PREV | PAGE-SELECT | NEXT

宗教心・道徳・歴史

参議院議員の山田宏先生が書かれた『道を拓く男。 山田宏』(光明思想社)を読みました。  『教育の基礎は「宗教心」「道徳」「歴史」』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『私は、立派な子供を育てる基礎は三つあると思っています。  一つには「宗教心」、二つ目は「道徳」、三つめは「歴史」です。

1.①「宗教心」というのは、宗教教育というわけではなく、日本に古来から伝わる昔話を伝えることです。  最も良いのは『古事記』『日本書紀』に始まる日本の神話を教えることです。  それは簡単に言うと、自分自身という〝個〟を超越した存在がおられて、それに〝生かされている〟という思いです。

②自己を超越した存在というのは、ご先祖様であったり、お天道さまであったり、神様・仏様です。  自分の眼しか持ち合わせていなければ、どうしても自己を見る眼が甘くなってしまうのですが、先祖の眼、お天道さまの眼、神様・仏様の眼、つまり自分よりも高い存在、崇高な存在があって、常に自分を見つめていると意識させるのです。

③「お天道さまが見ているよ」「神様・仏様が見ているよ」・・・こういうことを子供に言い聞かせていたのが、日本の教育でした。  それがいつの間にか消え去ってしまいました。  「目に見えないものは存在しない」ということになってしまいました。

④目に見えるもので一番大事なものは何か。  それがお金になってしまったわけです。  拝金主義、そして目に見えるものしか信じられない唯物論が広がってしまいました。

⑤自分を超越した尊い存在があって、それに生かされているというのが「宗教心」です。  それが立派な人間を育てる一つめの要素であるわけです。

2.①次に「道徳」というのは、古今東西に伝わる偉人の話を伝えることです。  善悪とは何か。  高尚な生き方とはどういうものか。  素晴らしい生き方をされた人は、世界中にたくさんいます。  そうした生き方を知ることで、自らの人生が豊かに育まれるのです。

②道徳というのは、人間を正しく誘導するものです。  「正」という字を見れば分かるように、「一」という線を引いて、その下に「止」と書くでしょう。  人間はそのまま放置しておくと、欲に流されたり、易きに流されたりします。

③そこで流されないように「止」めておく「一」線、それが「道徳」なのです。  それが立派な人間を育てる二つ目の要素です。

3.最後に「歴史」というのは、もちろんわが国の歴史です。  それは自虐史観ではない。  そうしたイデオロギーを排した、日本の国の素晴らしさを伝えることです。』

昨年11月末に山田先生のパーティーがあり、そこでいただいた本です。  個人的には1.④の「拝金主義」「唯物論」の話に特に感銘を受けました。

そのパーティーで20年ぶりぐらいにお目にかかったのが、東孝さん(大道塾・塾長)です。  入門がほぼ同期なので、40年以上も前のことなどを思い出しました。

昨日は長年応援している稀勢の里が初優勝しました。  今日の白鵬戦に勝てば、19年ぶりの日本人横綱誕生になるのかな~?

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT