PREV | PAGE-SELECT | NEXT

恩人を大切にする

『1万人の人生を見たベテラン弁護士が教える「運のよくなる生き方」』(西中務著 東洋経済新報社)を読みました。  「恩人を大切にする」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①大阪に十川(とがわ)ゴム製造所という会社がありました。  日本のゴムホースのトップメーカーなのですが、この会社の創設者である十川栄さんにはこんなエピソードがあるそうです。

②青年時代、十川さんはゴム製品を販売する小さな店に勤めていました。  (中略)  ところが、ある日、十川さんの勤める店は突然、倒産します。  倒産すると、債権者が押し掛け、店の物から主人の家財道具まで差し押さえていきます。  その様子を見ながら、店の従業員たちは当然のことながら、次々と店を出ていきました。  ところが、出ていく同僚たちをしり目に、十川さんは店に残ったのです。  真面目で信用されていた十川さんは、他の店や会社から高給で誘われていたのですが、それを断った。

③「私は給料の額で自分の行く道を決めない。  これまでお世話になったご主人を見捨てるようなことはできない」  理由を聞かれて、こう答えたそうです。  そして、店のご主人の家財道具が競売にかけられた日、十川さんは自分の(コツコツと貯めてきた)貯金を全部下ろしてそれを買い取り、ご主人に渡しました。  

④ご主人を助けた後、ようやく独立したのですが、そのときには十川さんの人柄を見込んで彼の事業を援助しようと申し出る人が何人も出て、会社はたちまち発展します。  さらに、十川さんは、会社が成長すると元のご主人を工場長に迎えました。  そのうえ、ご主人がなくなると遺族の世話まで見たのです。

⑤「なぜ、そこまでするんですか」と尋ねられたとき、十川さんは「ご主人は恩人だからです。  ご主人が仕事を教えてくれたから、私は今の道へ進めたのですから」と答えたそうです。  これほどまで、恩人を大切にしたからこそ、十川さんは社会的信用を得られたわけです。

⑥有名な経営学者、ドラッカー氏は言っています。  「経営者が身につけていなければならない資質とは、天才的な才能ではなく、品性だ」  品性とは人徳のことです。  恩人を忘れない人徳の高さが、運を導く。  私たちも十川さんにならい、人徳を磨きたいものです。』

「元のご主人を工場長に迎え、最終的には遺族の世話まで見る」なんて、中々できることではありませんね。  感動しました。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT