PREV | PAGE-SELECT | NEXT

つんくさん

音楽家・プロデューサーのつんくさんの書かれた、『一番になる人』(サンマーク出版刊)を読みました。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①一度一位をとると、次に一位になる確率は、なぜかとても高くなるように思います。  競馬では、地方競馬でも一位をとらなければ、ダービーには出られません。  どこかで一位になっておかないと、日本一になるチャンスさえないのです。

僕自身、「シャ乱Q」が絶好調だったころ、ミリオンセラーを連発していたのに、なぜか一位を取れない時期が続きました。  たまたまミスチルやB´zやサザンと一緒になって、一位になれないのです。  ああ、自分たちは一位をとれないバンドなのかなあ、そういう運命かもしれないなあと、思っていたちょうどそのとき、「涙の影」という曲で、初めて一位をとることができました。

今度一位をとれなかったら、たぶん一生とれないだろう、一位の神さまが俺にはついていないということだろう。  そう思っていたので、心からホットした。

②子どもにしろ、大人にしろ、人は好きなことには、全身全霊で取り組むことができます。  好きなことに取り組んでいるときに発揮される集中力は、見ていてまぶしいばかりです。  それはけっして、努力して出せるものではありません。  しょせん、「努力」で出せるエネルギーは、「好き」でだせるエネルギーの比ではないのです。

③おそらくどの世界においても、「一番になる人」は、世の中にプラスのエネルギーを、人間として徳が上がるようなエネルギーを、発信しているのではないか。  そんなふうに思えてなりません。  (中略)

エネルギー業者として、みずからの役割をきわめていくことが、一人ひとりの人間に課せられた試練であり、使命でもある。  (中略)  一番になれるかどうか。  それはすなわち、それぞれに与えられた使命に気づき、その使命を十分に果たしているかどうかに、じつはかかっているのかもしれません。

④自分から強引に方向転換することを、僕はしません。  人には、自分の人生の流れに沿った川があるからです。  その人特有の川の流れがある一方で、風の流れというものもあります。  いま世のなかでは、どこからどこに向かって、風が吹いているのか、風の流れを読む必要があります。

⑤運が強い人は、ほかの人と比べ、いったい何が違うのか。  それは、勝負できるときに勝負できるか、ということだと思うのです。  (中略)  風を感じ、空気を読んで、これでいけると思ったときには、バンバンバンと一世一代の大勝負を演じてみせる。

そのようなチャンスは、大なり小なり、誰にだって訪れているのです。  問題は、それに気づけるかどうか。  人生を真剣に生きていれば、それがチャンスであるかどうかは、皮膚感覚でわかります。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT