PREV | PAGE-SELECT | NEXT

新将命さん『リーダー』

1.今朝の朝日新聞に新将命(あたらし・まさみ)さんの取材記事が載っていました。  新さんは、およそ半世紀近く外資系企業を生き抜き、社長職を3社、副社長職を1社経験してきたそうです。  抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①仕事がどれだけできるようになっても尊敬されるリーダーであるとは限らない。  それを新さんはこう例えた。  「意見は時たま異なっているけれど、ついていきたい上司がいる。  逆に、言っていることは間違っていないけれど、どうも心を許せない上司もいる。  何が違うのか。  それは信頼できる人間力を備え、また部下の自己実現を考えているかどうかの差です」  (中略)

②「仕事とは、自分も部下も幸せになって、会社や社会に貢献すること。  誰もが自己実現へ向けて歩けること。  だから面白い。  いいリーダーになって、引っ張っていきましょうよ」』

2.また新さんは、縦軸にマインド(人間力)・横軸にスキル(仕事力)をとって、仕事人を次の4つに分類しています。

①人財・・・マインドもスキルも高い人。

②人在・・・スキルは高いがマインドが低い人。  仕事力はあるが、自らが動く追随タイプ。  日本企業の仕事人の8割がこれ。

③人材・・・マインドは高いがスキルが低い人。  やる気は高いが仕事はさっぱりの新卒者。

④人罪・・・マインドもスキルも低い人。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT