PREV | PAGE-SELECT | NEXT

江原啓之さん『疾風に勁草を知る』

『ことたま』(江原啓之著 徳間書店刊)の『疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る』の項から抜粋し、番号を付けて紹介します。

『①「疾風に勁草を知る・・・激しい風によって、初めて強い草が見分けられるように、困難に遭(あ)って、初めてその人の意志の強さ、人間としての真価がわかるというたとえ。」

②私がカウンセリングを通して一番気の毒だと思ったのは、大きな試練に見舞われている人ではなく、むしろ、大きな挫折を知らない人。  彼らは試練によって磨かれていない分、弱いのです。

③物質主義的価値観の目で現世を見れば、社会的地位のある親を持ち、経済的に恵まれた家で育ち、優秀な学校に進学し、一流だといわれる会社に就職した人が幸せということになります。

④けれど、物質的な条件が満たされている人ほど、えてして強風に弱いものです。

⑤試練のないまま一生を送ることができれば問題はないのですが、そんな人はまずいません。  なぜなら、試練のない人生には学びがない。  学ぶことがなければ、現世に生まれてくる必要がないからです。』

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT