PREV | PAGE-SELECT | NEXT

東日本大会・祝勝会・ビジョン

1.夏風邪にかかり、7月16日の夜に39度近くの熱を出しました。  結果として、翌日の東日本大会は欠席させていただきました。  関係者の皆さんにはご迷惑をおかけしました。  申し訳ありません。  


2.昨日は第6回世界ウェイト制大会と第34回ウェイト制大会の祝勝会が開かれました。  おかげさまで熱も下がったので、私も出席しました。  平日の夜にも関わらず、80名近くの皆さんに出席していただきました。  優勝した鎌田翔平・竹岡拓哉・亘和孝の三名とご家族の皆さん、おめでとうございます。  次は第49回全日本大会です。  チーム城西一丸となって、また稽古に励みましょう。


3.『世界史を創ったビジネスモデル』(野口悠紀雄著 新潮社)を読みました。  「第5章 IBMの成功と没落と再生」から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①破綻の瀬戸際に追い詰められたIBMを立て直すべく登場したのが、ルイス・ガースナーだ。  彼は1993年から2002年までIBMのCEOを務め、同社を見事に再建した。

②ガースナーは、菓子メーカー、ナビスコのCEOからヘッドハントされた。  彼は、IBMの歴史で初めての「外部」の経営者だ。  コンピューターの専門的な知識はまったく持ち合わせていない。  (中略)

③ガースナーはまた、ビジョンを封印した。  最初の記者会見で、彼はつぎのように言ってのけた。  「わたしがいつIBMのビジョンを発表するか、さまざまな憶測が飛びかっている。  皆さんに申し上げたいのは、いま現在のIBMにもっとも必要ないもの、それがビジョンだということだ」

④「改革にもっとも必要なのはビジョンだ」と考えている多くの人にとって、彼のこの宣言は奇異に聞こえる。  しかし、ガースナーは、実現のための戦略の無い夢だけを描くことの空虚さを強調しているのだ。  

⑤彼はつぎのように言う。  「いま最優先すべきは収益性の回復だ」  「優先すべき二番目の課題は、顧客の維持・獲得の戦いに勝利することである・・・これもビジョンの問題ではない。  顧客に奉仕する人間の問題だ」

⑥ガースナーによれば、ビジョンを作るのは実に簡単で、「ベーブ・ルースがフェンスを指さしたのと変わらない」  「すぐれた戦略は大量の数量分析から始まる」。』


4.①3.⑥のベーブ・ルース(ニューヨーク・ヤンキース)の話は、1932年のワールドシリーズで記録した「予告ホームラン」の話です。  この年のヤンキースはシーズンで107勝47敗を記録しリーグ優勝、ワールドシリーズではシカゴ・カブスと対戦することになります。  

②ホームランが生まれたのはヤンキース連勝で迎えたシリーズの第3戦、4-4の同点に追いついた後の5回表に、外野フェンスを指さして打席に入ったルースの打球は外野を超えてホームランになったそうです。

③ちなみに、ガースナーの著書では次のような文章が続きます。  『過去二十年間に、ベーブ・ルースを真似てフェンスを指さした選手が何人いただろう。  そして、そのなかで一分以内にそこに本塁打を打った選手が、はたして何人いただろうか。』

④ベーブ・ルースと言っても、分からない人が多いかも(笑)。  でも最近は、早実の清宮幸太郎選手が和製ベーブ・ルースと言われ騒がれていますね。    

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT