FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

セミコンタクトルールと実戦性

昨日は所沢市民体育館でセミコンタクトルール首都圏交流試合です。  閉会式で『セミコンタクトルールと実戦性』について話をしました。  補足して書いてみます。

1.セミコンタクトルールは実戦性が低いのか

最近、「セミコンタクトルールは今までのフルコンタクトルールに比べて実戦性が低いのではないか」という記述を目にしました。  私は「セミコンタクトルールは極めて実戦性の高いルールである」と考えています。


2.フルコンタクトルールの導入

①格闘技には空手のような打撃系格闘技と、柔道のような組技系格闘技があります。  実戦を考えた場合、打撃系格闘技の技術で最も有効なのは手による顔面攻撃と足による金的攻撃です。

②攻防の技術を高めることにおいて、試合形式の導入は欠かせません。  その場合、足による金的攻撃は安全性の観点から排除されることは当然です。

③極真空手の創始者である大山倍達総裁が、それまでの攻撃を当てない試合ルール(ノンコンタクトルール)を否定し、実際に当て合う直接打撃制ルール(フルコンタクトルール)を提唱しました。  ただし、素手で戦った場合の顔面攻撃はあまりにも危険であるため、手による顔面への突きは反則としたのです。

④今年で全日本大会は50回となりますが、それ以前の大山道場時代は手にタオルを巻いたりして、顔面を実際に当てる組手が行なわれていました。  私は47年前の第3回大会の年に入門しましたが、道場の組手では顔面への牽制や頭突きなどの技術が残っていました。


3.フルコンタクトルールの弊害

その後試合ルールが浸透する中で、手による顔面攻撃がないことを前提とした以下のような弊害が見られるようになってきました。

①手による顔面攻撃がないため、本来あるべき(相手との)間合いがまったく無視され、胸をつけ合うような間合いまで不用意に入って攻防が行なわれる。

②手による顔面への的確な攻撃やその防御に関する対応力が極めて低い。


4.セミコンタクトルールの導入

①顔面の攻防の試合形式については、素手で直前に留める「寸止め」と、グローブや面をつけて実際に叩き合う「直接打撃」が考えられます。  極真会館のように組織的に老若男女が試合に多数参加することを前提とすると、脳障害の予防などの安全面からは「寸止め」にすることが最良だと思います。

②6月に大阪で行われた、「セミコンタクトルール全国交流大会」に続き、2回目の試合でしたが参加選手の技術レベルが順調にアップしているように見えました。

③選手がフルコンタクトルールとセミコンタクトルールの両方の技術を磨くことによって、バランスのとれた打撃系格闘技の技術を身に付けることができると、昨日の試合を見ながら私は確信を持ちました。


5.私の抱く将来像

①将来的にはフルコンタクトルールとセミコンタクトルールと型の三部門で優勝するグランドチャンピオンが出てくることを期待しています。

②そしていずれ、WKFルール(ノンコンタクトルール)で行われるオリンピックの空手競技の金メダリストが、極真会館から出れば最高ですね。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT