FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アリババ創業者の引退

ソフトブレーン創業者・宋文洲さんのメルマガ『論長論短』は、このブログで何度も紹介しています。  一昨日配信分のタイトルは『アリババの創業者が引退するが』でした。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①9月10日は中国の「教師の日」です。  偶然にもこの日はアリババ創業者馬雲氏の誕生日です。  先日、54歳の誕生日に、馬雲氏はアリババ広報を通じて引退宣言を発表しました。  「満55歳の来年の今日に会社を引退する」と。

②しかし、当の馬雲氏は9月10日にロシアで54歳の誕生日を迎えました。  ロシアで開催される東方経済フォーラムに出席するためです。  このフォーラムに日本の安倍総理も出席しプーチン大統領と会談を行いました。

③翌日の11日、プーチン大統領がロシア菓子を食べていた馬雲氏を見つけて聞きました。  「馬雲さん、あなたはまだ若いのになぜ引退するのですか?」

④馬雲氏は答えました。  「大統領、私はもう若くないのです。  昨日ロシアで54歳の誕生日を過ごしました。  創業から19年間は確かにある程度仕事をしましたが、私には他にも大好きな仕事がたくさんあります。  例えば教育事業と公益事業などです。」

⑤「あなたは私より若い。  私はもう66歳ですよ。」  プーチン大統領は笑いながら拍手しました。

⑥馬雲氏が来年の誕生日にCEOを引退する時、アリババはちょうど20周年を迎えます。  たった19年間で杭州師範大学を卒業した英語教師の馬雲氏は時価総額4560億ドル(46兆円)の中国一位、世界七位の会社を作り上げました。

⑦馬雲氏の引退声明では「この決定は10年前から慎重に考えそして準備してきた。  私は受けた教育のお陰で教師になった。  今日に至って私は本当に幸運だった・・・  私にはまだ多くの夢がある。  教育に戻って好きなことをすることによって私は興奮と幸福に満ちるだろう。  私はまだ若い、他にも試したいことがある。」

⑧この引退声明に合わせてプーチン大統領との会話を吟味すれば馬雲氏は経営がそれほど好きではないことが分かります。  時代が彼をカリスマ経営者の座に押し上げたが、彼の内心は幸福ではなかったはずです。  天職の教育事業や好きな公益事業など、好きなことをやりたい気持ちは本物でしょう。

⑨スケールはまったく比較になりませんが、私も経営が好きではありませんでした。  偶然に始めたビジネスが時代の流れに乗って拡大していきましたが、「いつまでもこんなことをやりたくない」と自分の心が定期的に言っていました。  我慢していればそのうち好きになると思っていましたが、時間が経つに連れて好きになるどころか、引退したい気持ちがどんどん強くなっていきました。  (中略)

⑩私は42歳の時に経営から引退しました。  その時には既に最新の技術についていくのが苦しかったです。  頑張ればそれなりにできたのでしょうが、好きでもないことに執着するよりも、若い世代にバトンを渡したほうが自分のためにも日本の社会にもよいことです。

⑪若い世代の後ろに立ち、教育事業と公益事業に転換した馬雲氏は、中国の企業家達に良い手本を見せたのみならず、今まで以上に中国と世界に貢献してくれるでしょう。』

⑦の「教育に戻って好きなことをすることによって私は興奮と幸福に満ちるだろう。」という馬雲さんの言葉には感銘を受けました。

私自身の経験から言っても、「好きではないこと」を「努力する」より、「好きなこと」に「夢中になる」方が幸せですし、パワーと成果が出ます。

明日は審査会、今週末はセミコンタクトルール首都圏交流試合と続きます。  でも、涼しくなってきたので、だいぶ楽ですね。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT