは、大きな間違いです。』

3.2の①に『人類の歴史のほとんどは、大型肉食獣から逃げ隠れし、集団で安全を守り合う時間でした。』とあります。  1の②にあるように450万年前からですから、ずいぶん長い時間ですね。  そのころの人類の反射神経や肉体能力は現代人とは比較にならないほど高かったと思われます。  もちろん危険を敏感に察知する能力も優れていたはずです。  それらの能力の劣る個体は大型肉食獣に食べられてしまうでしょうから。

朝練に取り入れている意拳、特に立禅を中心とした気の養成は、人類が本来は持っていたそれらの能力を少しでも呼び覚ますことにあると、私はとらえています。     

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT