PREV | PAGE-SELECT | NEXT

前田義子さん『強運に生きるワザ』

『前田義子の強運に生きるワザ』(前田義子著 小学館文庫)から抜粋し、番号を付けて紹介します。  前田義子(まえだのりこ)さんは株式会社フォクシー社主兼オーナーデザイナーで、2007年9月7日のブログでも取り上げさせていただきました。

『①何が運がよくて、何が運が悪いのかを考えるとき、たとえば両親がお金持ちで資金を出してくれるとか、社会的地位が高くて就職時のスタートラインが有利だとか、そういうことを「運がいい」と思っている人が世の中にはたくさんいると思います。

②でも、私から見るとそれはすごく運の悪いことなんです。  なぜなら、そういう親はあまり子供に苦労をさせたくないと思っていることが多いから、何かいやなことがあると、「そんなに苦労することないから、会社なんて辞めなさい」と言いがちなんですね。

③「苦労することない」と言い続ける親がいて、それを振り切りながら働くのはすごく大変なことだと、私は経験上知っています。

④だけど私は、「仕事はお金のためだけではなく、人間としての尊厳を守るために必要なこと」だと思っています。  自分の足で立つことによって、人間としての尊厳を保てるのです。  

⑤そしてそれは、私にとっては「自分が食べたいものを食べたいときに、だれに遠慮することなく食べる」ことで、そのためには、自分の収入がいるのだという認識をもっています。 

⑥だから、そんな哲学を持って働きたいと考えている人、特に女の子にとっては、「苦労させたくない」と思っている親を持つことは運の悪いことだと思うんです。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT