PREV | PAGE-SELECT | NEXT

テレビ三昧(ざんまい)

1.昨日の日曜日は、めずらしく長時間、テレビを見ました。

 午前中は審査会でしたが、午後はいつも通り、家でゴロゴロしていました。

2.午後1時55分から3時まで、フジテレビの 『 ザ・ノンフィクション 』 ( 目指せ白鵬・朝青龍 祖国より密着600日 ) を見ました。

 ブラジル・サンパウロ州出身の、リカルド・スガノ君 ( 四股名(しこな)は魁聖(かいせい) ) が、友綱部屋に入門してからの600日に密着していました。

 家を出るとき、お母さんから1冊の手帳を手渡されました。  その中に、書いてあったことばを、紹介します ( メモを取らなかったので、若干、言い回しが違うかもしれません ) 。

① 鋼鉄は、高熱によって鍛えられる。

② 十字架は、背負う人によって意味が違ってくる。

③ 地獄を見ないと、天国の良さがわからない。

3.午後3時から6時、7時から9時は、NHKBSの 『 BSあなたが選ぶスポーツ名場面100選 』 を見ました。

 第1位は、フィギュアスケート・荒川静香選手のトリノ五輪優勝でした。

 ちなみに、私の第1位は、1997年、K-1名古屋での 『 フランシスコ・フィリョ VS アンディ・フグ 』 です。

4.午後9時から10時は、BS-iの 『 超・人 』 ( 「 鈴木桂冶 」 アテネ五輪柔道世界一 吸い付く脚 親指で一本 ) を見ました。

 少年時代にサッカーをやっていたため、鈴木選手の足技は、相手選手の足に吸い付くようにかかるそうです。  しかし、その足技で一本が取れるようになるために、 『 乱取りの量を、世界一多くすることを心がけた。 』 と師である、斉藤仁監督が言っていました。


TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT