PREV | PAGE-SELECT | NEXT

相田みつをの「おかげさん」

携帯サイト『相田みつをの心』の『今日のことば』は「おかげさん」です。  相田みつをさんの解説を、番号を付けて紹介します。

『①「役者冥利(みょうり)に尽きる」とか、「冥加(みょうが)に余る」などと、昔の人はよく言いました。  身に余る恩恵を受けて、感謝することですね。

②冥というのは、暗いという意味です。  暗いから眼に見えない。  暗いから分からない。  自分の分からない所、自分の気が付かない所で、いつのまにか加えられている、仏さまの加護、ご利益、それが冥利であり、冥加です。

③そのことを「おかげさま」と言うんです。  「おかげ」の「かげ」は、暗い蔭のことです。  自分では見えないから、蔭なんです。  よく見える表のことではありません。

④私達が今、ここに生きている、いや、生かされているためには、自分の気の付かない所で、どのくらい冥利、冥加を受けているかも分かりません。

⑤何もかも「お蔭さま」です。  「表さま」じゃないんです。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT