PREV | PAGE-SELECT | NEXT

(44) 1993年 第25回大会

1.①1993年(平成5年)6月18~20日、大阪府立体育会館で第10回ウェイト制大会が開催されます。  軽量級に福田達也・今西俊彦・横山誠・桜沢正大・高野博充、中量級に青木英憲・戸田直志・長友優典・加藤丈博・池田祥規・外智博・塚原典寿・川本英児、重量級に廣瀬武之・江口芳治・根本清志・小川俊一・市村直樹・吉岡憲久・佐野忠輝・岡本徹・小笠原和彦・我孫子功二・黒澤浩樹が出場しました。

②軽量級・・・優勝した山本健索選手に4回戦で福田、準々決勝で今西、準決勝で横山がそれぞれ敗れます。  横山が4位に入賞しました。

③中量級・・・青木が準々決勝で戸田、準決勝で長友にそれぞれ勝利し決勝に進みます。  もう一方の準決勝では川本が飯泉俊明選手に3度の延長戦の末に敗れました。  青木は決勝で飯泉選手に一本勝ちし初優勝を遂げます。  長友が3位、川本が4位に入賞しました。

④重量級・・・根本は準々決勝で優勝した八巻健志選手に敗れベスト8に終わります。  黒澤は準決勝で鈴木国博選手に再延長戦で判定負けし3位でした。

2.①1993年10月30・31日、東京体育館で第25回全日本大会が開催されます。  前回大会優勝の田村悦宏・第3位の岡本徹・第8位の小川俊一、ウェイト制入賞の横山誠・青木英憲・長友優典・川本英児・黒澤浩樹、支部内選抜で小笠原和彦・廣瀬武之・市村直樹・我孫子功二が出場しました。

②Aブロック・・・長友が4回戦で数見肇選手に延長1回判定負けします。  青木も準々決勝で数見選手に合せ一本負けし、5位に入賞しました。

③Bブロック・・・準々決勝で岡本が野上利幸選手に判定勝ちし、準決勝に進みます。  

④Dブロック・・・黒澤が3回戦で市村に試し割り判定勝ち、4回戦で川原奈穂樹選手に延長1回判定勝ちするものの、準々決勝は怪我のためドクターストップとなり、6位入賞となりました。  田村が不戦勝で準決勝に進みます。

⑤準決勝戦・・・岡本は数見選手に延長1回判定負けしました。  田村は七戸康博選手に体重判定勝ちし決勝に進みます。

⑥3位決定戦・・・岡本が七戸選手に下段廻し蹴りで合せ一本勝ちし、3位になりました。

⑦決勝戦・・・田村が数見肇選手に延長2回判定負けし、連覇はなりませんでした。

よい週末を!

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT