PREV | PAGE-SELECT | NEXT

(49) 1995年 第6回世界大会

1.①1995年(平成7年)6月24・25日、東京の有明コロシアムで第12回ウェイト制大会が開催されます。  11月に行われる第6回世界大会の選抜試合を兼ねていました。  軽量級に松山剛・川去誠・八木沼史朗・伊藤貴博・新津茂男・桜沢正大・尾崎亮・加藤邦顕・高野博充・荒井裕志・大谷善次・須藤麗・今西俊彦・鈴木啓太・真銅宏二郎、中量級に橋本正一・守屋隆浩・市川幸法・森田祐一・川崎雅央・青木英憲・御子柴直司・高橋徹・島端明・後藤芳輝・河野高志・戸田直志、重量級に田村悦宏・小野瀬寧・近藤博和・根本清志・羽田シゲル・吉岡憲久・小笠原和彦・佐藤修・杉山文宏・松沢幸誠・飯田雄志・黒澤浩樹が出場しました。

②軽量級・・・伊藤・大谷・今西の3人がベスト8、準々決勝で伊藤に勝った桜沢が第4位に入賞します。

③中量級・・・後藤と戸田がベスト8でした。

④重量級・・・吉岡と杉山がベスト8でした。  黒澤は準決勝で岩崎達也選手に敗れ、第3位に入賞します。  田村は決勝で岩崎選手と当たり、試し割り判定負けし、3度目の優勝はなりませんでした。 

2.①1995年11月3~5日、東京体育館で第6回全世界大会が開催されます。  前年の第26回大会第3位の市村直樹、ウェイト制大会準優勝の田村悦宏・第3位の黒澤浩樹、8月20日の最終選抜試合で準決勝に残った青木英憲の4人が出場しました。  

②Aブロック・・・黒澤は1回戦シードで2・4・5回戦を一本勝ちし、準々決勝に勝ち上がります。  準々決勝で優勝した八巻建志選手と当たり、本戦3対0で判定負けします。  第6位に入賞しました。

③Bブロック・・・田村は5回戦でブラジルのルシアーノ・バジレ選手に体重判定負けします。  

④Cブロック・・・青木は4回戦でフランシスコ・フィリョ選手と当たり、本戦4対0で判定負けします。

⑤Dブロック・・・市村は5回戦でグラウベ・フェイトーザ選手と対戦し、上段膝蹴りの技有りを取られ、判定負けします。

東京は雪が降っています。  足元にお気をつけて。  よい週末を!

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT