PREV | PAGE-SELECT | NEXT

組手技術

1.昨日、一般部審査会の組手審査の後で「組手技術」、特に「受け返し」について話をしました。  もう一度、整理・確認するために今日のブログのテーマとしました。

2.組手技術とは・・・「組手において相手を倒すための体の使い方」をいいます。  相手を倒すためには、相手の構えやバランスを崩す必要があります。  ただやみくもに突いたり蹴ったりしても、相手によけられたり、場合によっては返されたりして、相手を倒すことはできません。  したがって「組手技術」とは「崩し→攻撃」の構造を持っています。  つきつめて言うと、「組手」とは「いかに相手を崩すか」「いかに相手に崩されないか」の攻防なのです。  ですから、「最初から(両手の)ガードが低い・すね受けをしない」などは、相手にとって「崩す必要のない、攻撃しやすい対戦者」ということになります。

3.崩し・・・相手を崩すには次の3つの方法が考えられます。
(1)コンビネーション(連続攻撃)・・・自分の突きや蹴りで相手を崩して、突きや蹴りにつなぎます。   フェイント攻撃で崩すこともコンビネーションに含まれます。

(2)受け返し・・・相手の突きや蹴りを受け崩して、自分の突きや蹴りにつなぎます。  相手が攻撃に来るときには、相手の構えやバランスは、最初に構えた状態からは崩れているので、その崩れを利用します。  例えば、相手が蹴ってきた時は、軸足一本で立っているのですから、蹴る前の二本足で立っていた状態よりはバランスが当然悪くなっており、そこを利用するのです。

(3)カウンター・・・相手の突きや蹴りを受けたり、よけたりすると同時に、自分の突きや蹴りを当てます。  相手が攻撃に来るときの、相手の構えやバランスの崩れを利用することは、受け返しと同じ理屈です。

4.組手技術の習得・・・次のいくつかの稽古があります。
①攻撃の技術の習得・・・一つ一つの突きや蹴りを正しい形で反復し、体に覚えこませます。

②受けの技術の習得・・・相手の一つ一つの突きや蹴りに対する受けを正しい形で反復し、体に覚えこませます。  この時大事なことは、何かの突きや蹴りを受けられない、ということが無いようにすることです。  下段まわし蹴りで言えば、前足外側・前足内側・奥足外側・奥足内側と4種類の蹴りがありますが、すべてを受けることができなければダメです。

③「崩し→攻撃」の技術の習得・・・各種の「コンビネーション」「受け返し」「カウンター」を正しい形で反復し、体に覚えこませます。  ここで大事なことは「正しい形」と「反復」です。  「正しい形」は指導員がチェックしたり、自ら鏡でチェックします。  「反復」については自動的・無意識に動けるように、つまり、クセになるまで繰り返す必要があります。

④スパーリング・・・お互いに突きや蹴りを当て合わないことを前提に、①②③、特に③が相手との攻防の中で正確にできるようになるためのトレーニングです。  スパーリングでできないものは、反復が足りないのですから、もう一度①②③の稽古に戻る必要があります。

⑤試合や審査会における組手・・・お互いに突きや蹴りを当て合うことを前提に、①②③、特に③が相手との攻防の中で正確にできるようになるためのトレーニングです。  スパーリングではできるが、組手ではできないということもありえます。  この場合も、より一層の反復のために、もう一度①②③の稽古に戻る必要があります。



    

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT