PREV | PAGE-SELECT | NEXT

NBAファイナル2018に思う

 6月8日(日本時間9日)に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズによるNBA(プロバスケットボール)ファイナル2018 第4戦は、ウォリアーズが108-85で勝利し昨季に続いて2連覇を達成しました。  ウォリアーズの優勝は過去4年で3度目、通算では6度目のNBA制覇です。   ファイナルは4戦ともテレビで観ましたが、それぞれのチームリーダーの心理状態が対照的でした。  特に微妙な反則のコールを受けた時、キャバリアーズのレブロン・ジェームズが審判に怒って抗議していたのに対して、ウォリアーズのステフィン・カリーは首をかしげてはいましたが極めて冷静でした。  ネット検索した記事から抜粋して紹介します。

1.レブロン・ジェームズに関する記事

『①レブロン・ジェームズが8日、シリーズ第2戦からの3試合は右手を骨折した状態でプレーしていたことを明らかにした。  ウォリアーズの本拠地で行われた第1戦の試合後にけがをしたと明かしたジェームズは、ギプスで固定された手をみせながら、「最後の3試合は手を骨折した状態で、自分の感情を最大限にぶつけて戦っていた」と話した。

②第1戦の第4クオーター終盤、キャバリアーズはファウルの判定が覆ってフリースローが与えられ、1本目で同点に追いついたが、外れた2本目のリバウンドをつかんだJR・スミスがリードしていると勘違いしてシュートを打たず、ドリブルしてバスケットから離れてしまった。  そして試合は延長戦の末に114-124でキャバリアーズが敗れた。

③このときジェームズがスミスに怒りをあらわにする姿は、インターネットで大きな話題となった。  米スポーツ専門チャンネルESPNの報道によると、ジェームズはロッカールームの黒板をたたき、2度にわたるMRI検査で骨折していることが判明。』


2.ステフィン・カリーのインタビュー記事

『――おめでとう。  2連覇は非常に大変だったが、この4連勝はどんな気分か。  今は何を思う?

チームのことがとてもうれしい。  またチャンピオンとなることができたのがうれしいよ。  今年はレギュラーシーズンにケガとか苦労がいろいろあって、全体的にかなりクレイジーだった。  プレイオフの道のりを見ても、去年のように簡単にはいかないと分かっていたよ。  (中略)

――多くの浮き沈みの末に、バスケットボール選手にとって最高の目標を達成した。  夢をかなえたいと望みながらも、多くの困難に直面する子どもたちにはどんなメッセージを送る?

何があっても自分に自信を持つことだ。  僕はそれに助けられてここまできた。  ショットが悪い日があっても、ケガとかがあっても、どんな困難があっても、自分に自信を持つことや、その自信を吹き込んでくれる周囲の人たちはすべて価値があるものだよ。  勝とうが負けようが、最善の努力をしていれば、目標の最後を見ることができる。  その瞬間が素晴らしいんだ。

――4年連続でファイナルを戦い、何度も素晴らしさを発揮したが、まだファイナルMVPを受賞していない。  あまり気にしていない様子だが、どうしてそういられるのか。  チームは利他的だと言われるが、どうしてそうなったのか?

分からない。  個人で称賛されるのはすごいことだし、頑張ってきたことが認められれば、そういうことを誇らしく思うのは確かだ。  だけど、試合のたびに、シーズンが終わるたびに、鏡を見て、自分がベストのプレイをしたとか、最善の努力をしたとか、日々プレイできることへの感謝とか、チームメイトのみんなの顔を見て、自分がやれたことや優勝する助けになれたことを誇らしく思えたりとか、僕にとって大切なのはそういうことなんだ。

ケビン・デュラントはこの2年間素晴らしかった。  特にファイナルでね。  2年連続ファイナルMVPにふさわしい。  彼にあれだけでのことができるのだから、僕は彼の最大のファンになるさ。  僕らがロッカールームで最も大切にしているのは、みんなが何をもたらすことができるかや、互いに良さを引き出せることだ。』


3.ケビン・デュラントが2年前にゴールデンステイト・ウォリアーズに移籍してきた時の記事

『ウォリアーズへの移籍を決めた理由について聞かれたデュラントは、チームが一体となってバスケットボールをプレイしている姿勢をあげた。  そして、バスケットボールを一度もプレイしたことがない女性の友人から言われたことが鮮明に脳裏に残ったと、続けた。


「バスケットボールを一度もプレイしたことがなく、運動選手でもない友人が、僕にこう言ったんだ。  『ステフィン・カリーのプレイを見ていると、自分にもバスケットボールがやれる気がする』とね。  (中略)  カリーのように自由に、楽しそうにプレイしている姿は、NBAや他のスポーツに関わり合いが無い多くの人の心にも響くものなんだ。  (ウォリアーズと)初めて交渉したとき、彼らがそれだけのエネルギーを持ったチームなのかを知りたかった。  そして、すぐに感じられたんだ。  本当に純粋なエネルギーで、無視できないものだった。  このチームの一員に加わりたいと思ったんだ。  何が起ころうとも、僕はこのチームの一員に加わりたいと思った」。 』


4.私(山田)は「どんなときでも楽しく上機嫌であること」を理想としています。  ですから、ステフィン・カリーが本当に楽しそうに飄々(ひょうひょう)とプレーしているのを観るのが大好きです。

そういえば、以前のフジテレビのキャッチコピーは「楽しくなければテレビじゃない」でした。  40周年を機に、チーム城西のキャッチコピーを「めざせ‼ 極真の星を!」から「楽しくなければ城西じゃない!」に変えようかな~(笑)

つらい稽古も、ハードな試合も、ステフィン・カリーのように楽しそうに飄々と乗り越えていきたいものですね。







TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT