PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「流れ」の正体

『運』(野村克也著 竹書房)を読みました。  第5章『「流れ」の正体』から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①野球の試合の中で、常に勝敗を左右するキーワードのように言われるのが「流れ」である。  「あそこで流れが大きく変わった」「あのエラーで流れが向こうに行ってしまった」「このファインプレーで流れがこっちに来るぞ」  そういう言葉を多くの試合で耳にする。

②いったい、この「流れ」とは何か。  これも運やツキと同じように、理論的には明確に説明しにくいものだ。  そのくせ、私を含めて長年、野球の現場に携わってきた人たちは、同じ場面を見て、異口同音に「これで流れが変わる」と言ったり感じたりする。  つまり、そうした「流れ」が明らかに存在するというのが、野球経験者や野球を見聞きしてきた人の共通認識だ。

③「流れ」を私なりに定義するとすれば、「勢い」であり「雰囲気」であり「感性」である。  劣勢だったチームが流れをつかんで、勢いに乗って逆転勝ちをする。  いい流れが来て、それまで沈んでいた空気がガラリと変わって、ベンチもチームもいい雰囲気になって逆転勝ちをする。  目に見えない流れを感じる力、つまり感性が優れている選手や監督がいるチームが流れをつかんで、実力が上回っている相手に勝つ。

④「流れが味方して勝った」というのは、そういったことの積み重ねの結果だ。  流れを味方につければ逆転勝利もできるし、実力以上の結果を得ることもできる。  逆に言えば、流れが相手に行ってしまうと、優勢だったのにひっくり返されてしまったり、実力で劣っているはずの相手に負けてしまったりする。

⑤流れの怖いところは、たった1球で変わってしまうことだ。  (中略)  ここで瞬時に状況判断や予測をする力こそが、流れをつかむためにもっとも大切なことだ。  それが、感性なのだ。

⑥感性とは、感じる力であり、気づく力である。  (中略)  一流と言われる選手が身につけている「感じる力」を二流以下の選手は持っていない。  言い換えれば、鈍感な人は、決して一流になれない。  鈍感な人は、流れも見えないし、結局は運もツキもつかめない。

2.①感情の動きがプレーに影響を与え、試合の流れを変えてしまう。  逆に言えば、ピンチになろうがチャンスになろうが感情を大きく揺さぶられることを防げれば、こちらに来ている流れを相手に渡すこともない。

②あるいは、相手が不安になったり動揺したりしていることを感じ取れることができれば、その隙を突いて流れをこちらに引き寄せることもできる。  

③感性と感情が流れを左右する大きなポイントだとすれば、感性を磨き、感情をコントロールすることによって、流れをつかむこともできるはずである。

3.①流れとは、目に見えないものだ。  流れも運も、形として目に見えないけれど、ときとして勝負の行方を左右してしまうほどの力がある。  流れも運も、いわば「無形の力」なのである。

②私は監督としてチームを率いるときに「無形の力を身につけよう」ということを繰り返し言った。  とりわけ、楽天のように戦力が乏しい球団では、実力だけでは強豪相手に戦えない。  弱者が強者に勝つためには、実力プラスアルファの力が必要だ。  それが、無形の力なのだ。

③無形の力とは、たとえば、観察力や情報収集力、分析力や洞察力、記憶力、判断力、決断力といったものだ。  頭を使い、知力と感性を働かせて戦えば、有形の力だけでは勝てない相手に勝つことができる。  それが無形の力だ。

④たとえ体力や技術力で劣っていたとしても、知力でそれをカバーすることはできる。  指導者の中には「体力や技術力を気力でカバーしろ」と言う人もいるが、私はそういう指導を尊敬できない。

⑤気力も無形の力と言えなくはないが、、昔ながらの軍隊式精神野球の根性論には知性も感性も根拠も乏しい。  理をもって戦うことをよしとする私から見れば、「気力も必要だが、やみくもに根性で戦う前に知力を使おう」と言いたくなる。

⑥エネルギーにたとえれば、持続可能な力は、どう考えても気力ではなく知力のほうである。  流れについて言えば「気力と根性で流れを呼び込もう」というよりは「知力と感性で流れを見極めよう」というほうが、少なくとも再生可能なエネルギーになりそうだ。』

NFLの試合を観ていると「momentum(モメンタム)」という言葉がよく出てきます。  「(試合の)流れ」のことです。  

極真の大会でも、試合の流れを自分のほうに引き寄せることは大切ですね。  そのためには、①感性を磨くこと、②感情をコントロールすること、③知力を使うこと、の三点が、野村さんによると重要なのだそうです。  まったく同感です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT