PREV | PAGE-SELECT | NEXT

サピエンス全史

1月17日のブログで『人類の進化の歴史』を取り上げましたが、今回は『サピエンス全史 (上)・(下)』(ユヴァル・ノア・ハリ著 河出書房新社)を読みました。  第18章「国家と市場経済がもたらした世界平和」から抜粋し、番号を付けて紹介します。 

『①(今から約200年前の)産業革命により、エネルギ―の変換と財の生産に新たな道がつけられ、人類はおおむね、周囲の生態系に依存しなくて済むようになった。  (中略)  ホモ・サピエンス(人類)の必要性に応じて世界が造り替えられるにつれて、動植物の生息環境は破壊され、多くの種が絶滅した。

②今日、地球上の大陸には70億近くものサピエンスが暮らしている。  全員を巨大な秤(はかり)に載せたとしたら、その総重量は3億トンにもなる。  もし乳牛やブタ、ヒツジ、ニワトリなど、人類が農場で飼育している家畜を、さらに巨大な秤にすべて乗せたとしたら、その重量は約7億トンになるだろう。

③対照的に、ヤマアラシやペンギンからゾウやクジラまで、残存する大型の野生動物の総重量は、1億トンに満たない。  児童書や図画やテレビ画面には、今も頻繁にキリンやオオカミ、チンパンジーが登場するが、現実の世界で生き残っているのはごく少数だ。

④世界には15億頭の畜牛がいるのに対して、キリンは8万頭ほどだ。  4億頭の飼い犬に対して、オオカミは20万頭しかいない。  チンパンジーがわずか25万頭であるのに対して、ヒトは何十億人にものぼる。  人類はまさに世界を征服したのだ。  (中略)

⑤生態系の大きな混乱は、ホモ・サピエンス自体の存続を脅かしかねない。  地球温暖化や海面上昇、広範な汚染のせいで、地球が私たちの種にとって住みにくい場所になる恐れもあり、結果として将来、人間の力と、人間が誘発した自然災害との間で果てしないつばぜり合いが繰り広げられることになるかもしれない。  (中略)

⑥多くの人が、この過程を「自然破壊」と呼ぶ。  だが、実際にはこれは破壊ではなく変更だ。  自然はけっして破壊できない。  6500万年前、小惑星の衝突によって恐竜が絶滅したが、同時に哺乳類繁栄への道が開かれた。  今日、人類は多くの種を絶滅に追い込みつつあり、自らを消滅させかねない状況にある。

⑦だが、非常にうまく適応している生物もいる。  たとえば、ネズミやゴキブリは隆盛を誇っている。  こうした強靭な生き物たちはおそらく、核兵器による最終決戦後に煙の立ち上る瓦礫の下から這い出てきて、待っていましたとばかりに自分のDNAを広めることができるだろう。  

⑧今から6500万年もすれば、高い知能を得たネズミたちが人間の行なった大量殺戮を振り返って、ありがたく思うかもしれない。  ちょうど私たちが今日、恐竜を絶滅させたあの小惑星に感謝できるように。

⑨それでもやはり、私たち人類が絶滅するという風説は時期尚早だ。  産業革命以来、世界人口はかってない勢いで増えている。

⑩1700年には、世界で約7億人が暮らしていた。  1800年には、人口は約9億5000万人になった。  1900年までに、その数字はほぼ倍増して、16億人になった。  そして2000年には、人口はその4倍の60億人に増大した。  現在では、サピエンスの数は間もなく70億人に達しようとしている。』

この一週間、夜は録画したスーパーボウルの映像ばかり観ていました。  前回までの50回のスーパーボウルでは得点差10点以上を逆転したゲームはなかったそうです。  今回は25点差をひっくり返しての逆転劇で、何度見返しても奇跡的なシーンの連続です。 

ところで、現地時間10日に行われたトランプ大統領夫妻と安倍首相夫妻の食事会の同じテーブルにニューイングランド・ペイトリオッツのオーナー、ロバート・クラフトさんが座っていました。  安倍さんとはスーパーボウルの話で盛り上がったのかな~(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT