FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

理想とするリーダー像

1.6月21日の日経新聞夕刊の連載『私のリーダー論』は京都大学の山極寿一総長のインタビュー記事でした。  山極さんについては昨年の1月17日と9月13日にもブログで取り上げています。  記事から抜粋して紹介します。

『①追従者ばかり据えず

 ――山極さんが理想とするリーダー像を体現していた人はいますか。

 「今西錦司さん(元京都大学名誉教授)ですね。  日本の霊長類研究の草分けで、僕も薫陶を受けました。  彼の一番すごい点は、自分が生涯リーダーでありながら、たくさんの弟子を育て、梅棹忠夫さんや伊谷純一郎さん、河合雅雄さんといった傑出したリーダーを輩出したことです。  一代限りのリーダーにはなれても、次の世代のリーダーを育てるのは非常に難しい」

 「今西さんにそれができたのは、彼は愛されていたけれど、信用されなかったからなんです。  それを最初に見抜いたのは、1980年代に英国からやってきた古生物学者のベヴァリー・ホールステッドさんでした。  当時、今西さんはダーウィンの進化論に異を唱え欧米でも話題の人でしたから、イギリス人の彼は反論してやろうと意気込んで来たのです。  ところが今西さんと会っているうちにすっかりほれ込んでしまった。  しかも『今西の弟子たちは、今西の言っていることを誰も信じていない。  これはすごい』というわけです」

 「自分の周りにフォロワー(追従者)ばかり据えていては、自分を超える人は出てこない。  今西さんの場合は、常に挑戦し続ける彼自身の姿勢と、弄(ろう)するレトリック(表現の巧みな言葉)が面白かったので、弟子たちが自然と集まってきた。  今西さんは弟子たちの挑戦も奨励し、許容したんです」


②提案する人を育てる

 ――そこが常人との違いだと。

 「普通は自分を超えようとするやつの頭をなんとか抑え込もうとします。  でも今西さんはある時から手を放し、譲るんです。  梅棹さんには国立民族学博物館を作らせ、伊谷さんには京都大学自然人類学教室を、河合さんには日本モンキーセンターを任せ、京都大学霊長類研究所に生態研究部門を作らせた。  弟子たちへの任せ方は実に見事でした」

 「現代の社会では、人間関係においても正解を求めがちですね。  でも人間同士もお互い100%わかりあえることはないから、探り合うしかない。  そこで決定的な失敗に至らなければいい。  今西さんはそのことをよく知っていたんだと思います。  だから自分に従わせず、直観力をみなに発揮させた。  お互いに罵り合うことだってあるけど、楽しいからみんなそばにいるという環境を作った」

 「正解に到達することを奨励するのではなく、いろんな新しい可能性を提案してくれる人たちを育てる。  大学もそういう場所にしなくちゃいけない。  決定的な失敗さえしなければ、いくらでも実験ができる、いくらでも挑戦ができる。  その面白さが大学の持つ魅力だと思います」』


2.今西錦司さんのあり方は、私(山田)が理想とするリーダー像でもあります。  山極さんの最後の発言の「大学」を「チーム城西」に置き換えると次のようになります。

『「正解に到達することを奨励するのではなく、いろんな新しい可能性を提案してくれる人たちを育てる。  「チーム城西」もそういう場所にしなくちゃいけない。  決定的な失敗さえしなければ、いくらでも実験ができる、いくらでも挑戦ができる。  その面白さが「チーム城西」の持つ魅力だと思います」』



TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT