FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

家康 その一言

精神科医の南條幸弘さんが書かれた『家康 その一言 ~精神科医がその心の軌跡を辿る~』(静岡県文化財団)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『1.桶狭間の戦い(徳川家康は今川義元軍の先鋒であったが織田信長に敗れる)

①家康が死を覚悟したのはこの時(桶狭間の戦い)だけではなく、後述するように、その後も何度かあった。  神経質人間は悲観しやすい。

②しかし、本質は生の欲望が強く、死を恐れる。  だから、一旦もうダメだ死ぬしかないと思ってどん底の心理状態に陥っても、ダメでもともとやってみよう、と底を蹴って這い上がることができるのである。  

③そして、そのときには最大の能力を発揮することができるのだ。


2.三河一向一揆

①家康の家臣の一部が一向宗の寺から兵糧米を取ろうとしたり寺に逃げ込んだ人物を捕えたりする件があって、それが一揆の引き金になった。  家康の家臣たちの中にも一揆側につくものがいて、家康はその収拾に苦心する。  (中略)

②一揆側は首謀者を含めての免罪と寺々を以前のままにするように要求してきた。  家康としては首謀者だけでも成敗しようと考えていたが、一揆側に参加したとは言え、主君への忠誠と信仰の板挟みに悩んだ家臣が多いことに配慮して、家康は帰参した者たちに浄土宗に改宗するよう命じた上で寛大な処置を取った。  (中略)

③「殿は寛大すぎる」と反対する者もいた。  「私は少しも恨みはしない。  お前たちも本心に立ち返って忠勤に励むように」との家康の一言に、帰参した者たちは感涙したという。

④彼らはますます家康への忠誠を深めていく。  この我慢が信長や秀吉と大きく異なる点である。  命を救われ家臣たちの働きにより、やがてピンチがチャンスになるのである。


3.小田原攻め(関白・豊臣秀吉とともに北条氏を攻める)

①沼津では秀吉が少数の家臣とともにいる時期があり、井伊直政が家康に「今こそ秀吉を討つべき時です」と耳打ちしたが、「秀吉は私を信頼してきたのに、籠の中の鳥を殺すようなことはしないものだ。  天下を治めるのは運命によってであり、人間の英知の及ぶところではない」と諭したという。  (中略)

②谷川に細い橋が架かっていたが、(家康軍は)みな馬を下りて歩いて越えた。  家康も橋のところで馬を下り、供人に背負われて橋を渡った。  それを見ていた(秀吉方の先陣である)丹羽長重、長谷川秀一、堀秀政の部下たちは嘲笑ったが、三人は「これほどだとは思わなかった。  まさに海道一の馬乗りだ。  巧者は危ないことはしないものだ」と感心したという。  (中略)

③家康は家臣に対して「道の悪いところで馬から下りて歩くのは、馬術大坪流の極意の一伝である。  総じて少しでも危ういと思う所では馬は乗らないものだ」と語ったそうである。  無理をして馬の足を傷つけてしまったら戦で役に立たなくなる。  恰好を付けるよりも安全第一が家康のモットーだった。』

家康の神経質気質が、結果として260年続く徳川幕府を作り上げたのだと思います。

今年は強力な台風が多いですね。  くれぐれもお気を付けください。  徳川家康にならって神経質なくらいがちょうどいいかもしれません。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT