PREV | PAGE-SELECT | NEXT

セドナ(写真付き)

20080514123017.jpg


1.5月3日から7日まで、アメリカ・アリゾナ州のセドナに行きました。  雑誌フラウの2005年10月号の別冊付録でセドナの写真を見て以来、かねがね行ってみたいと思っていました。

2.『聖なる土地の力』(マーティン・グレイ著 バジリコ刊)という本にセドナの紹介が出ています。  抜粋して紹介します。

 『アリゾナ州北部に位置するセドナのレッドロック(赤い岩)は、米国で最も美しい自然風景の1つだ。  セドナの渓谷の崖は、地質年代の異なる9層の岩盤でできていて、砂岩層の赤い色は、長い年月の間に酸化鉄によってついたものである。  (中略)

 1940~50年代に、町は最初の急成長期を迎える。  ハリウッドが「ビリー・ザ・キッド」(1930年)や「アパッチ砦」(1948年)、「折れた矢」(1951年)などの古典的作品も含め、数々のウェスタン映画を、赤い岩山に囲まれたこの土地で撮影し始めたからである。  (中略)

 現在では、年間400万人もの旅行者がセドナを訪れる。  (中略)

 地元のツアーガイドたちは口々に、セドナ周辺には「ヴォルテックス」と呼ばれる地球のエネルギーが特に強く集中的に表れる場所がいくつかあると言う。  だが、地質学者たちは、そのようなことはないと強く反論している。』

3.成田空港からアメリカ西海岸のポートランドまで飛行機で約9時間、ポートランドからアリゾナの州都フェニックスまで同じく約2時間半、フェニックスからセドナまでは自動車で約2時間かかります。

 初めて見るレッドロックには感動しました。  地質学者の反論はあるかもしれませんが、私には何か特殊なエネルギーがあるように感じられました。

 一昨年のキューバに続き、呼ばれるようにしてセドナに行ってきました。  次は、イタリアのアッシジに行ってみたいです。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT