PREV | PAGE-SELECT | NEXT

センサーを働かせる

囲碁棋士の井山裕太さんが書かれた『勝ちきる頭脳』(幻冬舎)を読みました。  「センサーを働かせる」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①プロの勝負とは、優勢であってもそのまま逃げ切れるほど甘いものではなく、かといって、劣勢であってもそのまま負かされてしまうほど厳しいものでもないのです。  そうした極めて曖昧なものの上に漂っている「勝敗」を、どうやって自分のほうへ微笑ませるか?  

②これまた盤上の着手と同じで正解はないのですが、この部分でうまく立ち回れるかどうかが勝敗に直結することは間違いありません。  こうした立ち回りの技術を一般的には「勝負勘」と言うのですが、僕はよく「センサーを働かせる」という表現を使います。  

③好結果を出すことができている時は、このセンサーの感度・働きが良く、形勢が悪くても「このままじっと辛抱していれば、必ずどこかでチャンスが来る」と信じることができて実際その通りになります。  逆にセンサーの働きが悪い時は、「形勢が悪いのだから、もうイチかバチかだ!」とばかりに短気を起こして、負けを早めてしまいます。  (中略)

④形勢不利の際には、もう一つ大事なことがあり、それは「相手に決め手を与えない」ということです。  結果を出せる人は、例外なくこの「決めてを与えない技術」が優れています。  一点差で負けていても、次の一点を与えずに辛抱し続ける技術です。

⑤でも形勢が悪い状況は嫌なので、そこから早く脱出しようと、つい逆転ホームランを狙うような無理な勝負手を打ってしまいがちですが、それを咎められたら致命傷を負ってしまい、負けが決まってしまいます。

⑥そうではなくて、形勢が悪いことを素直に受け入れ、嫌な状況であっても辛抱することが大切です。  そのうえで、相手にとって難しい手を打って悩ませる。  相手も人間ですから、どこかで隙を見せるものなのです。』

極真の試合でも「センサーを働かせる」ことが最重要です。  でも中には、センサーのスイッチを切ったまま、独りよがりで戦っている選手もいますね(笑)

また、「相手に決め手を与えない」「相手にとって難しい手を打って悩ませる」ことも勝つためには必須です。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT