PREV | PAGE-SELECT | NEXT

新個人主義のすすめ

1.小さい頃から、人と群れて行動することは、あまりしませんでした。

 友人は沢山いるほうですが、自分では個人主義者だと思って、生きてきました。

2.林望(はやしのぞむ)先生の 『 新個人主義のすすめ 』 ( 集英社新書 ) を読みました。  共感する点が、多かったので紹介します。

 『 個人主義というのは、自分のことだけを、考えているのではダメで、自分以外の他人を 「 1個独立の個人 」 として認める、ということが根幹(こんかん)の、もっとも大切なことなのです。  ( 中略 )  

 したがって、正しい意味での個人主義は、決して利己(りこ)主義ではなく、むしろその反対、利他(りた)主義と言っても良いくらいです。 』

3.個人主義の20箇条として、次のように書かれています。

① 個人主義はつるまない。
② 個人主義は他者を認めて調和する。
③ 個人主義は思いやりの心を大切にする。
④ 個人主義は不必要に人に干渉(かんしょう)しない。
⑤ 個人主義は自分の言行(げんこう)に最後まで責任を持つ。

⑥ 個人主義は威張らない。
⑦ 個人主義は人に無駄をおしつけない。
⑧ 個人主義は自分の好みを人におしつけない。
⑨ 個人主義は感情に流されない。
⑩ 個人主義は約束を守る。

⑪ 個人主義は時間を大切にする。
⑫ 個人主義は付和雷同(ふわらいどう)しない。
⑬ 個人主義は流行に流されない。
⑭ 個人主義は自分を自分らしく表現する。
⑮ 個人主義は家族を大切にする。

⑯ 個人主義は規則を守る。
⑰ 個人主義は人の話を良く聴く。
⑱ 個人主義は貪(むさぼ)らない。
⑲ 個人主義はいつも静かに。
⑳ 個人主義は環境に配慮した暮らしをする。

4.また、日本の個人主義の代表者として、坂本龍馬、福澤諭吉、夏目漱石、吉田茂、白洲次郎、小泉信三が挙げられています。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT