PREV | PAGE-SELECT | NEXT

芸を盗むセンス

1.『バカ論』(ビートたけし著 新潮新書)を読みました。  「芸を盗むセンス」の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①ただ一つだけ、芸を盗むのは大事なことだと言える。  それも「こいつ上手いな」という奴から盗むこと。

②落語なんか特にそうで、他人の噺や所作を芸の栄養として取り入れて、それで得た力を使って、違う新しいものを生み出す・・・この一連のサイクルは、マニュアル化されたものではないから、教えられるものじゃないけど。

③他の芸人の芸を見て、「俺もあの技をやってみよう」と盗む。  それを「盗みました」とは死んでも言わないけど、盗まれた方からすると、「あれ、あいつおいらのやり方を盗んだな」ってすぐわかる。  運動選手がドーピングで捕まるようなもので、ひとつ間違えると「盗作」とか言われちゃうから、その案配は難しい。

③でも、芸に特許があるわけじゃない。周りに「あいつは勉強したんだな」と思わせれば勝ち。  盗んでただ同じような芸をするのではなく、それを自分のものにして、いかにオリジナルを超えていくか。  超えちゃったら、その時点でもうそいつの芸だから。

④だから何を盗むか、というのは、芸人として問われるべき大事なセンス。  あまり大真面目に語りたくないけど、これだけは確かに言える。  自分が盗むべきものは何か、何を上手いこと取り入れるか・・・。  とりあえずはそれだけを考えておけばいい。  

⑤芸を盗むセンスがなければ、もうどうしようもない。  すぐに辞めて、中野で飲んでいたほうがいい。  そのセンスがない奴は、変な顔をするだけとか、脱いだり奇抜な恰好したりだとか、ただの見世物、フリークみたいなお笑いしかできない。  結局それは、「笑わせている」んじゃなくて、「笑われている」だけ。

⑥それでたまたま結果が出たとしても、たいていは長続きしない。  「一発屋芸人」とか言われるのは、大体そういう奴ら。  それはそれで凄いことだけど。』

空手でも、上手な人の技を盗んで、真似をすることが、上達への一番の近道です。  「学ぶ」の語源は「真似ぶ」ですから。


2.今日はNFLのカンファレンス・チャンピオンシップが行なわれました。  AFCではニューイングランド・ペイトリオッツが、NFCではフィラデルフィア・イーグルスが、それぞれチャンピオンになりました。  第52回スーパーボウルは2月5日(日本時間)です。  私が応援するペイトリオッツの2連覇(6回目の優勝)がかかっています。

午後から、東京も4年ぶりの大雪になりそうです。  皆さん、足元には注意して、くれぐれもケガのないようにして下さい。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT