FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

いい子をやめれば幸せになれる

 私の孫弟子で、精神科医の山下悠毅から贈られた著書『いい子をやめれば幸せになれる』(弘文堂)を読みました。  「おわりに」の中で次のように書いてあります。

『本書では、あなたの生きづらさの正体が「自己肯定感の不足」にあること、そしてその自己肯定感を高めるためには「あなたの信念を書き換える」必要があることを説明し、そのための方法を5つのステップに分けて紹介しました。』

 本書から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.①私たちが行動をする理由の背景にある「信じている」事がらや価値観のことを、本書では「信念」と呼ぶことにします。

②もし現在あなたが「生きにくい」と感じているのであるならば、まずはあなたの信念を見つめてみることが必要なのです。  もちろん、私は現在のあなたの信念を「間違っている」と指摘したいわけではありません。  なぜなら「間違っている信念」など1つもないからです。  ここで私が言いたいことは、「信念は1つではない」ということです。

2.「心が変われば行動が変わる  行動が変われば習慣が変わる  習慣が変われば人格が変わる  人格が変われば人生が変わる」  これは心理学者ウィリアム・ジェームズの言葉ですが、ここでいう「心」とは本書における「信念」のことです。

3.①そもそも自己肯定感とはどういったものなのでしょうか。  「職場で営業成績トップを達成し、社長賞をもらった」 「学生時代、ミスコンでグランプリに輝いた」 「有名大学を卒業し、MBAの資格も持っている」  一般的にはこうした人たちは自信にあふれ、自己肯定感も高いと思われがちです。

②しかし、現実にはこうした人たちの中にも自己肯定感が不足している人が少なからずいるのです。  なぜなら自己肯定感とは、自分の長所や成果を誇りに思う気持ちではなく、素のまま・ありのままの自分に対して「私は私のままで大丈夫」 「I am OK」と思える気持ちのことだからです。

4.①「恋」という感情の正体は「~だから好き」と言い換えることができるのです。  「バリバリ仕事ができるから好き」 「自分が心細いときに支えてくれるから好き」 「見た目がタイプだから好き」  このように、恋には必ず「~だから」といった理由が伴うのです。

②「愛」という感情の正体は「~だけど好き」と言い換えることができるのです。  「正直、稼ぎはあまり良くないけど好き」 「見た目は全然タイプじゃないけど好き」 「趣味はまったく合わないけど好き」  このように、相手の条件や自分へのメリットではなく、それどころかデメリットがあるにもかかわらず相手を「好き」と感じられるのが「愛」なのです。

③そして、なぜ「恋愛」であって「愛恋」とは呼ばないのでしょう。  それはすべての恋愛が「~だから好き」という理由を伴なった「恋」から始まり、やがて「~だけど好き」という無条件の「愛」へと変化していく、このことを昔から人は知っていたからだと思うのです。

5.①本書の目的は、あなたの自己肯定感を回復させることであり、それは一言で言うと「自分を愛する」ということです。

②私が診察室でこの話をすると、「自分には愛すべきところなどない」 「こんな私を愛するなんて無理だと思う」と否定する方がいます。  しかし、こうした発言には矛盾があるのです。  なぜなら、愛の正体とは「~だけど好き」だからです。

③自分を好きになるために勉強や仕事を頑張る、自分磨きをする、友人を増やす、こうした努力をする方はたくさんいます。 書籍やネット上にも、「自分の長所を探しましょう」 「女子力を磨きましょう」といった情報が溢れています。

④しかし、これもまた「~だから好き」といった、自分自身への「条件付きの愛」にすぎず、自分を愛することには繋がらないのです。

6.①(前略)「自分がお金持ちであること」や「優秀な学歴や経歴であること」を自慢したところで、人はそれについて「すごい」と思うことはあっても、必ずしも「この人のような生き方をしたい」とは思わないからです。

②自己肯定感が不足していると、人は誰かに自慢をすることで「自分を好きになろう」とすることがあります。

③この傾向はとくに男性に多く見られ、「尊敬してもらえるはずだ」という信念のもと、高価な車や時計、華やかな学歴や職業、多くの異性や有名人との交友などをひけらかします。

④その結果、「誰からも尊敬されない」 「お金目当ての人ばかり集まってくる」という事態になってしまうのです。  そして、「尊敬されたい」という想いはさらに強まり、行動もさらにエスカレートしていきます。

⑤精神分析医コフートはこうしたマイナスのスパイラルに陥る人を「悲劇の人」と呼んでいます。』

 上記6.に当てはまる人を何人か知っています(笑)

 素晴らしい内容なので、一読をお薦めします。




  

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT