FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

20回目の夏合宿

1.昨日・今日は山中湖で夏合宿が行なわれ、先ほど帰宅しました。  新生・城西支部として20回目です。  この「新生・城西支部」の夏合宿について、2012年8月6日のブログで以下のように書いています。  

『①大山総裁から認可され、東京城西支部を開設したのが1978年8月26日です。  1981年8月27日には東京都下(東京都の23区以外)の支部認可も受け、東京都下・城西支部となりました。

②1994年4月26日に大山総裁が逝去され、松井館長体制となります。  1995年4月6日に体制が刷新され、東京都下・城西支部傘下の5つの分支部が支部に昇格します。  仕事の関係で直接指導から離れていた私は西関東本部長に任命され、東京都下・城西支部は自然消滅した形になりました。

③1998年6月22日、東中野で東京城西支部を阿曽芳樹師範代と共に再開しました。  合宿は翌年の1999年からですから、新生・城西支部としては今年で14回目の開催です。

④一昨年までは秩父・三峯神社で、昨年よりは山中湖で行っています。  全14回出席の皆勤賞は私と阿曽師範代、掌道の菊澤政夫院長の3人です。』


2.①東京都下・城西支部時代には伊豆下田の多々戸浜・茨城の大洗海岸・山梨の西湖などで合宿を行っていました。  新生・城西支部になってから、1999~2010年は秩父の三峯神社で12回、2011年~今年は山中湖の「ホテル清渓」で8回、計20回目の夏合宿となりました。  2012年のブログにある、私と阿曽師範代・菊澤院長の皆勤賞は継続中です。

②2014年からは城西OBである池田祥規支部長の城南目黒中央支部との合同合宿となっています。  こちらも、もう5回目ですね。  松井館長もよく言われますが、何ごとも継続することが大切です。

③今回の合宿での選手稽古のテーマは「足掛け」でした。  菊澤院長を相手にして、何度もさまざまな「足掛け」の技術をデモンストレーションしました。  まさに「老体に鞭打って」で、私も菊澤院長も筋肉痛です(笑)  参加メンバーに私の意図がうまく伝わっていればいいのですが。


3.ところで、松村~‼  自分より年下でも上級者は先輩だから、「○○先輩」と呼んで、タメ口はダメだぞ~‼  私が入門したころの総本部道場なら、「先輩に対する口の利き方を知らず無礼だ」ということで、間違いなく組手で締められています(笑)

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT