PREV | PAGE-SELECT | NEXT

林文子さん

1.今年6月、東京日産自動車販売の社長に就任した、林文子さんのインタビュー記事が、昨日の日経新聞夕刊に載っていました。

2.ウィキペディアで検索した、林さんの経歴を抜粋して紹介します。

『結婚後、本田技研工業系の新車ディーラー、ホンダオート横浜で自動車の販売を始め、頭角を現す。

1987年、ビー・エム・ダブリュー東京に入社。  (※ビー・エム・ダブリュー東京では、5年間に400台を販売し、1993年には同社として初の女性支店長に抜擢された。)

1999年、ファーレン東京(現:フォルクスワーゲン東京)、代表取締役社長就任。

2003年、ビー・エム・ダブリュー東京、代表取締役社長就任。

2005年5月、ダイエー、代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。  (※ダイエー再建の支援企業である丸紅株式会社、アドバンテッジパートナーズLLPに要請された。)

2008年6月24日、東京日産自動車販売、社長就任。』

3.日経夕刊の記事を抜粋して、番号を付けて紹介します。

『①「三年で再建を」。  こう要請されて、ダイエーの会長兼最高経営責任者に就任したのが、2005年春。  (中略)  この三年間、経営とは辛抱することだと覚えました。  

②朝も暗いうちから、自宅近くの鶴見川沿いを歩くのを日課としてきましたが、ダイエー再建に取り組んでからは、日の出に向かって祈るようになりました。  「がんばります。  お守りください。」  こう念じながら、上る太陽に手を合わせた。  そんな心境になったのは、経営者になってから初めてです。

③苦しい中、古典落語も経営の原点を思い起こさせてくれました。  (中略)  ともすれば、経済合理性が優先される現代にあっても、人と人とのつながりが大切です。  落語には経営のヒントが詰まっています。  今でも、毎朝身支度しながら、CDで一席聴いて出社します。』

4.余談ですが、私の妻は結婚前に東京日産自動車販売で働いていました。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT