PREV | PAGE-SELECT | NEXT

間違えやすい敬語ランキング

4月18日付けの日経新聞・別紙『日経プラスワン』で「間違えやすい敬語ランキング」が取り上げられていました。  ビジネスに携わる100人に街頭テストを実施し、間違った表現を正しいと答えた人が多い順にランキングされています。  番号はランキング順位、()内の人数が街頭テストで間違えた人の数、「→」の前が間違った表現、「→」の後ろが正しい表現、「・・・」の後が間違いの理由です。

1.(67人)ご拝読いただきありがとうございます。→ご覧(お読み)いただきありがとうございます。・・・「拝」は「謹んで」という意味の謙譲語で自らの行為をへりくだる際に使う。  尊敬語と取り違えて使用している。

2.(61人)○○は本日お休みをいただいております(社外からの電話に)。→○○は休みを取っております。・・・休みを与えているのは本人の所属する会社。  「いただく」が自社に対してへりくだる形になっている。

3.(58人)○○様でございますね(来客に)。→○○様でいらっしゃいますね。・・・「ございます」は「ある」の丁寧語。  「かばん」「コート」など物には使うが、敬意を示す相手には使わない。

4.(54人)コーヒーと紅茶どちらにいたしますか。→コーヒーと紅茶どちらになさいますか。・・・謙譲語と尊敬語を取り違えている。

5.(51人)お子様に差し上げてください(目上の人に贈り物を託して)。→お子様に差し上げます(お渡しいただけますか)。・・・「差し上げる」は謙譲語。  相手を経由する場合は不適切。

5.(51人)お求めやすい○○(接客の場で)。→お求めになりやすい○○。・・・「求める」の尊敬語は「お求めになる」。

7.(45人)ご注意してください(接客・公共の場で)。→ご注意ください。・・・「お(ご)~する」という謙譲表現を取り違えて使っている。

8.(44人)お分かりいただけたでしょうか(商談で)。→ご理解いただけたでしょうか。・・・目上の能力を試したり評価している印象を与えてしまう。

9.(43人)ご助言参考になりました(上司に対して)。→勉強になりました。・・・相手の好意への感謝としては不十分。  「参考程度」とみなされる。

10.(39人)上司にも申し上げておきます(商談で)。→伝えておきます(申し伝えておきます)。・・・社外の人の前で上司を高める形になっている。

TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT